ベッキーを責められない! 大手出版社の小学館は不倫だらけ…作家・芸能人と不倫、資料室で情事、編集部で修羅場も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sevenpost_01_160521.jpg
左・「女性セブン」5月19日号/右・「週刊ポスト」5月27日号


 ベッキー騒動以降、やたら注目を集めるようになった「不倫」というキーワード。出版業界でも不倫をテーマにした書籍がいろいろ出版され、月刊誌、週刊誌なども“不倫”特集を組んでいるが、そんな中、「女性セブン」(小学館)の不倫擁護論が一部で話題になっている。

 同誌は5月26日号で「不倫ドラマが変わった!? 石田ゆり子、前田敦子にどよめく『不倫過敏症の女たち』」なる特集記事を掲載したのだが、その中で、不倫バッシングの中心は不倫経験のない人妻で、彼女たちは実は不倫に対する憧れや秘めた欲望があるため、“女の嫉妬”からバッシングをしていると論じたのだ。

 結婚制度を絶対的なものと捉えて不倫を犯罪のように叩く論調もうんざりだが、この擁護論もひどい。そもそも「女はみんな不倫願望がある」という説自体がミソジニー丸出しだし、そんな妄想を前提に、上から目線で「女の嫉妬」などと決めつけているのを見ると、編集者のオヤジの願望を誌面化しているだけじゃないか、と言いたくなる。

 もっとも、この記事、女性誌らしからぬオヤジ目線というだけで話題になったのではない。実は、少し前に、同じ小学館発行の週刊誌「週刊ポスト」がまったく同じ論を展開していた。こちらは2月19日号の「ベッキー&ゲスを異常バッシングする『不倫したい人妻たち』の素顔」なる特集で、やはり、ベッキーをバッシングの発信源は人妻、しかも彼女たちは実は不倫願望があるにもかかわらず自分ができないため、「嫉妬ややっかみ」でバッシングに走っていると主張していた。

 つまり、小学館の男性、女性週刊誌がそろって下品な不倫擁護論を叫ぶ珍現象に「“女はみんな不倫したがってる”は小学館の社論か」というツッコミの声があがったというわけだ。さらに、出版業界では「そもそも小学館自体が“不倫の巣窟”。幹部もみんな不倫経験者だから、どうしても擁護したくなったんじゃないの」なんていう陰口までとびかっている。

 こうした声はもちろん半分冗談だが、しかし、小学館の社員にやたら不倫が多いのは事実だ。不倫にゆるいのは出版業界全体の傾向だが、中でも小学館は突出しており、不倫がらみのトラブルや不祥事が頻発している。歴代の編集幹部を見ても、不倫騒動を引き起こした人物がけっこういる。

 他でもない、今回、誌面で不倫擁護論を展開した「週刊ポスト」のI編集長もそのひとりだ。I編集長の結婚相手は『絶対音感』で知られるノンフィクション作家の最相葉月だが、これはいわゆる“不倫略奪婚”だった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ベッキーを責められない! 大手出版社の小学館は不倫だらけ…作家・芸能人と不倫、資料室で情事、編集部で修羅場ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。不倫出版業界市橋乙葉の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
2 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
3 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
4 櫻井よしこの朝日攻撃の「捏造」が法廷で
5 組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
6 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
7 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 麻生「ヒトラーは正しかった」は本音
10 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
11 千原、宇治原がネトウヨばりの政権擁護
12 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
13 川島なお美が近藤誠の診断を告発
14 東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
15 森友学園疑惑で古市憲寿と田崎史郎が
16 五輪選手の親はみんな“毒親”なのか?
17 五輪関係者が入国当日、築地を散歩! 
18 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
19 五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
20 青木理に官邸の仕掛けで不倫情報
1大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2五輪関係者が入国当日、築地を散歩! 
3 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
4東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
5五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
6 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
7五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
8それでも謝罪しない…河野太郎がワクチン問題でついた嘘と”知の崩壊“発言
9南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
10五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
11五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
12五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
13組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
14感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
15NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
16五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄