キンコメ高橋が法廷で自らの悲しい過去を告白! 制服泥棒のきっかけは母親の自殺、イジメで女性恐怖症に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kingofcomedy_151228.jpg
プロダクション人力舎公式サイトより


 昨年12月26日、お笑いファンを驚かせた、キングオブコメディ・高橋健一の窃盗および建造物侵入容疑での逮捕。これによって、20年ほど前から高校に忍び込んで制服を盗むといった行為を繰り返していたことが明るみになり、家宅捜索を行った際の押収品は600点を超えたとも報道された。

 この件に関しては、今年9月9日に懲役2年6カ月、執行猶予4年の判決が言い渡されているのだが、その公判の過程で彼をそこまで女子高生の制服に執着させた裏に隠された驚きの事実が明かされた。2010年の『キングオブコント』(TBS)で優勝するなど、お笑いファンのみならず同業の芸人からも一目置かれる実力派芸人がいったいなぜそのような行為に走ったのだろうか?

「新潮45」(新潮社)16年11月号に掲載された、文筆家・写真家のインベカヲリ★氏による裁判傍聴記には、彼の人生をめぐる驚きの事実が記されている。

 彼が制服泥棒を始めたきっかけは、母の自殺だったという。彼の母は脊髄の神経が侵される病に苦しみ、日頃から「死にたい」と漏らしていた。そして、高橋が23歳のときに一度自殺未遂を起こす。その際は助かったものの、結局、彼が26歳のときに再び自殺を図り亡くなってしまった。その事件が彼に与えた影響は計り知れない。とてつもない無念の思いが彼の心には残った。公判ではそのことについてこのように語っていたと同記事は綴っている。

「もちろん亡くなって、その場からいなくなってしまった喪失感がありましたけど、それ以上に、一緒に暮らしていてそういうこと(死ぬこと)をしてまでいなくなろうとしていたことを、その決意を伝えて貰えなかった驚きだったり、未遂した後、支えるつもりだったのに、結局何の支えにもならず同じことを繰り返させてしまった後悔がありました」

 母がそのような非業の死を遂げた一方、彼は父に対しても複雑な思いを抱き続けてきた。両親は二人で運送業の会社を経営していたのだが、母が病を押して事務仕事をしているなか、父はギャンブルに溺れ、しかも女遊びも激しかった。母の遺書には「父と同じ墓に入れて欲しくない」とまで書き記されていたという。

 また、会社の経営が傾き始めてからは高橋のもとに頻繁に金の無心の連絡が来たという。結局、13年には彼が2600万円もの借金を肩代わりしている。しかしそれでも血のつながった父親を憎むことはできなかった。公判での「お父さんに対しての気持ちは憎しみ一辺倒ですか?」という質問に彼はこう答えたと前掲「新潮45」には綴られている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

キンコメ高橋が法廷で自らの悲しい過去を告白! 制服泥棒のきっかけは母親の自殺、イジメで女性恐怖症にのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。キングオブコメディ林グンマ高橋健一の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
2 五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
3 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
4 三浦瑠麗が近財職員の自殺にトンデモ発言
5 感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
6 安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 報ステが杉田水脈も赤坂自民亭もスルーした理由
9 赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
10 金塊容疑者の写真はNEWS手越だった
11 昭恵夫人が近財職員自殺報道の夜に神田うのと
12 田崎史郎を時事通が特別扱いした理由
13 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
14 吉村知事がリテラへの反論で馬脚「大阪・兵庫間の往来自粛」の真相
15 俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
16 近畿財務局職員の遺書と手記に、映画『新聞記者』の出演女優が涙
17 近畿財務局職員を自殺に追い込んだ「森友公文書改ざん」安倍首相の指示だった
18 森友学園が麻生財務相側近に口利き依頼
19 自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
20 田崎史郎が明かした安倍首相のトンデモな五輪延期計画!
1自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
2田崎史郎が明かした安倍首相のトンデモな五輪延期計画!
3安倍晋三の新型コロナ対応と菅直人の原発事故対応とどっちが酷い?
4 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
5安倍「東京五輪は予定通り開催」に世界中からツッコミの嵐
6「大阪・兵庫間往来自粛」は吉村府知事と松井市長の“完全なる誤読”
7五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
8 安倍首相が「退院者数」の少なさ隠蔽のためクルーズ船乗客を含めるペテン
9近畿財務局職員を自殺に追い込んだ「森友公文書改ざん」安倍首相の指示だった
10安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
11 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
12昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
13厚労省が今度は「ドライブスルー検査」を“医師の診察が伴わない”とデマ
14 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
15俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
16近畿財務局職員「遺書と手記」麻生太郎財務相の答えが酷い
17感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
18 近畿財務局職員の遺書と手記に、映画『新聞記者』の出演女優が涙
19赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
20K-1に自粛強要の一方で聖火イベントは強行する安倍政権

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄