不倫報道は意外じゃない!? 谷亮子の肉食遍歴…吉田秀彦、古賀稔彦とも噂に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
taniryouko_01_150325.jpg
不倫疑惑が報じられたヤワラちゃんこと谷亮子参議院議員(谷亮子公式ホームページより)


「週刊現代」(講談社)3月21日号が報じた谷亮子参議院議員の仰天の不倫スクープ。夫の谷佳知が巨人からオリックス・バファローズに移籍した1年前から大阪で単身赴任状態で、一方の谷議員は東京を拠点にイケメン秘書と常に行動を共にしていることから、永田町では不倫関係と噂されているというものだ。

 実際「週刊現代」は谷議員がイケメン秘書の車で次男の幼稚園へお迎えに行き、3人が仲睦まじく笑っている姿を確認している。

 夫が単身赴任中に浮気──。今や立派な公人でもあり、また国民的人気の元アスリート、しかも二児の母でもある谷議員がそんな軽率な行動を本当にとるものだろうか。「週刊現代」でも浮気疑惑の背景として、“親分”である小沢一郎と距離をおき始めた谷議員に、小沢サイドが流したカウンター情報ではないかとの指摘もされている。

 確かに小沢一郎が山本太郎参議院議員と手を組んだあたりから、谷議員の小沢離れが加速しているのは事実だ。しかしこうした情報が出るのは、決して政局絡みだけの問題ではない。それが谷議員のこれまでの肉食系とも言える恋愛遍歴の数々だ。

 小柄で愛嬌のある童顔、しかし圧倒的な強さで「ヤワラちゃん」と国民から愛された現役時代、実は彼女はアスリートとして以上に“女”としても凄かった。柔道界で世界選手権6連覇、五輪では2度の金メダルに2度の銀、1度の銅と輝かしい戦歴を残したが、メダルを取るごとに側に寄り添う男性たちの姿があったからだ。

 例えば1996年アトランタ五輪で銀メダルに終わったヤワラちゃんは、その翌日同地のショッピングセンターで手つなぎデートを「フライデー」(講談社)にスクープされている。お相手は同じくアトランタ五輪で銅メダルをとった競輪選手・十文字貴信(当時20歳)だ。十文字は日本競輪界のプリンスと言われ、またプロの競輪選手としては日本で初のメダルを獲得したことで一躍時の人と持て囃された人物。そんな十文字選手を見事ゲットしたヤワラちゃんの腕力に世間は驚いたが、しかし実はまだまだあった。

「週刊ポスト」(小学館)96年8月23・30日合併号でもこんなヤワラちゃんの肉食系エピソードが紹介されている。

「以前、やはり写真週刊誌が彼女と柔道86キロ級の吉田秀彦との交際をキャッチし、それを五輪前ということで帝京大学側が抑えた、なんて話がありました」

 吉田とヤワラちゃんの関係は柔道関係者の間では有名で、元柔道選手でヤワラちゃんと共に合宿に参加した女性も後にこんな証言をしている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

YAWARA! 完全版 1 DVD付き特別版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

不倫報道は意外じゃない!? 谷亮子の肉食遍歴…吉田秀彦、古賀稔彦とも噂に のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。不倫林グンマ肉食女子谷亮子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
6 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
7 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
8 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
9 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
10 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
15 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
16 葵つかさが引退宣言?松潤のせい?
17 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
18 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
19 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
20 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
20 財務次官セクハラが海外メディアでも