>  >  > 浅田舞が真央との不仲は母のせいと告白

浅田舞が妹・真央との不仲は母親のせいだったと告白!「お願いだから真央に迷惑をかけないで」と言われ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
asadamai_160719.jpg
浅田舞オフィシャルウェブサイトより


「こうして私たち二人のことについて普通にお話ができるけれど、3年前なら無理だったと思います。暗闘から抜け出せたのは、実はつい最近なんです」

 これは現在タレントとして活躍する浅田舞が妹・真央との関係について語ったものだ。舞は「婦人公論」(中央公論新社)7月26日号での「円満きょうだい、犬猿きょうだい」特集のインタビューに応じ、一時確執が伝えられた真央との不仲、そして現在はそのわだかまりも溶けたことを告白している。

 もっとも、舞が真央について語ったのは今回が初めてではない。昨年3月には水着姿を披露した写真集『舞』(集英社)出版に際して、バラエティ番組に出演。真央と「めちゃくちゃ仲が悪かったこと」、そのため舞自身が荒れた生活を送っていたことなどを赤裸々に語り大きな注目を浴びた。

 しかし、今回のインタビューではさらに一歩踏み込んで、その妹・真央への負の感情が生まれた背景を語っている。それは、両親、特に母親との関係だ。

 舞・真央姉妹の母親である匡子さんは、姉妹が幼い頃から2人のフィギュア人生を全面的に支え、人生の全てをかけてきたステージママとして知られる。真央が世界的アスリートとして活躍できたのも、匡子さんのマネジメントとプロデュースあってこそだった。

 しかし、舞にとっては、その母親こそが自分を苦しめ、抑圧をもたらす存在だった。舞が真央と関係が悪くなったのも、母親のせいだったと彼女は語っている。

「真央に対しては、才能へのジェラシーはありましたが、それだけだったと思います。
 でも、母はたまに顔を合わせると、そのたびに『真央が一生懸命練習しているのに、あんた、何なの?』とか、『お願いだから真央に迷惑をかけないで』と言われたのです」

 もともと匡子さんは、舞と真央双方に期待をかけ、そして手をかけてきた。いや、幼い頃は舞の方により期待をかけていたといっても過言ではない。それは舞自身、こんな言葉で表現しているほどだ。

「器用で飲み込みも早く、放っておいても大丈夫な妹に対して、不器用な姉のことが心配でたまらなかった母は、いつだって『お姉ちゃん、お姉ちゃん』と、私のほうばかり見ていました」

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
2 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
3 読売・清水アナが維新から市長選出馬?
4 片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
5 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
6 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
7 空中分解KAT-TUNの暴露本が出版
8 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
9 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
10 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
11 吹石一恵の音痴エピソード
12 キムタク最大のタブーとは?
13 川島なお美が近藤誠の診断を告発
14 公安庁が沖縄めぐりネトウヨ並み報告書
15 北原みのり逮捕の原因は安倍批判?
16 佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
17 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
18 トランプ以前から米は日本を守る気ない
19 翼がSMAP解散でメリーと滝沢を批判
20 保護なめんなジャンパーは氷山の一角
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2黒柳徹子が琉球新報に平和メッセージ
3室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
4トランプのマスコミ排除は日本でも
6アパホテルのトンデモ極右思想の正体
7デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
8原発ムラが新潟県知事にネガキャン!
9安倍政権が“国策映画”計画へ
10今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
11SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
12DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
13メリルストリープの指摘は日本のことだ
14慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
15『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
16アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
17政権が原発被害隠しにDASH村利用
18佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
19片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
20安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」