【検証!ブラックディズニーの恐怖】

ディズニーランド「ブラック労働」をごまかすための“洗脳”人材教育

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
desneybaito_01_140822.jpg
ディズニー『9割がバイト』三部作(中経出版)


「夢の国」ディズニーランドで、そのイメージに似つかわしくない「ブラック」なバイト労働の実態が明るみに出て、大きな話題になっている。そもそもの発端は、東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドから今年3月~4月に解雇された従業員(キャスト)が、オリエンタルランド・ユニオンを結成。オリエンタルランドに対し、以下のような問題を告発して労働環境の改善を要望したことだった。
 
・着ぐるみの中は猛暑対策をされておらず、真夏となれば熱中症で倒れるキャストも。このため、入場客(ゲスト)から見えないバックステージでは、熱中症で倒れる着ぐるみも続々。
・ショーやパレードは天候や当日の入園者数などによって演出が変更される。もし当日に出番がなければ時給は発生しない。当日になって「今日はゲストが少ないから帰って」「今日は2時間でいいよ」なんて言われる。実際の労働時間はかなり削られてしまうため、低賃金になってしまう。
・直接雇用ではない人も多く、その場合、仮にけがをしても労災が下りない。万が一のことがあっても、治療費は全額自己負担。社会保険にも加入できない。

 キャストをモノとしてしか見ていないひどい労働条件が次々明るみにでたわけだが、しかし、東京ディズニーリゾートといえば、キャスト(従業員)の9割が準社員(アルバイトやパートなど)だが、準社員だけでもオペレーションがうまくいくという人材教育メソッドに定評があったのではなかったか。

 実際、その人材教育メソッドは書籍にもなっており、中でも、2010年に出版された『9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方』(中経出版)、続編の『9割がバイトでも最高の感動が生まれるディズニーのホスピタリティ』(2011年)、第3弾の『9割がバイトでも最高の成果を生み出すディズニーのリーダー』(2013年)という、『9割がバイト』シリーズ3部作は累計100万部を超えるベストセラーとなった。

 この3部作の著者・福島文二郎氏はオリエンタルランド第1期の正社員組でその後、社員教育畑を歩んできた人物だ。同書によると、その人材教育メソッドは「すべては『ディズニーランド』という『ショー』である」というディズニーの思想をベースにしており、出演者であるキャストは、「すべてのゲストにハピネスを提供する」というディズニーミッションと「すべてのゲストはVIPである」というホスピタリティ・マインドが求められているのだという。

 しかし、「ディズニーランドのバイトはブラック」という視点で『9割がバイト』3部作を読み直すと、それこそキャストを会社に都合よく働かせるブラックな教育メソッドがみえてくる。『9割がバイト』3部作から、3つの典型的なブラックエピソードを紹介してみよう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

軋む社会---教育・仕事・若者の現在 (河出文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ディズニーランド「ブラック労働」をごまかすための“洗脳”人材教育のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ディズニーブラック企業松井克明の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 加戸とネトウヨがわめく報道特集デマ
2 松居一代報道にホリプロが圧力!
3 青山繁晴が閉会中審査でデマ質問!
4 横浜市長選で問われる第二の家計問題
5 安倍が秘書官と今治市の面会を隠ぺい
6 自衛隊日報隠ぺいに安倍と官邸も関与か
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 相模原事件から1年、事件の背景を問う
9 青山繁晴が前川氏に論破されてボロボロ
10 稲田がまた…安倍のともちんラブを検証
11 安倍は加計の新学部を自ら発案していた
12 青山繁晴が森友問題で晒した嘘と醜態!
13 安倍首相が閉会中審査でも大ウソ!
14 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
15 神社本庁の不動産取引と「皇室」疑惑
16 ネトウヨ絶賛の加戸前知事証言はインチキ
17 ネトサポの親玉が愛人に告発された
18 ネトウヨの泉放送制作デマを検証する!
19 稲田のウソは日報隠蔽だけじゃない!
20 安倍首相の体調悪化は本当なのか?
PR
PR 飲むだけで白髪改善と髪のボリュームを取り戻せる!?
1自民党HIPHOPポスターに怒りの声
2安倍は加計の新学部を自ら発案していた
3横浜市長選で問われる第二の家計問題
4室井佑月と小林節が「まずは民進党を…」
5安倍首相が閉会中審査でも大ウソ!
6日野原重明氏安倍の改憲に反対を表明
7安倍が秘書官と今治市の面会を隠ぺい
8山本地方創生相の加計問題デタラメ発言
9自衛隊日報隠ぺいに安倍と官邸も関与か
10坂本龍一、内田樹、久米宏が改憲批判
11ネトウヨ絶賛の加戸前知事証言はインチキ
12松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
13稲田のウソは日報隠蔽だけじゃない!
14青山繁晴が閉会中審査でデマ質問!
15『4時ですよーだ』Pが松本の変節批判
16安倍首相の体調悪化は本当なのか?
17松尾と鴻上が芸能人と政治的発言に意見
18有田芳生が蓮舫戸籍公開問題に緊急寄稿
19神社本庁の不動産取引と「皇室」疑惑
20ネトウヨの泉放送制作デマを検証する!
PR
PR 飲むだけで女性のカラダの悩みを解消!?

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」