りえママ伝説!宮沢りえとたけしや勘三郎との不倫まで“プロデュース”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
miyazawarie_01_140926.jpg
宮沢りえ写真集『Santa Fe』(朝日出版社)

 宮沢りえの母で、“りえママ”と呼ばれてきた宮沢光子さんが、今月23日に亡くなっていたことが発表された。強烈なステージママとして有名だった光子さんだったが、そんな母の死に際し、「最期に、生きるということの美しさと、凄まじさと、その価値を教えてもらいました」とコメントしたりえ。出演中の舞台に穴を空けることもなく気丈に振る舞う姿には「大女優の貫禄」との声も挙がっている。

 そもそも、女優・宮沢りえの軌跡は“りえママ”抜きには語れない。11歳でデビューする以前は、母自ら六本木に娘を連れ出しては業界関係者に売り込み、デビュー後も16歳のりえに“ふんどしルック”のカレンダーをプロデュース。さらに人気絶頂だった18歳のときにヘアヌード写真集を出版するなど、世間の度肝を抜いてきた。

 そんな“話題づくり”に長けたりえママだったが、そのプロデュースは恋愛にまで及んだ。19歳のりえが貴乃花(当時、貴花田)と婚約を発表したのも「りえママ戦略の一環」といわれているが、婚約破棄後のスキャンダルにも、りえママの影がつきまとっていた。その最たる例が、ビートたけしとの“不倫”疑惑だ。

 当時、りえはCMや映画でたけしと共演し、1992年に発表したシングル「心から好き」の作詞をたけしが務めたほど。年齢も離れた、意外な組み合わせだっただけに、これもりえママが仕掛けた、たんなる話題性を狙った作戦のように世間は見ていた。だが、光子さんは本気だった。というのも、りえママは自身のエッセイで、2人になんと“早くセックスしろ”と急かしていたのだ。

 その驚くべき提言は、93年に光子さんが雑誌「DENIM」(小学館、廃刊)に連載していたエッセイで行われた。まず、光子さんは、〈もう誰もが知っていることだけど、りえの現在の恋人はたけし氏だ。一応、彼女は相当にお熱で、たけし氏もりえのことが好きみたいで、だからつきあっている〉と宣言。ちなみに、当時すでにたけしは既婚者であり、子ももうけている身であることは誰もが知っていた。「つきあっている」と書くことは、2人は不倫関係にあると母親が公言しているということになる。

 これだけでも充分インパクトは大きいが、りえママはさらに〈けれども私から見れば、2人はまるでオママゴトみたいな恋愛ごっこで歯がゆいばかり〉とつづけ、2人の“不倫”にダメ出しをする。

〈聞けば、たけし氏とりえはキスさえもまだみたいなのだ。男と女が好き合って、それがキスやセックスというカタチで求め合うのであれば、それは当然の行為で自然の営みだと私は思う。逆に、そうしないほうが異常なんじゃないのかしら〉

 そして、〈何もないというのは不自然〉と言い切り、最後には〈2人でさっさとすませてしまえばいいのにと思っている〉というのだ。

 不倫を公認し、20歳になったばかりの娘にさっさとセックスすべきと諭す母……一部では、たけしが宿泊していたホテルの部屋にりえが「ママに言われてきた」とやってきて、ビビったたけしがそれを追い返したという噂や、実際に不倫関係になったという噂も語られてきたが、この光子さんのエッセイを読むと、あながち嘘とは思えない話である。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

りえママ伝説!宮沢りえとたけしや勘三郎との不倫まで“プロデュース”のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。プロデュース母子密着水井多賀子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
10 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
11 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
12 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画