稲垣、草なぎ、香取のパラリンピックサポーター就任ではっきりした日本財団の後ろ盾…フジ元社員の笹川会長四男が仕掛人か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
smap_01_151231.jpg
“退所組3人”がパラリンピックスペシャルサポーターに起用された裏側とは


 2020年に開催される東京パラリンピックのスペシャルサポーターに、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が就任することが15日に発表された。

 もともとは2015年にSMAPがスペシャルサポーターに就任しており、当時、中居正広は「これからは(SMAPの)のPの部分をパラリンピックのPに」と抱負を語っていたが、解散によって辞退。それが今回、3人を新たに抜擢するというかたちとなった。

 この「新しい地図」の起用の背後にあるのは、パラリンピックサポートセンター(パラサポ)を運営する日本財団の存在だ。

 公益財団法人日本財団は、2015年にパラサポを設立し、パラリンピック競技団体の運営支援や広報などを担っているが、もともとは「右翼のドン」「戦後最大のフィクサー」と呼ばれた故・笹川良一氏が創設した日本船舶振興会が前身。公営ギャンブルである競艇利権を一手に握り、その巨額の利益を政界や社会資本にばらまくことで、大きな影響力を保持してきた。

 その後、不透明な体質がマスコミで追及されたことをきっかけに、日本財団に名称変更。現在は良一氏の三男である笹川陽平氏が会長を務めているが、この陽平氏も父親ほどではないにせよ、相当な実力者だ。8月には、安倍晋三、森喜朗、小泉純一郎、麻生太郎という4人の元総理大臣が陽平氏の別荘に集まり、食事会が催されたことでも話題になった。

 実は、この政財界に強い影響力をもち日本財団とそれを牛耳る笹川一族が元SMAPの3人と、彼らが所属する新事務所・株式会社CULENの代表である飯島三智マネージャーの後ろ盾になっているようなのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

稲垣、草なぎ、香取のパラリンピックサポーター就任ではっきりした日本財団の後ろ盾…フジ元社員の笹川会長四男が仕掛人かのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPジャニーズフジテレビ五輪日本財団時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
2 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
3 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
4 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
5 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
6 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
7 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
8 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
9 日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
10 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
11 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
12 『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
15 愛川欽也が「安倍に殺される」と
16 パワハラ休職した社員にさらなるパワハラ
17 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
18 東京五輪ボランティアがブラックすぎ
19 安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
20 山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5安倍の加計との面会否定が信じられない理由
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
8NHK岩田、櫻井よしこが「良い独裁もある」
9安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
10麻生「改ざんは個人の問題」は鬼畜発言
11 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
12のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
13日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
14星田、村本、博士がデモ批判に反論
15山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
16安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19自衛隊関連組織が日本会議の改憲署名に協力
20柳瀬秘書官の参考人招致は嘘と詭弁だらけ