これはイジメでは? SexyZoneを襲ったジャニ史上最も残酷な追放劇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sexyzone_01_140721.jpg
『ポケットSexy Zone』(鹿砦社)

 2011年11月のデビュー以降、メンバーの主演ドラマ・映画が次々制作されるなど人気を集めている、ジャニーズの5人組グループ・Sexy Zone。しかし、先日ファンに激震が走った。というのも、今後は佐藤勝利、中島健人、菊池風磨を固定メンバーとし、マリウス葉はSexy Boyz、松島聡はSexy 松といった派生グループの一員として活動。CDリリースやイベントの度にメンバーを入れ替える「Sexy Family」という新体制に移行する、と発表したからだ。

 もともと佐藤・中島・菊池の兄組と呼ばれる年長グループと、弟組と呼ばれる松島・マリウスではCDジャケットの扱いや露出の多さに歴然とした差があり、以前からファンの間では問題視されていた。それゆえ、今回の新体制についてはネット上では「不人気メンバーの切り捨て」「事実上のクビ」「格差ひどすぎ」という声が多く、中には「弟組に対するイジメ」という辛辣な意見も上がっている。

 実際、空気の読めない天真爛漫なマリウスと真面目すぎる部分のある松島は、兄組からイジられる場面が多かった。しかし、元民放キー局勤務の芸能ライター・永尾愛幸氏が著した『Sexy Zone未来へのチカラ─輝くコトバ、その向こう。』(太陽出版)には、イジリやキャラ設定というにはシビアなメンバーの関係が暴露されている。

 たとえば、松島が菊池や中島に「鼻の下(が長い)」とイジられるというエピソード。最近では松島自身もMCで「鼻の下は、パワースポット」と切り返すなどネタにしているようだが、Sexy Zoneの舞台スタッフは松島について、「最初の頃は、しょっちゅう“もう辞めたい!”と涙ぐんでいましたし、思春期だけにルックスをイジられるのを極端に嫌がっていましたからね」と話していたという。松島はダンス力に定評があるものの、佐藤や中島、マリウスといった正統派王子様系の顔立ちでもなければ、菊池のように10代の女の子が憧れるようなワイルド系でもない。アンチには「ゴリラ」と呼ばれるなど、ビジュアル面の悩みは人一倍深く、菊池のイジリも実は深刻に受け止めていたようだ。

 さらに、松島の問題は生活環境にもある。一部報道によると、家族は松島の芸能活動に協力的ではないようで、今なお仕事のたびに静岡から上京している。そのためメンバーとの間に温度差が生まれるようで、「合流した松島が疎外感を感じるシーンが増え、メンバーも、『この話は聡には通じない(から話せない)』と遠慮して気まずくなる」という場面もあったという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

Sexy Zone未来へのチカラ―輝くコトバ、その向こう。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

これはイジメでは? SexyZoneを襲ったジャニ史上最も残酷な追放劇のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。Sexy Zoneいじめジャニーズの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
2 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
3 安倍が横田早紀江さんを無視している
4 大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
9 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
10 持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
11 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
12 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
13 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
14 生活保護カットで他の低所得者も困窮
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 安倍が拉致問題国民大集会を「公務」理由に中座、自宅へ!
17 橋下徹が岩上安身リツイート裁判で矛盾を追及され逆ギレ!
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 西原理恵子が高須院長とヘイトデモ応援
20 ウンギョン写真掲載で横田夫妻に圧力
1 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
2安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
3持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
4安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
5吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
10大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
11吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
12内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
13持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
14NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
15検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
16テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
17ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
18木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
20箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄