これはイジメでは? SexyZoneを襲ったジャニ史上最も残酷な追放劇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sexyzone_01_140721.jpg
『ポケットSexy Zone』(鹿砦社)

 2011年11月のデビュー以降、メンバーの主演ドラマ・映画が次々制作されるなど人気を集めている、ジャニーズの5人組グループ・Sexy Zone。しかし、先日ファンに激震が走った。というのも、今後は佐藤勝利、中島健人、菊池風磨を固定メンバーとし、マリウス葉はSexy Boyz、松島聡はSexy 松といった派生グループの一員として活動。CDリリースやイベントの度にメンバーを入れ替える「Sexy Family」という新体制に移行する、と発表したからだ。

 もともと佐藤・中島・菊池の兄組と呼ばれる年長グループと、弟組と呼ばれる松島・マリウスではCDジャケットの扱いや露出の多さに歴然とした差があり、以前からファンの間では問題視されていた。それゆえ、今回の新体制についてはネット上では「不人気メンバーの切り捨て」「事実上のクビ」「格差ひどすぎ」という声が多く、中には「弟組に対するイジメ」という辛辣な意見も上がっている。

 実際、空気の読めない天真爛漫なマリウスと真面目すぎる部分のある松島は、兄組からイジられる場面が多かった。しかし、元民放キー局勤務の芸能ライター・永尾愛幸氏が著した『Sexy Zone未来へのチカラ─輝くコトバ、その向こう。』(太陽出版)には、イジリやキャラ設定というにはシビアなメンバーの関係が暴露されている。

 たとえば、松島が菊池や中島に「鼻の下(が長い)」とイジられるというエピソード。最近では松島自身もMCで「鼻の下は、パワースポット」と切り返すなどネタにしているようだが、Sexy Zoneの舞台スタッフは松島について、「最初の頃は、しょっちゅう“もう辞めたい!”と涙ぐんでいましたし、思春期だけにルックスをイジられるのを極端に嫌がっていましたからね」と話していたという。松島はダンス力に定評があるものの、佐藤や中島、マリウスといった正統派王子様系の顔立ちでもなければ、菊池のように10代の女の子が憧れるようなワイルド系でもない。アンチには「ゴリラ」と呼ばれるなど、ビジュアル面の悩みは人一倍深く、菊池のイジリも実は深刻に受け止めていたようだ。

 さらに、松島の問題は生活環境にもある。一部報道によると、家族は松島の芸能活動に協力的ではないようで、今なお仕事のたびに静岡から上京している。そのためメンバーとの間に温度差が生まれるようで、「合流した松島が疎外感を感じるシーンが増え、メンバーも、『この話は聡には通じない(から話せない)』と遠慮して気まずくなる」という場面もあったという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

Sexy Zone未来へのチカラ―輝くコトバ、その向こう。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

これはイジメでは? SexyZoneを襲ったジャニ史上最も残酷な追放劇のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。Sexy Zoneいじめジャニーズの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
2 感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
3 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
4 安倍晋三前首相会見で馬脚!“桜”原資はポケットマネーで疑惑再燃
5 菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
6 小池都知事の都知事選! 感染者増加の原因はすべて「夜の街」のせいに
7 ノーベル賞科学者が安倍戦争政策にNO
8 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
11 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
12 竹中平蔵パソナの利益が前年の10倍以上に!五輪とコロナ対策事業のおかげ
13 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
14 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
15 安倍首相が国会で嘘の上塗り! ポケットマネーによる裏金疑惑も浮上
16 組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
17 五輪選手の親はみんな“毒親”なのか?
18 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
19 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
20 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
1大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
3五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
4 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
5感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
6菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
7五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
8それでも謝罪しない…河野太郎がワクチン問題でついた嘘と”知の崩壊“発言
9南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
10五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
11五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
12五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
13感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
14組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
15五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも
16NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
17感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄