これはイジメでは? SexyZoneを襲ったジャニ史上最も残酷な追放劇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sexyzone_01_140721.jpg
『ポケットSexy Zone』(鹿砦社)

 2011年11月のデビュー以降、メンバーの主演ドラマ・映画が次々制作されるなど人気を集めている、ジャニーズの5人組グループ・Sexy Zone。しかし、先日ファンに激震が走った。というのも、今後は佐藤勝利、中島健人、菊池風磨を固定メンバーとし、マリウス葉はSexy Boyz、松島聡はSexy 松といった派生グループの一員として活動。CDリリースやイベントの度にメンバーを入れ替える「Sexy Family」という新体制に移行する、と発表したからだ。

 もともと佐藤・中島・菊池の兄組と呼ばれる年長グループと、弟組と呼ばれる松島・マリウスではCDジャケットの扱いや露出の多さに歴然とした差があり、以前からファンの間では問題視されていた。それゆえ、今回の新体制についてはネット上では「不人気メンバーの切り捨て」「事実上のクビ」「格差ひどすぎ」という声が多く、中には「弟組に対するイジメ」という辛辣な意見も上がっている。

 実際、空気の読めない天真爛漫なマリウスと真面目すぎる部分のある松島は、兄組からイジられる場面が多かった。しかし、元民放キー局勤務の芸能ライター・永尾愛幸氏が著した『Sexy Zone未来へのチカラ─輝くコトバ、その向こう。』(太陽出版)には、イジリやキャラ設定というにはシビアなメンバーの関係が暴露されている。

 たとえば、松島が菊池や中島に「鼻の下(が長い)」とイジられるというエピソード。最近では松島自身もMCで「鼻の下は、パワースポット」と切り返すなどネタにしているようだが、Sexy Zoneの舞台スタッフは松島について、「最初の頃は、しょっちゅう“もう辞めたい!”と涙ぐんでいましたし、思春期だけにルックスをイジられるのを極端に嫌がっていましたからね」と話していたという。松島はダンス力に定評があるものの、佐藤や中島、マリウスといった正統派王子様系の顔立ちでもなければ、菊池のように10代の女の子が憧れるようなワイルド系でもない。アンチには「ゴリラ」と呼ばれるなど、ビジュアル面の悩みは人一倍深く、菊池のイジリも実は深刻に受け止めていたようだ。

 さらに、松島の問題は生活環境にもある。一部報道によると、家族は松島の芸能活動に協力的ではないようで、今なお仕事のたびに静岡から上京している。そのためメンバーとの間に温度差が生まれるようで、「合流した松島が疎外感を感じるシーンが増え、メンバーも、『この話は聡には通じない(から話せない)』と遠慮して気まずくなる」という場面もあったという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

Sexy Zone未来へのチカラ―輝くコトバ、その向こう。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

これはイジメでは? SexyZoneを襲ったジャニ史上最も残酷な追放劇のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。Sexy Zoneいじめジャニーズの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
2 中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
3 菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
4 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
5 菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
6 杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
7 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
8 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
9 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
10 中曽根元首相が慰安所開設の証拠
11 悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
12 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
13 報道特集が中曽根の慰安所作りを報道
14 『スシローと不愉快な仲間たち』第10話 安倍首相の「布マスク2枚」にあの人が…
15 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
16 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
17 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
18 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
19 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
20 五輪、選挙…電通社員が黒い手口暴露
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4中曽根元首相の合同葬「1億円税金」はやっぱりおかしい!
5デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
6菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
7ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
8東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
9悪評「マイナポイント」事業の広報費は54億円、電通が再び140億円
10菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
11菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
12菅首相が訪問する福島の「伝承館」で国や東京電力の批判しないよう検閲
13大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
14菅首相が『ひるおび』で安倍政権批判をしていた政治記者を首相補佐官に!
15河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
16ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
17菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
18杉田水脈が自民党部会で「女性はいくらでも嘘をつけますから」
19『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
20ネトウヨ局アナ・小松靖がテレ朝看板ニュース番組のメインキャスターに!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄