タモリと中園ミホ衝撃の不倫密会報道をマスコミが完全スルー! タモリ所属・田辺エージェンシーへの忖度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
mamori_01_20180720.png
『ミュージックステーション」でも不倫に触れず(テレビ朝日HPより)

 一昨日発売の「週刊新潮」(新潮社)8月2日号が驚きの不倫熱愛スクープを報じた。タモリと脚本家・中園ミホとのまさかの不倫劇だ。

 記事では、タモリが真夏の灼熱のなか、黒コートに帽子、大きな白いマスクにトレードマークのサングラスではなく普通のメガネという変装姿で、周囲をしきりに気にしながら中園の住むマンションに入る様子を写真付きで紹介、2人が不倫関係にあることを報じたのだ。

 相手の中園は、現在放送中のNHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK)をはじめ、同じくNHK朝の連ドラ『花子とアン』や『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日)など数多くのヒットドラマを担当した超売れっ子の大物脚本家で、また私生活では未婚のシングルマザーで、その体験を作品に投影したこともある。

「記事には出会いのきっかけや交際のディテールこそありませんが、『週刊新潮』はかなり前からふたりの交際の情報をキャッチし、長くマークしていたようです。たまたま1回遊びに行ったのが撮れたというのではありません。実際、ただの友人関係で普通に遊びに行くだけにしては、異常な警戒ぶりですし」(週刊誌関係者)

タモリといえば、『笑っていいとも!』(フジテレビ)を2014年に降板した理由について「体調の悪い妻のために、今後は妻のために生きると決意」などと報道されるなど愛妻家で有名。

というか、そもそもタモリはマッチョなお笑い芸人とちがって、女性関係のスキャンダルが報道されたことなどほとんどなく、俗っぽい性欲や野心、上昇志向などとは無縁のイメージを保ってきた。そういう達観したような生き方、ガツガツした芸能人とは違う上品さがリスペクトされ、現在のタモリ人気復権を支えているところも大いにある。

それだけに、今回の不倫報道はかなり意外で、衝撃的と言ってもいいものだ。しかも相手も、現在大河ドラマを手がける売れっ子中の売れっ子脚本家。ふつうなら、芸能マスコミがすぐに飛びつきそうな話題性抜群の芸能界の熟年ビッグカップルの不倫報道だ。

 ところが、である。ワイドショーやスポーツ紙をはじめ芸能マスコミはこれを完全にスルー、一切を報じてはいない。文字通り、スポーツ紙は1行も報じていないし、ワイドショーも1秒も報じていない。まるで「週刊新潮」の不倫報道など“なかった”かのようだ。

 そのサマは異様なほどだが、理由はごく簡単だ。もちろん中園がテレビ各局をまたぎ活躍する脚本家ということもあるだろう。だが、それ以上に大きいのは、タモリの所属事務所が芸能界に大きな影響力をもつ田辺エージェンシーということだ。

 田辺エージェンシーは芸能界のドンとバーニングと並び称される実力芸能プロ。そしてそれを率いるのが芸能界の重鎮である田邊昭知社長だ。田邊社長は堺正章やかまやつひろしらとともに結成した「田辺昭知とザ・スパイダース」のリーダだったが、その後、芸能プロを設立したという異色の経歴をもつ人物。そうした経歴もあり、大物芸能人やテレビ・芸能関係者の人脈も広く、芸能界やマスコミに隠然たる影響力をもっていることでも知られている。

 そのため、田邊氏率いる田辺エージェンシーの圧力や意向を汲んだメディアの自主規制により、黙殺された芸能スキャンダルは数多くある。近年でいえば、その最たる例が田辺エージェンシー所属の夏目三久と有吉弘行との“妊娠・結婚”騒動だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

タモリと中園ミホ衝撃の不倫密会報道をマスコミが完全スルー! タモリ所属・田辺エージェンシーへの忖度のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。タモリ中園ミホ林グンマ田辺エージェンシー田邊昭知週刊新潮の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 見城徹社長が騒動渦中、首相公邸で安倍首相と会食!?
2 韓国K-POPスキャンダルをめぐるヘイトとご都合主義
3 長谷川豊が「プロ、犯罪の」と部落差別発言
4 幻冬舎・見城徹社長に寄せられた作家の批判総まくり!
5 秋篠宮家の料理番がブラック告発
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
8 安倍首相が「サイバー攻撃受けただけで武力行使可能」と宣言
9 百田尚樹vs古市憲寿、ウソついたのは
10 DT浜ちゃんの息子がシティボーイ!?
11 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
12 池袋暴走事故の容疑者逮捕なしに批判、元検察幹部も
13 つんく♂が秋元のメンバー差別に
14 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
15 玉川徹が『バイキング』の小室圭さんバッシングの嘘を批判!
16 読売が出会い系通い記事批判に失笑反論
17 佐藤浩市がテレビの右傾化に危機感表明
18 丸山穂高「戦争」発言で長谷川豊、百田尚樹がマスコミを批判
19 百田尚樹『日本国紀』批判で出版中止の津原泰水に直撃
20 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
1国民健康保険料が大幅値上げ、年間10万円増額も
2安倍首相と省庁幹部の面談記録ゼロ!安倍政権“公文書破壊”の実態
3石野卓球がワイドショーに勝利した理由
4忖度道路めぐり安倍の直接指示の新事実が
5安倍首相が「桜を見る会」に『虎ノ門ニュース』一行を堂々招待
6安倍が“忖度道路”の要望書を提出、山陰自動車道でも利益誘導
7上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
8 塚田「忖度」発言は事実! 麻生利益誘導の疑惑
9イチローに国民栄誉賞を断られ安倍政権が赤っ恥
10野党議員をデマ攻撃「政治知新」の兄・自民党県議を直撃!
11NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ人物が専務理事に復帰
12維新勝利で橋下徹が「反対した年配の人が死んじゃった」
13中村文則が安倍政権批判に踏み込む理由
14 『あさイチ』の「中高生に韓国が人気」企画炎上の異常
15 安倍首相「桜を見る会」招待状が8万円で売買との報道!
16菅官房長官「令和おじさん」人気の正体!
17ゴーン逮捕“国策捜査説”を裏付ける経産省メール
18「あつまれ!げんしりょくむら」以外も…原子力ムラの醜悪SNS戦略
19衆院補選で安倍自民党が大惨敗の予想が!
20 ピエール瀧出演の『麻雀放浪記2020』に“安倍政権への皮肉”

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄