葵つかさが引退宣言? 彼女を追いつめた松本潤のキチク行為と、芸能マスコミの非情なジャニーズ忖度報道を振り返る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
葵つかさが引退宣言? 彼女を追いつめた松本潤のキチク行為と、芸能マスコミの非情なジャニーズ忖度報道を振り返るの画像1
松本潤がこの件について口を開く日は果たしていつ来るのか?

 昨年末、嵐の松本潤による二股スキャンダルを「週刊文春」(文藝春秋)に報じられたAV女優の葵つかさ。

 どこからどう見ても、松本によるキチク行為の被害者なのにも関わらず、例の如く「ジャニーズタブー」を恐れる芸能マスコミは沈黙を貫き、彼女はそれによって二次被害としか表現しようのない炎上に巻き込まれるなど、数々の憂き目に遭ってきたのは既報の通り。

 今月11日、そんな葵が所属プロダクションであるエイトマンの公式ツイッター上に投稿した文章が波紋を呼んでいる。

〈応援してくれている皆さんへ。ずっといつかちゃんと謝らなきゃと思っていたことがありました。ツイッターもインスタもやめてしまってごめんなさい。オフィシャルサイトも削除してしまってごめんなさい。毎月行われていたサイン会も今年に入ってからやらなくなってしまってごめんなさい。〉
〈それでも影ながら応援してくれている皆さんに実はいつも救われていて、本音を言えば、どこかそれが当たり前に感じていたのかもしれなくて。。。一体いつになったらサイン会するんだろう?とか、ファンの皆さんを心配させるような状況が続いていることをちゃんと謝らなきゃと思っていました。〉
〈2017年が始まって半年が経ち、いろんな感情に揺さぶられました。元気に過ごすことに努めてきました。まだまだ自分のことしか考えれていないのかもしれません。それでも皆さんには、ありがとうとごめんなさいを伝えておかなくちゃと思っていました。あと少し応援してください。〉

 突然投稿された意味深な文章に加え、「あと少し応援してください」との文言まであることから「引退寸前か!?」という憶測がファンの間で飛び出した。

 正式なかたちで引退宣言がなされているわけではないので現状ではなんとも言えないが、しかし、昨年末の報道以降、彼女の身に降りかかり続けた数々の受難はひどいもので、そのような選択をしたとしても不思議ではないほどだ。

 交際中は松本にさんざん弄ばれた挙げ句、彼の家から帰るタクシー代すら出し渋られ、井上真央の存在についてたずねたら「殺すよ」とまで言われる始末。

 そして報道後、松本は彼女を守ることなく沈黙を続け、「ジャニーズタブー」を恐れる大手マスコミも「週刊文春」報道を「なかったこと」にした。その一方、葵は松本のファンから「売名行為」扱いの中傷を受け続け、SNSは停止、サイン会などのイベントも中止に追いやられている。

 それに追い打ちをかけるかのように、「FRIDAY」(講談社)が「松潤の相手 葵つかさ「衝撃ヌード」」とキャッチコピーを打った記事を掲載し(事務所側からの「出して欲しくない文字は記載しない」という約束は反故にされていた)、「売名」の抗議の火に油を注ぐ結果となってしまった。

 葵がこのような扱いを受けた一方、松本はなんら傷つくこともないまま、大手芸能マスコミに守られ続け、以前と変わることなく活動している。こんな理不尽なことがあっていいのだろうか。

 本サイトでは、こうした強きを助け弱きをくじく芸能マスコミの理不尽、葵つかさへの非情な仕打ちについて繰り返し批判してきた。ここに再録するので、是非読んで、芸能マスコミのあり方は本当にこのままでいいのかどうかについて思いを馳せていただきたい。
(編集部)

********************

 昨年末に報じられ大きな衝撃を与えた、嵐の松本潤がAV女優の葵つかさと4年にもわたって浮気をしていた件。周知の通り、松本は井上真央と長年交際しており、これは葵にも井上にも手酷い裏切りと言わざるを得ない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

葵つかさが引退宣言? 彼女を追いつめた松本潤のキチク行為と、芸能マスコミの非情なジャニーズ忖度報道を振り返るのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ松本潤編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
2 海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
3 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
4 汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
5 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
6 橋下徹が西村大臣のPCR検査擁護で検査封じの責任に頰被り
7 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
8 「かまいたち山内」にネトウヨ疑惑…排外主義や嫌韓ツイートにも「いいね」
9 DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
10 菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
11 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
12 橋下徹がコロナ対策過剰論を主張するため「熱中症ではそんな対策してない」
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
15 ポストが有吉母に結婚、妊娠を直撃
16 東京五輪で増田明美と有森裕子が論争! 開催を主張する増田に有森が
17 厚労省23人会食で更迭処分なら、菅首相と二階幹事長のステーキ宴会は
18 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
19 池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
20 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
1吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
2日本城タクシー坂本社長が橋下徹を再び論破!「アホな議論」と一刀両断
3池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
4吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
5「桜前夜祭」問題で辞職した安倍事務所の配川秘書が密かに復職か!
6NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
7組織委は文春への圧力より電通との癒着説明を! MIKIKO氏排除も電通ナンバー2が張本人
8萩生田文科相「子どもが変異株に感染しやすいという知見ない」とデマまがい
9汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
10菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
11DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
12海外から批判も政府と組織委は五輪強行、選手に特別な感染対策を実施
13名古屋リコール不正で維新市議が関与を証言!吉村知事、松井市長の責任

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄