May J.が『アナ雪』バッシングを振り返って当時の心境を告白! 「幻聴で“自分の曲じゃないのに”という声が」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
mayj_160407_top.jpg
May J.『私のものじゃない、私の歌』(TAC出版)

 May J.といえば、一昨年、映画『アナと雪の女王』の主題歌を歌って、激しいバッシングにさらされたことも知られるが、そのMay J.が最近自伝『私のものじゃない、私の歌』(TAC出版)を出版。その中で、当時の心境や、バッシングについての分析を赤裸々に告白した。

 まず彼女は『アナと雪の女王』の主題歌をめぐるバッシングが始まったときのことをこう振り返る。

〈私へのバッシングの声が出始めたとき、正直、最初は“?(はてな)”でした。
 Facebookをやっていると、フォローをしなくてもニュースとか入ってくるじゃないですか。で、「May J.はどうしてバッシングされているの?」みたいな、そういうテーマが記事になっているのを見て「え、私、バッシングされているの?」って初めて知ったんです。そこからTwitterとかを追っていくと、「May J.またカバーだし」「私もそう思った。ムカつく」ってどんどんコメントが増えていくんですよ。バッシングってこういう風に広がっていくんだって、すごく怖くなりました〉

 当時、『関ジャニの仕分け∞』(テレビ朝日系)のカラオケ企画に出演し、また、Sugar Soul「Garden」のカバーなどただでさえカバー曲しかヒットのイメージがなかった彼女が、またもや「カバー」(後述するが、劇中歌とエンドソングはアレンジなどが違うため、彼女の「Let It Go〜ありのままで〜」は厳密にはカバーではない)でヒットを飛ばしたことにより、世間からは「便乗している」「調子に乗っている」と受け取られ始めた。

 そして、さらにこのバッシングをひどくしたのは、ご存知の通り、エルサ役の吹き替えを担当し、劇中で「Let It Go〜ありのままで〜」を歌った松たか子がメディアでその歌声を披露することは一切なく、一種「神格化」すらされる一方で、May J.はたびたびこの曲をテレビで披露していたことだった。「松たか子バージョンを一度でいいから聴いてみたいのに、聴かされるのはいつもMay J.バージョンの方」。そういった不満がバッシングをより強めていくことになる。

 そんな声が上がり始めていた時期の2014年8月10日、彼女は『情熱大陸』(TBS系)に出演するのだが、そこでの発言が、May J.バッシングの声に対し、さらに火に油を注いでしまう。

「なんでエンドソングはMay J.が歌ってるの?という風に思ってる人が多いというのが……。そういう仕組みなんだけどなっていう。全世界で必ず劇中歌の人とエンドソングっていうのはアレンジが違う、そして歌ってる人も違うっていう共通があるんだけど、それを理解されていないのがすごく残念ですよね。それでも自分が日本版の主題歌を担当させていただいているし、しっかりと責任感を持っていい歌を歌い続けるしかないんですよね。人になんと言われようと」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

私のものじゃない、私の歌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

May J.が『アナ雪』バッシングを振り返って当時の心境を告白! 「幻聴で“自分の曲じゃないのに”という声が」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。May Jアナと雪の女王バッシング新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 今度は年金事務所所長がヘイト、野党議員や言論人を「在日認定」攻撃
2 冤罪に巻き込まれただけなのに解雇!“推定無罪”無視の会社
3 お笑い芸人「薬物をやらない」自慢の無自覚
4 NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
5 国会議事堂そばのアパに泊まってみた
6 百田尚樹がジュゴンめぐりまた反対派攻撃のフェイク 
7 片山さつきが坂上忍に批判された
8 指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
9 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
10 グッディ!土田マジギレ真の原因
11 NGT48暴行問題で山口真帆が謝罪強要を訴えるも運営は無視
12 安倍首相にマッチョ批判
13 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
14 韓国ヘイト叫んだ厚労官僚はアベノミクスの旗振り役
15 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
16 安倍首相が防衛大卒業式でも自衛隊を道具に改憲を宣言
17 自民党NHK受信料義務化の狙いは?
18 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
19 白井聡が「靖国に歴史的大義がない」
20 フジ『バイキング』で金美齢が部落差別
1指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
2田崎スシローが望月衣塑子記者を「トンチンカン」と攻撃
3ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
4韓国ヘイト叫んだ厚労官僚はアベノミクスの旗振り役
5安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
6高須院長〈アウシュビッツは捏造〉問題をマスコミはなぜ報じない?
7『報ステ』がまた政権批判アナ排除
8安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
9NZモスクテロ事件容疑者が日本の「多様性のなさ」を賞賛!
104人のヘイトデモを大量の警察官が守る異様な過剰警備!
11ピエール瀧めぐり松本とたけしが無教養丸出し発言
12 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
13酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
14安倍首相が防衛大卒業式でも自衛隊を道具に改憲を宣言
16国会議事堂そばのアパに泊まってみた
17五輪汚職のJOC竹田会長居座りを許すマスコミの電通タブー
18ピエール瀧「韓国紙幣で吸引」報道の差別扇動
19百田尚樹が辰巳琢郎を人格攻撃していた理由
20今度は年金事務所所長がヘイト、野党議員や言論人を「在日認定」攻撃

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄