安倍御用記者・青山和弘が“セクハラ”で『NEWS ZERO』有働アナのパートナーを降板も、日テレが事件を隠蔽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
aoyamakazuhiro_11_180904.jpg
青山和弘著『安倍さんとホンネで話した700時間』(PHP研究所)

 本日、日本テレビの報道番組『NEWS ZERO』の記者発表会がおこなわれ、新キャスターに就任する元NHKアナウンサーの有働由美子が抱負を語った。だが、有働メインキャスター就任が伝えられた際、有働のパートナーとして同じメインキャスターにすることで調整中だと報じられていた同局の政治部記者・青山和弘の姿はそこになく、有働以外のメインキャスターの発表もなかった。

 青山といえば、『安倍さんとホンネで話した700時間』(PHP研究所)なる安倍礼賛本を出版するほどの御用記者。たとえば安保法制が国会で審議されていた際には「この法案が廃案にされては困りますので、うまくこう、巻き込んでいく」とまるで安倍官邸の一員のような発言をテレビでおこなうなど、解説と称して安倍首相の主張を代弁。本サイトでも“政権の腹話術人形”とツッコんできた。

 そんな青山がメインキャスターに就任すれば、『NEWS ZERO』が安倍擁護番組になるのは必至であり懸念の声があがってきたが、なぜかきょうの記者発表会に青山は姿を見せなかった──。

 だが、結論から先に言えば、青山がこんな場所に出られるはずはなかった。というのも、青山には、女性に対して重大なセクハラ行為をはたらいたという、とんでもないスキャンダルがもちあがっていたからだ。

 じつは、1週間ほど前から「青山に大きな女性スキャンダルがあるらしい」「どうやらセクハラ案件らしい」という噂が駆け巡っており、本サイトでも取材を進めていた。さらに、昨日には「週刊新潮」(新潮社)と「女性セブン」(小学館)が今週、報じるらしいという情報が飛び込んできた。そして、きょう午後になって、小学館のニュースサイト「NEWSポストセブン」が「女性セブン」の記事の一部を事前配信した。「ポストセブン」は、日テレ関係者のこんなコメントを掲載している。

「その青山さんに女性局員に対する深刻なセクハラ騒動が起きました。泥酔した20代の女性局員に無理矢理肉体関係を強いたと疑われています」

 一方、本サイトが掴んだ情報では、事件が起こったのは今年のことで、被害者女性は同じ日テレ社員である20代の局員。青山と被害者女性は酒席をともにし、女性が泥酔していることを知りながら、青山は性行為を強要したというものだった。その上、青山は別のアルバイト女性にもセクハラをはたらいていたという話も出てきた。

 いずれにしても、これが事実ならば、青山と同様に「安倍首相に近い記者」と呼ばれてきた元TBS記者・山口敬之による伊藤詩織さんへの性暴力疑惑を想起させる重大な事件だ。とてもメインキャスター就任などと言っている場合ではない。

 しかも、問題なのは、この青山の事件は「週刊新潮」や「女性セブン」が取材に動いて発覚したわけではない、ということだ。じつは、日テレはこの事件を事前に把握しながら、公表することなくもみ消そうとしていたのである。

 というのも、性行為を強要された女性は当初、青山の事件を告発することに躊躇していたというが、告発を決心。日テレは「日テレ・ホイッスル」という社内報告制度を設けているが、女性はこの事件を局に訴えたという。

 こうして女性が被害を申し出たことで、日テレは青山から聞き取りをおこなうなど事実関係を確認、対応に乗り出したが、その結果はなんと、青山への処分はなし。9月1日付けの人事でこっそりと報道局からグループ推進本部に異動させたのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安倍御用記者・青山和弘が“セクハラ”で『NEWS ZERO』有働アナのパートナーを降板も、日テレが事件を隠蔽のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NEWS ZERO安倍晋三山口敬之日本テレビ編集部青山和弘の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 りゅうちぇるが『zero』同性婚特集でも真っ当意見連発!
2 指原莉乃卒業でその処世術を考える
3 『NEWS23』駒田健吾アナが辺野古問題で涙を浮かべ
4 萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
5 神社本庁、天皇の甥の最高権威・統理に怪文書
6 南青山の児相反対と『月曜から夜ふかし』の地域差別ネタ
7 辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
8 りゅうちぇるが慰霊の日に戦争、米軍基地への思いを
9 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
10 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
11 川島なお美が近藤誠の診断を告発
12 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
13 つんく♂「アイドルの恋愛」発言に騒然
14 安倍首相のオカルト行動を昭恵が証言
15 ネトウヨに読ませたい三冊(2)
16 官民ファンドの高額報酬騒動は政権批判への意趣返しだった
17 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
18 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
19 とろサーモン、スーマラの女性差別を松本、たけしが論点すり替え
20 入管法改正をケント・ギルバートが批判
1水道民営化が参院委員会で可決!安倍政権と水メジャーの癒着
2安倍政権の国会蹂躙がヤバすぎ! 議長が言論封殺、自民理事が暴力
3THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
4水道民営化法案が強行成立! 池上彰、石原良純も危険性を指摘
5 安倍首相が外国人実習生死亡の事実に「知らない」と無責任答弁
6 河野太郎の「次の質問どうぞ」はマスコミの弱腰が生んだ
7 マクロンと安倍の金持ち優遇はそっくりなのに国民の反応は真逆
8『NEWS23』駒田健吾アナが辺野古問題で涙を浮かべ
9 入管法改正をケント・ギルバートが批判
10三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
11麻生財務相が「人の税金」で“愛人のクラブ”に792万円!
12辺野古への土砂投入は“三文芝居”だ
13 沖縄・辺野古への土砂投入強行にアベ友企業が協力
14浦沢直樹が大阪万博誘致を「万博という発想、古くさい」と批判
15 水道民営化で自然災害が起きても復旧が困難に
16自民党が「護憲派を敵とみなしネガキャンせよ
17 順天堂大はコミュ力高い女子減点、柴山文科相が東京医大の差別擁護
18維新が国会と野党の抵抗を「税金の無駄」
19秋篠宮が「大嘗祭」には秘密の儀式が
20“コピペ疑惑”百田尚樹『日本国紀』を見城徹・幻冬舎社長が絶賛

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄