吉高由里子と破局…RADWIMPS・野田洋次郎が日記で告白! 吉高に言われた一言とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yoshitakanoda_01_150521.jpg
破局が報じられている野田洋次郎と吉高由里子(左・近代映画社「Screen+ vol.50」/右・太田出版「Quick Japan vol.117」より)


 昨年放送された朝ドラ『花子とアン』で国民的女優となり、年末の『紅白歌合戦』では司会も務めた吉高由里子。なのに今年に入るとぱたっと露出が減り、一部報道では“朝ドラ後の燃え尽き状態なのでは?”とも囁かれている。

 また、燃え尽き状態の要因のひとつとして挙げられているのが、交際していたRADWIMPSのボーカル・野田洋次郎との破局だ。吉高と野田は2013年2月に「週刊女性」(主婦と生活社)が交際を報道、一時は破局も噂されたが、昨年の5月には「女性セブン」(小学館)がふたりのデート現場&半同棲情報をキャッチ。しかし今年2月には「FLASH」(光文社)が破局したと伝えている。しかも、野田のほうから吉高を振ったらしく、吉高の親友であるハリセンボンの近藤春菜らは吉高を慰める女子会を開いたといわれている。

 以前、本サイトでも報じたが、ずっと信頼してきた女性マネージャーが辞めてしまったこともあり、吉高は情緒不安定に。そんな彼女を野田は支えきれなくなった──。破局の理由はこのように伝えられているが、はたしてそれだけが原因だったのか。野田が先日発売した日記『ラリルレ論』(文藝春秋)を読むと、そんな疑問が浮かんでくるのだ。

 まず、音楽に明るくない読者のために少し説明すると、野田が所属するRADWIMPSは10・20代から圧倒的な人気を集めるロックバンド。嵐の二宮和也や妻夫木聡、小栗旬、佐々木希、長澤まさみ、ベッキーといった芸能人にもファンが多く、今回出版した『ラリルレ論』も発売1週間も経たないあいだに7万部を突破したほど。6月には野田が主演する映画『トイレのピエタ』も公開予定で、現在、若者世代に絶大な影響力を誇るミュージシャンのひとりだ。

 で、そんな話題の『ラリルレ論』なのだが、これは昨年2月から7月にかけて行われた全国・海外ツアー中に野田が綴った日記と補足を収録した本。写真などのビジュアルページは少ないにもかかわらず約450ページという分厚さで、ツアーの様子のみならず、野田自身の生い立ちから映画出演にいたる過程なども書かれている。もちろん、なかには吉高との関係を匂わせる記述も登場している。

 たとえば、2014年2月21日の日記には、こんな言葉が綴られている。

〈今日はとことんダメ。気持ちがだめ だめだめ あの人に言われた。「わたしと別れたら誰とも結婚できないよ」 最初はふざけんなと思った。でもそのうち本気でそう思った。もう歌を歌いすぎた。歌は消耗する。摩耗する。最後は終わった。もう賞味期限切れだ。メンバーと、メンバーの家族のために俺は生きる。〉

 結婚も間近かと見られていたふたりだが、どうやら実際、吉高も野田も結婚を意識していたことが伺える。なにより当時は吉高よりも野田のほうが不安定であったようにも感じられる記述だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ラリルレ論

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

吉高由里子と破局…RADWIMPS・野田洋次郎が日記で告白! 吉高に言われた一言とはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。キャラ吉高由里子大方 草の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 『THE MANZAI』ウーマン村本がこだわった「透明人間」たちの思い
2 「朝生」で田原総一朗よりさきに「下村文科相」名前を出した出演者
3 慰安婦の軍直接関与と強制性を示す公文書を内閣官房が保有! 
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 うずしお搭乗が発覚、麻生財務相が例の女性のクラブに650万円
6 田崎史郎のいない素晴らしい世界
7 安倍政権が「明治の産業革命遺産」報告書から“朝鮮人の強制労働”を削除
8 「桜を見る会」名簿問題で菅官房長官の会見が支離滅裂!
9 徴用工問題で日本の元外務官僚が「韓国に100%の理、日本に100%の非」
10 安倍昭恵が「桜を見る会」にビジュアル系やトンデモスピ仲間を招待
11 THE MANZAIウーマン村本のもう一つの凄さ
12 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
13 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
14 田崎史郎が御用批判に失笑の言い訳
15 ウーマン村本がよしもと社長からの圧力を激白!
16 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
17 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
18 菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判
19 三浦瑠麗に自民党山口県連から54万円、田崎史郎にも計38万円
20 田崎史郎と三浦瑠麗が『朝生』で無理やりすぎる安倍政権擁護連発!
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄