エロすぎて? 能年、広末が出演拒否したと噂の過激な映画とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nounen_140801.jpg
『ホットロード OFFICIAL BOOK 能年玲奈&登坂広臣』(集英社)

 いよいよ今月、能年玲奈主演の映画『ホットロード』が公開される。社会現象にもなった『あまちゃん』終了から約1年を経てようやく、“『あまちゃん』の次”の能年が見られるわけだが、実はこの間、能年がある映画の出演を断ったというウワサが業界内で飛び交っている。

 ウワサになっているのは、作家・山内マリコ氏のデビュー作でスマッシュヒットとなった小説『ここは退屈迎えに来て』(幻冬舎)の映画化版だという。同作は、とある地方に住む女性たちを主人公にした連作小説で、それぞれ都会への憧れや執着を持ちつつ、狭い街で暮らす様が描かれている。地方都市のリアルな情景描写や、煩わしい人間関係や地方ならでは閉塞感にやりきれない思いを抱えながら生きる女性たちの強さがこじらせ女子の共感を呼び、ネットでも大きな話題を集めた小説だ。

「反響が大きかったので、早い段階から映画化の話は進んだようです。監督候補には、映画『モテキ』やドラマ『まほろ駅前番外地』で知られる大根仁氏、広末涼子や『あまちゃん』の能年玲奈らがキャスティングの名前に上がっていました。しかし、肝心の広末、能年が断り、映画化の話自体がうやむやになってしまったそうです」(映画関係者)

 関係者によると、同作におけるセックスシーンが広末や能年サイドの顔を曇らせたというが、出演を断るほどの衝撃的なシーンとは一体どんなものだろうか?

 収録作のひとつ「君がどこにも行けないのは車持ってないから」の主人公は、学生時代に憧れていた“椎名”が地元から大阪に行ってしまい、彼の動向が気にながらも、バイト先に勝手に迎えにくる“遠藤”を適当にあしらっていた。「彼氏みたいに振る舞」う遠藤は、半ば強引に一緒に夕食を食べ、そのまま県道沿いにあるラブホテル街へと向かう。

「薄寒くて布団に潜り込むと、すぐに遠藤はパンツを脱いで入ってきて、前戯もそこそこに挿入した。前に体中を撫でられたりキスされたり、なんか気持ちのこもった愛撫をされたとき、『やめて(触んな)。早くしてよ(とっとと終わらせろ)』って言ったのを、どうやら『やめて(お願いやめないで)。早くしてよ(早くいれてほしいの、あたしもう待てない)』と誤解したらしく、いっそうべたべたと触り始めて、挙句あそこを舐めようとしたので頭を思いっきり蹴ると、ようやく遠藤は意味を解したようで、それ以来彼は最短最速でことを終える」

「私にも性欲はあるし。けど、ヤッたあとお風呂場で、自分のあそこを洗っているときだけは、なんか死にたいくらいみじめな気分になる」

 好きでもない男とのセックスや、それをしてしまう自分自身にもイラ立つものの、憧れの男とはどうにもなれない現状や性欲を持て余している「あたし」。30を越えてさわやかな色気をまとい始めた広末にこそ、半ば自暴自棄になっている役どころをどう演じたのか、ぜひ見てたかったシーンのひとつだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

エロすぎて? 能年、広末が出演拒否したと噂の過激な映画とはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。広末涼子能年玲奈の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
2 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
3 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
4 萩生田文科相が芸者あげてノーマスク会食! ワイドショーは追及せず
5 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
6 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
7 安倍は原爆の日も核兵器禁止条約を黙殺
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
10 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
11 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
12 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
13 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
14 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
15 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
16 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
17 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
18 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
19 東京五輪が日中戦争でなくなる?
20 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
8菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
9河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
10 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
11蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
12 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
13バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄