>  >  > 女はなぜ岡田斗司夫に引っかかる

なぜ女たちは岡田斗司夫に引っかかったのか? あの「先生」に口説かれた女子が分析!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
circlecrasher_01_150831.jpg
『岡田斗司夫の愛人になった彼女とならなかった私 サークルクラッシャーの恋愛論 』(コア新書)

 昨年末から今年にかけてネット上を賑わせた、岡田斗司夫の愛人騒動。キスプリクラにはじまって、「巨乳度」「床上手・名器度」といったゲスの極みのような項目をならべた「愛人リスト」まで流出し、客員教授をつとめていた大阪芸術大学もクビになってしまった。

 しかし、この騒動に触れた人のなかには、こんな疑問をもった人も少なくないだろう。それは「どうして岡田斗司夫が若い女の子にモテることができたのか?」あるいは「どうして若い女の子たちは岡田斗司夫に落ちたのか」という“大いなる謎”だ。そうした謎に答えているのが、8月はじめに発売された『岡田斗司夫の愛人になった彼女とならなかった私 サークルクラッシャーの恋愛論』(コア新書)である。

 ただ注意が必要なのは、タイトルでついつい勘違いしてしまうが、じつは本書の著者・鶉まどか氏は岡田斗司夫に引っかかったわけではない。別の〈ある文化人〉から、岡田氏と似たかたちで接近されたらしい。彼女はその人物を「先生」と呼ぶのだが、まずは「先生」の手口を見てみよう。

 もともと「先生」のファンだった彼女は、24歳のときに「先生」が出演するイベントに参加、質疑応答コーナーで手も挙げていないのに「きみは何か質問はない?」と指名され、イベント終了後には「きみは面白いね」と言われてLINEのIDを交換した。さらに家まで車で送ると言い、一晩のあいだに「先生」から届いたLINEのメッセージは20件。その中身はほとんどが彼の著作物で、「感想が欲しい」と書かれていたという。

 彼女が一生懸命になって感想を返せば、「先生」も即座にレスポンスする……。そこには〈同年代の男の子とのやりとりのなかでは味わえない、知的好奇心を存分に満たされるような快楽があった〉と振り返る彼女。これは暴露された岡田氏の手口とたしかによく似ているものだ。

 しかし、はじめてのデートで彼女はすっかり熱が冷める。それは「先生」の一言にあった。「全てを知りたい。幸せになるための手伝いをさせてほしい」と言いながら〈服の隙間から手を入れられた〉とき、咄嗟にその手を払いのけた彼女に「先生」が言った言葉だ。

「そうやって、他者を受け入れない態度がきみを不幸せにしていくんだよ」

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 ロンブー亮の芸能タブーツイートと松本
2 宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
3 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
4 あの産経が「南京虐殺40万人」と報道
5 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
6 片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
7 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
8 キムタク最大のタブーとは?
9 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
10 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
11 SMAP最後の日に中居と木村が
12 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
13 園子温がシンゴジラと君の名は。を罵倒
14 今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
15 グッディ!土田マジギレ真の原因
16 吹石一恵の音痴エピソード
17 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
18 北原みのり逮捕の原因は安倍批判?
19 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
20 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
3トランプのマスコミ排除は日本でも
5アパホテルのトンデモ極右思想の正体
6安倍政権が“国策映画”計画へ
7DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
8今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
9SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
10メリルストリープの指摘は日本のことだ
11慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
12片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
13『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
14アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
15宮根誠司がアパホテルを擁護し中国攻撃
16政権が原発被害隠しにDASH村利用
17佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
18保護なめんなジャンパーは氷山の一角
19安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
20是枝監督「映画が日本に利用されてる」
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」