>  >  > 加齢キムタクに父親がダメ出し!

「いつまでキムタク? 俺はもう飽きた」加齢キムタクに実の父親が衝撃のダメ出し発言!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kimutaku_150603.jpg
テレビ朝日『アイムホーム』番組サイトより


「拓哉は金太郎飴ですよ。何の役をやっても『キムタク』だよね」

『アイムホーム』(テレビ朝日系)で父親役という新境地に挑んだものの苦戦中の木村拓哉。そんな俳優・キムタクにこんな強烈なダメ出しをした人物がいる。

 木村秀夫氏66歳。そうキムタクの実父だ。キムパパは5月29日発売の「FRIDAY」(講談社)の直撃取材になぜか対応。少年時代の息子の反骨の様子やジャニーズデビューの経緯を語っていくのだが、特に“現在の役者”キムタクに対しては大きな危機感を抱いているらしい。こんな辛辣で容赦ない評価を下すのだ。

「だから私は稲垣吾郎クンや草彅剛クンのようにいろんな役ができたほうがいいと思います。今は昔みたいに石原裕次郎のような絶対的ヒーローがいて、みんなが満足する時代じゃない」
「今でも彼なりに自分は本物だと思っているだろうけど、私は彼に落ちるところまで落ちて欲しい。それでもう一回、ドン底から這い上がってきたら本物だよ。周りから『こういう役じゃないとマズい』と気を遣われるのではなく、ファンから『嫌なヤツ』と思われるような汚くてズルい役をやってほしい」

 ジャニーズタブーの前に、誰も決して言えないことをさらっと言ってのけるキムパパ。もちろん身内でしかできない芸当だが、キムパパの話はさらに核心に迫っていく。それが“加齢問題”だ。

 ここ数年、キムタクだけでなく、SMAPメンバーたちの加齢が密かに話題になっている。例えば昨年、総合司会を務めた『27時間テレビ』(フジテレビ系)で水泳大会に挑んだメンバーたちだが、その衰えを隠すためか水着は期待された肉体披露はなく短パンの上に上半身を半袖で隠すという残念な姿だった。現在ではライザップで肉体改造に成功した香取慎吾も当時のお腹はぶよぶよ。しかもその動きは全般的に鈍く、岡村隆史とビーチフラッグ対決をしたキムタクは、まさかの敗北を喫している。また肝心の総合司会でも、ほぼ睡眠も取れない状態からか、まさに“体力の限界”といった様子で、お肌の調子も最悪といった惨状だった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 村上春樹が新作に込めたメッセージ
2 厚切りジェイソンが日本のお笑い批判!
3 維新から出馬報道、シミケンは嘘つき?
4 創価学会信者・長井秀和がタブーに言及
5 国有地不正取得の学校と安倍の蜜月証拠
6 石原慎太郎を増長させたメディアの責任
7 安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
8 国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
9 X JAPAN、TAIJIの死の謎
10 金正男暗殺映像にテレビ局が数百万円
11 読売・清水アナが維新から市長選出馬?
12 国谷裕子がクロ現降板の舞台裏を告白!
13 「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
14 『めちゃイケ』にジャニーズの圧力
15 共謀罪で法務省がテレ朝玉川の取材拒否
16 X JAPAN TAIJI死の究明に前進
17 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
18 安倍が「云々」を「でんでん」と読み恥
19 さんま・中居SMAPトークのヤバい部分
20 故・松田優作の在日差別への恐れ
PR
PR
1「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
2安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
3保育所で国旗と国歌強制する安倍のバカ
4国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
5共謀罪で法務省がテレ朝玉川の取材拒否
6安倍トランプ会談を絶賛ワイドショー
7安倍はトランプにFTAを要求されてた
8国有地不正取得の学校と安倍の蜜月証拠
9稲田の憲法蹂躙発言に国会前抗議デモ
10山崎まさよしの憲法9条の歌とは?
11厚切りジェイソンが日本のお笑い批判!
12安倍とトランプが反マスコミで意気投合
13南スーダン日報の隠蔽に稲田も加担
14室井佑月が山口二郎と語る野党の闘い方
15ゴルフめぐり安倍とトランプ嘘つき合戦
16米山新潟知事が語った共謀罪と原発
17安倍もうひとりの祖父の物語
18厚切りジェイソンが“日本スゴい”批判
19アパ代表「ユダヤ陰謀論」
20金正男暗殺映像にテレビ局が数百万円
PR
PR

人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」