コロナを「東京問題」にしてGoTo強行の安倍政権 一方、小池知事と東京都は専門家の感染拡大予測を破棄した事実が発覚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
コロナを「東京問題」にしてGoTo強行の安倍政権 一方、小池知事と東京都は専門家の感染拡大予測メールを破棄した事実が発覚の画像1
小池百合子オフィシャルサイトより


 東京では感染拡大が続いているというのに何ら手立てを講じようとしない東京都と安倍政権が、互いに責任をなすりつけ合う醜態を晒している。

 菅義偉官房長官は11日に北海道でおこなわれた講演会で「この問題は圧倒的に“東京問題”と言っても過言ではない。東京中心の問題になってきている」と発言。これに対して小池百合子東京都知事は本日、「GoToキャンペーンが始まろうとしているなかで、(感染対策との)整合性をどう取っていくのかというのは、むしろ国の問題だ」と反論した。

 まさに「目くそ鼻くそを笑う」とはこのことだ。「東京問題」などと言うのなら国は緊急事態宣言を再発出するなどの対策を早急に打つべきだが、安倍政権はむしろ往来を推奨する「Go Toキャンペーン」を大幅に前倒しして実施するという常軌を逸した行動に出ているし、一方、小池都知事は政府と同様に「夜の街」を連呼してきた挙げ句、10日の会見では「“新しい日常”は自分たちでつくっていくんだと、それを世界のモデルにするぐらいの思いでやっていただきたい」などと責任を都民に被せた。

 この国の首都が感染拡大の中心地となっているのに、国の問題として捉えようとしない政権幹部と、都民に責任を丸投げする都知事……。だが、安倍政権と小池都知事はいま現在も、ある一点において一蓮托生の関係であることに違いはない。それは「何が何でも東京五輪を開催する」ということだ。

 実際、ここにきて、安倍首相と小池都知事が「東京五輪開催」という目標のもとに、いかに市民の健康と安全を後回しにしてきたか、その事実が次々とあきらかになっている。

 たとえば、小池都知事をめぐっては、感染が拡大した今年3月に厚労省クラスター対策班メンバーから示された感染状況の予測文書を、なんと2つも廃棄していたことが発覚した。

 これは12日付の東京新聞がスクープしたもので、記事によると、クラスター対策班メンバーで専門家会議メンバーでもあった押谷仁・東北大学教授は、まず3月17日に、感染者数は〈現状の対策のままだと2週間後に都内で約1万7000人に増える〉と予測した文書を東京都の担当部長らに渡したという。さらに19日にも、押谷氏は都から得た情報をもとに精査した感染者数約3000人とする予測を担当部長にメールで送ったという。

 だが、この2つの感染者数の予測を小池都知事は無視。押谷氏は21日に、再精査した〈4月2〜8日の感染者は320人〉という予測文書を渡したが、小池都知事は23日になってはじめて緊急記者会見を開いて、この21日の再精査の結果だけを公表、「感染者が増加する見通しがあり、医療体制をしっかり準備していく」と述べたのだった。

そして、この小池都知事が無視した2つの予測文書について、東京新聞が情報公開請求をおこなったところ、なんとすでに廃棄したとして、「21日文書」以外は〈不存在〉とした、というのである。

 その廃棄理由もすごい。まず17日の文書について、都の吉田道彦・感染症危機管理担当部長は「あやふやな試算だったので押谷氏との会議後、すぐに廃棄した」と説明。さらに19日の文書については、「6月、メールの容量がいっぱいだったので削除した」と回答しているのだ。

 出所不明の怪文書ならいざ知らず、これは曲がりなりにも政府の専門家会議メンバーから示された予測が書かれたものであり、どう考えても保存すべき公文書だ。それを「あやふやな試算だったからすぐに廃棄した」「メール容量がいっぱいだったから削除した」とは……。これでは東京都の対応を検証することも不可能になってしまうではないか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

コロナを「東京問題」にしてGoTo強行の安倍政権 一方、小池知事と東京都は専門家の感染拡大予測を破棄した事実が発覚のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。Go Toキャンペーン安倍政権小池百合子新型コロナウイルス編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 共産党議員の不可解書類送検の裏に安倍の元秘書官の埼玉県警本部長就任
2 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?
3 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
4 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
5 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
8 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
9 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
10 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
11 高橋洋一ら安倍応援団が特区ビジネス
12 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
13 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
14 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
15 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
16 自民党がネトサポに他党叩きを指南
17 安倍政権が海外からのコロナ政策批判チェックに24億円!
18 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
19 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
20 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
3八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
4八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
5八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
8高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
9 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
10倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
11高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
12安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
13 共産党議員の不可解書類送検の裏に安倍の元秘書官の埼玉県警本部長就任
14 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?
15DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄