『最貧困女子』著者が脳機能障害に! 自分が障害をもってわかった生活保護の手続もできない貧困女性の苦しみ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nougakowareta_160810.jpg
『脳が壊れた』(新潮社新書) 

 本サイトではこれまで貧困と格差というテーマに取り組んできたが、特にルポライター鈴木大介氏による『最貧困女子』(幻冬舎新書)や『最貧困シングルマザー』(朝日文庫)は大きな反響を呼んだ。それは、こうした作品が従来の風俗ルポや貧困本にない視点をもっていたからだろう。

 これまでタブーとされてきた貧困女性とセックスワークの関係、その背後にある搾取、さらに貧困の陰にうつや統合失調症などの精神疾患や発達障害、知的障害があることを明らかにしたのだ。しかも、単に興味本位で取材をするのでなく、彼女たちと同じ目線に立って、時には取材対象である女性たちに生活保護を受給できるよう説得し、動く。決して上から目線の“取材者“ではなく、時に絶望的な状況や、誰ひとり救えない自分の非力を嘆く鈴木氏の筆致には貧困への憎しみ、絶望感があり、そのルポは政府や行政への静かな反乱ともいえるものだった。

 そんな貧困の深層に切り込み続ける鈴木氏だが、2015年初夏に突然、脳梗塞を患い、緊急入院してしまったのだという。幸い脳梗塞は軽度だったが、残ったのが高次脳機能障害(高次脳)だった。しかし、そこで鈴木氏は“意外な気づき”を発見する。それが自分の高次脳の症状とこれまで出会った数々の最貧困者たちとの“共通点”だ。

 鈴木氏が発病後上梓した『脳が壊れた』(新潮社新書)は、発病から後遺症に苦しみ、家族や友人たちの助けで自分を“再発見”していくルポだが、その中で鈴木氏は自分を襲った“怪現象”(高次脳)の数々を記している。その最初の体験が「半側空間無視」だった。

「僕は自分の左側の世界を『見ていても無視』したり、左側への注意力を持続するのが難しい脳になってしまったようなのだった」

 その症状は鈴木氏を“挙動不審な人間”にしてしまったという。なぜならその障害のせいで人の目を、人の顔を見て話せなくなってしまったからだ。

「最悪なのが、会話をしている相手が真正面にいても、どうしても僕は相手の顔を正面から見て話すことができない。右方向に首ごと顔を逸らせて、視線もなぜか右上方を凝視してしまうのだ」

 こうした症状に襲われた鈴木氏だったが、しかしそれはある被取材者と同じものだと気づく。振り込め詐欺のダシ子(集金役)から組織売春の見張り役をしていたヒサ君だ。ヒサ君は人と話す際、決して目を合わせず、不自然に目を顔ごと逸らしたり、そっぽを向いた状態で目だけをチラ見するような若者だった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『最貧困女子』著者が脳機能障害に! 自分が障害をもってわかった生活保護の手続もできない貧困女性の苦しみのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。伊勢崎馨貧困障害の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅田将暉らの「投票呼びかけ動画」参加のローラに差別丸出しのバッシング
2 安倍、甘利、麻生、山口が立憲と共産党へのデマ攻撃!
3 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
4 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
5 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
6 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
7 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
8 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
11 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
12 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
13 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
14 田崎史郎ら御用が垂れ流す「安倍さんは人事に不満」説の嘘,
15 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
16 共謀罪 盗聴法 マイナンバーはセット
17 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
18 安倍晋三の新型コロナ対応と菅直人の原発事故対応とどっちが酷い?
19 美輪明宏がNHKで「『芸能人が政治に口を挟むな』なんて時代遅れ」
20 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
1Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
4安倍、甘利、麻生、山口が立憲と共産党へのデマ攻撃!
5ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
6Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
7菅田将暉らの「投票呼びかけ動画」参加のローラに差別丸出しのバッシング
8維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
9岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
10辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
11岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
12安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄