>  >  > 『朝生』を自民公明議員がドタキャン

『朝まで生テレビ!』を自民・公明の全議員がドタキャン! 安保法制論議から逃走の無責任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
asanama_01_141129.jpg
逃亡与党に田原総一郎もご立腹!(テレビ朝日『朝まで生テレビ!』番組サイトより)


「自民党、公明党が出てこない」

 6月26日深夜放送の『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日)、冒頭で司会の田原総一朗が苦々しく言った。この日の放送では「激論!若手政治家が日本を変える?! 若手国会議員がスタジオに集結! 戦後70年、未来の総理(?)に問う!」と題して、与野党の若手議員が安保法制を中心に討論する予定だったのだが、出演したのは民主党ら野党議員のみ。なんと、自民党と公明党の議員は一人たりとも姿をあらわさなかったのだ。

 田原は冒頭の台詞に続き「安保法制の議論が、そうとう際どくなってる。しかも、わりに自民党も最初はね、簡単に番組に出そうだった。出ると言っては断る、出ると言っては断る(ということがあった)」と指摘。さらには番組プロデューサーを呼び出して、その“与党出演拒否”の経緯を説明させた。

 その説明によれば、『朝生』は、事前に30名以上の自民党議員に出演をオファーしたが、すべて断られてしまったという。さらに自民党広報部に取りまとめを求めるも、やはり「都合がつかない」ということで出演はゼロ。しかも公明党に至っては、「自民党と足並みをそろえたい」という意味不明の理由で出演を断ってきたのだという。田原も「なんで公明党も出ないんだろ、自民党の子分でもあるまいし」と批判したが、やはり、この“出演拒否”には裏があったことがわかっている。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

おじいちゃんが孫に語る戦争

  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ
新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 稲田朋美がテレビの改憲論議で大嘘連発
2 参院選前に女性誌も自民党の改憲に警告
3 五輪、選挙…電通社員が黒い手口暴露
4 広末涼子が育児放棄バッシングに大反論
5 山本太郎が安倍にガリガリ君問題を追及
6 痴漢行為Hey!Say!中島のドラマが
7 大手メディア参院選情勢調査の結果は
8 安倍も政治資金の公私混同が次々判明
9 上原亜衣は? AV女優の引退後
10 「#自民党に質問」で質問無視のヤラセ
11 乙武別居で障碍者への偏見報道が
12 大森靖子「小6のときレイプされて」
13 安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
14 フジロックに政治を持ち込むなというバカ
15 蒼井そらが「AV出演強要逮捕は冤罪」
16 宇野常寛が舛添イジメ批判
17 安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
18 安倍首相が遊説でSEALDsから逃亡
19 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
20 20代の半分が童貞?歴史上の偉人も
PR
PR
1宇野常寛が舛添イジメ批判
2安倍も政治資金の公私混同が次々判明
3フジロックに政治を持ち込むなというバカ
4安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
5文春が東京五輪を!電通元専務に金
6報ステ党首討論で安倍が逆ギレ、詭弁
7山本太郎が安倍にガリガリ君問題を追及
8安倍首相が遊説でSEALDsから逃亡
9安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
10「#自民党に質問」で質問無視のヤラセ
11NHKディレクターが語る原発報道圧力
12参院選前に女性誌も自民党の改憲に警告
13大手メディア参院選情勢調査の結果は
14党首討論で古市、橋本が安倍びいき司会
15舛添よりヒドい安倍の政治資金第二弾!
16稲田朋美がテレビの改憲論議で大嘘連発
17百田尚樹は田母神を応援した責任をとれ
18安倍がFacebookで報ステ党首討論攻撃
19五輪、選挙…電通社員が黒い手口暴露
20安倍のPR動画パロディを自民党が削除
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」