>  >  > 『朝生』を自民公明議員がドタキャン

『朝まで生テレビ!』を自民・公明の全議員がドタキャン! 安保法制論議から逃走の無責任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
asanama_01_141129.jpg
逃亡与党に田原総一郎もご立腹!(テレビ朝日『朝まで生テレビ!』番組サイトより)


「自民党、公明党が出てこない」

 6月26日深夜放送の『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日)、冒頭で司会の田原総一朗が苦々しく言った。この日の放送では「激論!若手政治家が日本を変える?! 若手国会議員がスタジオに集結! 戦後70年、未来の総理(?)に問う!」と題して、与野党の若手議員が安保法制を中心に討論する予定だったのだが、出演したのは民主党ら野党議員のみ。なんと、自民党と公明党の議員は一人たりとも姿をあらわさなかったのだ。

 田原は冒頭の台詞に続き「安保法制の議論が、そうとう際どくなってる。しかも、わりに自民党も最初はね、簡単に番組に出そうだった。出ると言っては断る、出ると言っては断る(ということがあった)」と指摘。さらには番組プロデューサーを呼び出して、その“与党出演拒否”の経緯を説明させた。

 その説明によれば、『朝生』は、事前に30名以上の自民党議員に出演をオファーしたが、すべて断られてしまったという。さらに自民党広報部に取りまとめを求めるも、やはり「都合がつかない」ということで出演はゼロ。しかも公明党に至っては、「自民党と足並みをそろえたい」という意味不明の理由で出演を断ってきたのだという。田原も「なんで公明党も出ないんだろ、自民党の子分でもあるまいし」と批判したが、やはり、この“出演拒否”には裏があったことがわかっている。

この記事に関する本・雑誌

おじいちゃんが孫に語る戦争

  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 医療亡国論の曽野綾子が夫の認知症で…
2 慎太郎「障害者殺戮犯の気持ち分かる」
3 現役自衛官が“海外派兵”強制を暴露
4 マツコが小池百合子にNG発言の理由
5 安倍が米の男女平等イベントで失笑発言
6 TBS山内アナが二重国籍のヘイト攻撃
7 『とと姉ちゃん』を「暮しの手帖」が批判
8 炎上!長谷川豊ら「医療亡国論」の詐術
9 もんじゅ廃炉で原発ムラに新たな利権が
10 キムタク最大のタブーとは?
11 SMAP解散は香取慎吾のせいじゃない
12 “万引き老人”たちの壮絶な貧困
13 川島なお美が近藤誠の診断を告発
14 グッディ!土田マジギレ真の原因
15 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
16 盛り土で慎太郎の責任にテレビが沈黙
17 文春が東京五輪を!電通元専務に金
18 五輪、選挙…電通社員が黒い手口暴露
19 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
20 安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
PR
PR
1盛り土で慎太郎の責任にテレビが沈黙
2稲田朋美も富山市議と同じ不正を
3慎太郎「障害者殺戮犯の気持ち分かる」
4辺野古判決の裏に裁判所の露骨人事!
5『とと姉ちゃん』を「暮しの手帖」が批判
6TBS山内アナが二重国籍のヘイト攻撃
7安倍が米の男女平等イベントで失笑発言
8稲田朋美、南スーダン視察中止の無責任
9稲田朋美が夫の軍事産業株保有で逆ギレ
10炎上!長谷川豊ら「医療亡国論」の詐術
11 “万引き老人”たちの壮絶な貧困
12医療亡国論の曽野綾子が夫の認知症で…
13福島原発“凍土壁”崩壊の戦犯は安倍政権
14新潮が天皇の生前退位を“暴走”と攻撃
15現役自衛官が“海外派兵”強制を暴露
16新潟県知事不出馬はやはり原発ムラ圧力
17「暮しの手帖」に「政治的すぎ」と批判
18北朝鮮への先制攻撃論と悪夢のシナリオ
19奴隷労働を強いられるベトナム人留学生
20もんじゅ廃炉で原発ムラに新たな利権が
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」