>  >  > キムタク「両親と絶縁」は静香の影響

キムタクに「両親と絶縁」「実家が一家離散」の報道が! SMAPを裏切らせた妻・工藤静香がこの問題にも関係?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kimura_160114_top.jpg
キムタク「一家離散」報道の背景とは…

 SMAP独立騒動の裏切りで、いまやすっかり“ジャニーズの母”メリー喜多川副社長のお気に入りとなったキムタクだが、ここにきて、本当の両親との関係悪化がクローズアップされている。

 ジャニーズタブーのない、数少ないメディアのひとつである「週刊女性」(主婦と生活社)3月29日号が、20年間暮らした木村の実家が売りに出されていることを報じた上で、木村家が事実上の離散状態にあると書きたてたのだ。

「キムタクの両親はもう長いこと別居生活を送っています。母のまさ子さんは都内マンションに居を移し、そこから食育の講演で全国各地を回るなど精力的な活動を続けています。そして父の秀夫さんも別の戸建てに移り住み、盆栽などを扱う和風カフェをオープンさせています」(「週刊女性」に掲載された写真誌カメラマンのコメント)

 さらに、長男のキムタクも両親とほとんど顔をあわせることがなくなり、絶縁に近い状態だという。

 たしかに、キムタクと両親の関係が悪化しているという情報は以前から流れていた。昨年5月には、キムタクの父親である秀夫さんが「フライデー」(講談社)の取材に応じ、息子をこうこき下ろして話題になった。 

「彼に落ちるところまで落ちて欲しい。そしてもう一回、ドン底から這い上がってきたら本物だよ」「42歳にもなって、いつまでもキムタクのままではいられないだろうから。俺は飽きた(笑)」

 こうした“一家離散”“親子絶縁”の一つの原因は、母親がスピリチュアルにハマったためという見方が根強いが、一方で見逃せないのが工藤静香の存在だ。

 実際、工藤静香と結婚するまでは、キムタクは実家の両親や兄弟と非常に円満な関係を保っていた。一時は父親を社長にして独立しようとしたこともあるし、ジャニーズと交渉して父親が社長の個人事務所から写真集を出版したこともある。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 自民党ネトサポが「植松容疑者は正論」
2 小池百合子と橋下徹の危険な共通性!
3 香取慎吾がキムタクに激怒報道の裏側
4 石原慎太郎もネットも障がい者排除支持
5 さんま・中居SMAPトークのヤバい部分
6 百田尚樹『殉愛』の嘘が裁判所で認定! 
7 植松容疑者は新自由主主義政策と地続き
8 SMAPを殺したのはキムタク
9 酷すぎ!小池百合子も沖縄ヘイト発言
10 小池が安倍と手を組み改憲の扇動役に
11 キムタク最大のタブーとは?
12 浅田舞が真央との不仲は母のせいと告白
13 相模原事件容疑者は安倍、百田ファン?
14 小池百合子は“ネトサポ”の親玉だった
15 ホリエモンが障がい者差別発言?
16 雨宮塔子が子供捨てたバッシングに反論
17 林真理子がなんとキムタク批判!
18 小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
19 小池百合子は“女性の味方”じゃない!
20 小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
PR
PR
1石原慎太郎もネットも障がい者排除支持
2安倍政権の沖縄いじめがヒドい!
3米空軍機が沖縄で照明弾発射の暴挙も
4小池百合子は“女性の味方”じゃない!
5相模原事件容疑者は安倍、百田ファン?
6小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
7 林真理子が“夫のネトウヨ化”に嘆き節
8「与党2/3で改憲」発言の教師が謝罪
9小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
10雨宮塔子が子供捨てたバッシングに反論
11植松容疑者は新自由主主義政策と地続き
12自公が推す増田寛也と原発ムラ利権
13大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
14安倍応援団「東京五輪で人権制限を」
15自民党ネトサポが「植松容疑者は正論」
16改憲勢力2/3に直木賞作家が危機感!
17小池が安倍と手を組み改憲の扇動役に
18酷すぎ!小池百合子も沖縄ヘイト発言
19ポケモンGOで自民党とマスコミの姑息
20水原希子に日本のネトウヨがヘイト攻撃
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」