平成ノブシコブシ・徳井が家族への復讐目的で小説を発表! 父親の不倫、母親のアルコール依存まで暴露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
平成ノブシコブシ・徳井が家族への復讐目的で小説を発表! 父親の不倫、母親のアルコール依存まで暴露の画像1
吉本興行株式会社ホームページより


相方・吉村崇よりも「破天荒」な徳井健太の真の姿

 一見地味な雰囲気とは裏腹に、実は「破天荒」キャラの相方・吉村崇よりも「破天荒」であることが定着した感のある平成ノブシコブシの徳井健太。

 数千万円規模の借金をつくってまでギャンブルにのめり込むギャンブル狂であり、また、「本当は千葉県出身で北海道出身ではないこと」「結婚して子どもが生まれたこと」「両親が離婚したため一時期母方の苗字になっていた」といった大事なことを「聞かれなかったから」という理由ですべて相方に黙っていたなど、一般人の感覚とは乖離した彼の人柄を伝えるエピソードは数多い。

 そんな経緯から「サイコ」とのあだ名がつき、徳井のことをもっとも理解しているであろう相方の吉村にも「相方は非常に難しい人なんです。あまのじゃくで、例えば、一緒に戦っていたはずなのに、なぜか相方に刺されたりする。サイコロみたいで、いまだに何の数字が出るか読めないんですよ」(「月刊ザテレビジョン」2011年11月号/KADOKAWA)と言わしめる徳井だが、そんな彼の両親もまた、徳井並み、もしくはそれ以上に癖のある人物であることはよく知られている。

 14年9月に放送された『オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』(MBSラジオ)のなかで徳井は、冷蔵庫に入っていたウインナーを冷たいまま温かいご飯に突き刺して食卓に並べる不思議なおふくろの味エピソードを語ったり(ウインナーを茹でたりレンジに入れるのが面倒なので、お米の温かさでウインナーを温めようとしていたらしい)、父がギャンブルでこしらえた借金により自己破産したことがあるといった話を披露していた。とはいえ、メディア上で家族をネタにしていることが伝わると父が激怒するとのことで、詳細までは明かされてこなかった。

 ムック本『文藝芸人』(文藝春秋)に徳井が寄稿した短編小説『団地花』では、そんな自身の家族のことが赤裸々に綴られている。

「自伝的家族崩壊小説」というキャッチフレーズが打たれ、〈幼い頃から感じていた家族への違和感をいつか小説にしたいと思っていた〉との徳井自身のコメントがついている『団地花』という作品。小説である以上、もちろんある程度の脚色は含まれているだろうが、前述したような家族エピソードを踏まえたうえで読み進めると、何ともリアルな描写に溢れているのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

平成ノブシコブシ・徳井が家族への復讐目的で小説を発表! 父親の不倫、母親のアルコール依存まで暴露のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。平成ノブシコブシ徳井健太新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
2 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
3 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
4 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
5 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
6 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
7 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
8 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
9 日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
10 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
11 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
12 『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
15 愛川欽也が「安倍に殺される」と
16 パワハラ休職した社員にさらなるパワハラ
17 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
18 東京五輪ボランティアがブラックすぎ
19 安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
20 山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5安倍の加計との面会否定が信じられない理由
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
8NHK岩田、櫻井よしこが「良い独裁もある」
9安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
10麻生「改ざんは個人の問題」は鬼畜発言
11 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
12のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
13日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
14星田、村本、博士がデモ批判に反論
15山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
16安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19自衛隊関連組織が日本会議の改憲署名に協力
20柳瀬秘書官の参考人招致は嘘と詭弁だらけ