【終戦記念日特別企画】日本の加害責任を検証するアンコール特集 その4

村上春樹が長編小説『騎士団長殺し』とエッセイ『猫を棄てる』に込めた歴史修正主義との対決姿勢! 父親の戦中の凄惨な中国人虐殺の記憶を…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
村上春樹が長編小説『騎士団長殺し』とエッセイ『猫を棄てる』に込めた歴史修正主義との対決姿勢! 父親の戦中の凄惨な中国人虐殺の記憶を…の画像1
村上春樹『猫を棄てる』(文藝春秋刊)/pre>

 75年の節目を迎えた今年の終戦記念日、リテラ が日本の加害責任を改めて問う企画をお届けしているのは、歴史修正主義の跋扈によって、日本軍の戦争犯罪がなかったことにされ、メディアの戦争回顧企画も日本人兵士が国のために命を散らした美談や日本人が辛苦に耐えたが苦労話ばかりが目立つようになったからだ。

 しかし、そんななかで、逆に意外な人物が日本の戦争犯罪を真正面からとらえ、歴史修正主義と対決する姿勢を示すようになった。それは、小説家の村上春樹だ。

 2018年に発表した長編小説『騎士団長殺し』では、南京大虐殺について「打ち消しがたい事実」と書き、日本兵による中国人捕虜の虐殺場面を生々しく描いた。そして、今年、出版した『猫を棄てる──父親について語るとき』(文藝春秋)では、父親の語った「中国人捕虜の斬殺」の体験を綴り、その記憶を次の世代につないでいくことの重要性を説いていた。

 本サイトは『猫を棄てる』出版のすこしあと、村上がなぜ日本の戦争犯罪に向き合うようになったのか、その理由と覚悟を考察する記事を掲載した。そして同時にその主張がほとんどメディアで取り上げられていない不可解さについても指摘した。ここに記事を再録するので、ぜひ読んでほしい。
(編集部)

…………………………………………………………………………………………………………

 村上春樹が4月下旬に出した異例のエッセイ『猫を棄てる──父親について語るとき』(文藝春秋)が話題をよんでいる。エッセイは1年ほど前「文藝春秋」(文藝春秋)2019年6月号に発表したものだが、何が異例かというと父親との思い出について綴られていることだ。

 周知のとおり、これまで村上春樹は、父親が国語教師であることなど断片的に触れることはあったものの、自身の育った家族についてほとんど語ってことはなかった。それは、村上が日本文学特有の「私小説」的なウェットさと距離を置いてきた作家であることも関係しているだろう。

にもかかわらず、ここにきて日本文学の典型的な主題である「父親」を正面から描く文章を発表したことは、驚きをもって迎えられたのである。

 なぜ村上春樹は自身の文学スタイルを崩してまで、いま、父親について書いたのか。『猫を棄てる』を読み始めると、その理由はすぐにわかる。

 それは、いま日本社会に蔓延る歴史修正主義に抵抗するためだ。

『猫を棄てる』は、冒頭こそ少年時代の村上春樹と父との思い出のひとコマが描かれるが、そのほとんどは父の戦時中の軍歴を紹介することに費やされている。

 村上春樹の父は1917年に京都にある安養寺というお寺の次男として生まれた。その後、1936年に旧制東山中学校を卒業し、18歳で西山専門学校に入る。寺の息子として、僧侶の勉強をすることになっていたのである。

 本来であれば学校を卒業するまでの4年間は徴兵猶予を受ける権利があったのだが、事務手続きを忘れていたために徴兵されてしまう。

 父は第十六師団(伏見師団)に所属する輜重兵第十六連隊に属し、1938年に特務二等兵として中国へ送られる。まともな補給もない環境での戦いを父はなんとか生き延びるが、そんな戦地で目にした残酷な出来事を一度だけ息子に向けて語ったことがあるという。それは、初年兵に度胸をつけさせるため中国人捕虜を軍刀で殺させている光景の記憶だった。

〈中国兵は、自分が殺されるとわかっていても、騒ぎもせず、恐がりもせず、ただじっと目を閉じて静かにそこに座っていた。そして斬首された。実に見上げた態度だった、と父は言った。彼は斬殺されたその中国兵に対する敬意を──おそらく死ぬときまで──深く抱き続けていたようだった。
 同じ部隊の仲間の兵士が処刑を執行するのをただそばで見せられていたのか、あるいはもっと深く関与させられたのか、そのへんのところはわからない。〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

村上春樹が長編小説『騎士団長殺し』とエッセイ『猫を棄てる』に込めた歴史修正主義との対決姿勢! 父親の戦中の凄惨な中国人虐殺の記憶を…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。戦争責任村上春樹歴史修正猫を棄てる酒井まど騎士団長殺しの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
2 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
4 マキタスポーツ「安倍は何の魅力もない」
5 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
6 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 国会審議で「総理は嘘つき」が“侮辱罪”にあたる可能性を政府は否定せず
9 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
10 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
11 ゼレンスキー大統領を非難する日本のネトウヨの言い分がプーチンとそっくり!
12 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
13 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
14 吉村知事肝いりの大規模入院施設の利用率が最大7%で閉鎖
15 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
16 ミスチル新曲に小林武史への憎悪が?
17 【2020年読まれた記事】菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
18 蓮舫“二重国籍”報道は卑劣な差別攻撃だ!
19 大阪のオミクロン死者急増も松井市長はウザ絡みに夢中、水道橋博士に訴訟恫喝
20 乙武洋匡の本質をマツコが見抜いていた
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
4古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
5維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄