三浦瑠麗のアマプラCMは削除されたが…amazonもうひとつの気になるCM! 物流センター潜入取材ルポが暴いた実態とは大違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
三浦瑠麗のアマプラCMは削除されたが…amazonもうひとつの気になるCM! 物流センター潜入取材ルポが暴いた実態とは大違いの画像1
『潜入ルポamazon帝国』


 国際政治学者・三浦瑠麗氏のアマゾンプライムビデオのCM出演は、ネットで批判の声が高まりアマプラ解約運動に発展。アマゾンプライムビデオのYouTubeの公式チャンネルから三浦氏のCM動画が削除される事態となった。

 しかし、アマゾンのCM ではもうひとつ気になるものがある。それは例のアマゾンの巨大物流センターで働く人たちの姿を伝える「Amazonではたらくということ」シリーズだ。CMでは、メンテナンスチームのマネージャーをつとめる男性と、入荷担当の補助をやっている77歳の男性が登場。2人が働いている姿を映した映像とインタビュー音声が流れる。

 メンテナンスチームマネージャーは「娘はAmazonがパパの働いてくれる会社だということで誇りに思ってくれている」とほっこりするエピソードを披露、「Amazonでは自分自身の成長とチームメンバーの成長過程を一緒に見られるので、私は非常に楽しく会社生活を送っています」と胸を張り、77 歳の男性は若いスタッフたちとなかよく談笑しながら、「私がこの年齢で現在社会の一員として貢献しているように思います」「Amazonのおかげで毎日が充実しています」とインタビューに答える。

 いずれも楽しそうでアットホームな職場というイメージがするCMだが、しかし、これに「本当か」というツッコミの声があがっているのだ。

 というのも、アマゾンの物流センターの仕事といえば、私語は一切禁じられ、秒単位で管理され、機械のように働かされることで有名だからだ。

 ユニクロにアルバイトとして1年にわたり潜入取材してそのブラック労働をレポートしたジャーナリストの横田増生氏も2度にわたってAmazonの物流センターに潜入。その異様な労働実態をレポートしている。

 本サイトでは、2019年10月、2度目のアマゾン潜入後、『潜入ルポamazon帝国』(小学館)を上梓した横田氏にインタビュー。以前にも増して非人間的になっていたアマゾンの労働現場の生の話を聞いた。

 この記事を再録するので、いま、流されているアマゾンのCM とのギャップをぜひ感じ取ってほしい。
(編集部)

………………………………………………………………………………………

 2年前、大きな反響を呼んだ『ユニクロ潜入一年』(文藝春秋)。同書はジャーナリストの横田増生氏が巨大アパレル企業「ユニクロ」にアルバイトとして1年にわたり潜入し、その過酷な労働状況、ブラックな企業体質をあぶり出した渾身のルポだった。しかも、前著『ユニクロ帝国の光と影』(文藝春秋)を巡って、ユニクロに2億円を超す巨額訴訟を起こされても全く怯むことなく、法廷闘争の末に全面勝訴した後で、潜入取材を敢行している。

まさに体を張ったジャーナリストのお手本のような人物だが、その横田氏が今度は世界的流通企業アマゾンに潜入、『潜入ルポamazon帝国』(小学館)を上梓した。

 実は横田氏は、今から15年前にもアマゾンの物流センターに半年に渡りアルバイトとして入り、その体験をもとに『アマゾン・ドット・コムの光と影』(情報センター出版局 文庫時に『潜入ルポ アマゾン・ドット・コムの光と影』に改題)を出版している。

 前著でも、当時のアマゾンの雇用への姿勢、日本が直面する格差問題、そして旧来の出版流通や再販制度など、多くの問題があぶり出されていたが、再びアマゾンに潜入したというわけだ。この15年間でアマゾンに何が起こり、そして何が変わったのか。そしてアマゾンの実態とは。再びアマゾンに挑んだジャーナリストの横田氏に直撃インタビューした。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

三浦瑠麗のアマプラCMは削除されたが…amazonもうひとつの気になるCM! 物流センター潜入取材ルポが暴いた実態とは大違いのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。amazonアマゾン三浦瑠麗横田増生潜入ルポamazon帝国編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 岸防衛相の“逆ギレ”に兄・安倍晋三が同調し「朝日毎日は妨害愉快犯」
2 病床を削減した病院に消費税でご褒美…病床削減推進の改正医療法が成立か
3 菅首相の7月高齢者接種完了宣言の裏で総務省が自治体に「完了すると言え」
4 東京五輪学徒動員”に向け、緊急事態宣言中に教員770人が会場を“集団下見”
5 高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
6 大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
7 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
8 松坂桃李、GLAYもランクイン「芸能人よく言った大賞」後編!
9 入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
10 東京五輪ボランティアと同種の仕事に「時給1600円」疑惑を組織委に直撃
11 SMAPファンがジャニーズの嘘を暴露
12 北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
13 大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
14 宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
15 自民党がネトサポに他党叩きを指南
16 『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
17 菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
18 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
19 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
20 菅首相が「休んでいる看護師がいるから五輪に500人」妄言の直前に…
1大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
2コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
3東京五輪学徒動員”に向け、緊急事態宣言中に教員770人が会場を“集団下見”
4大阪維新・府議の「感染、即入院」はなぜ報じられない?
5 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
6宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
7『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
8北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
9岸防衛相の“逆ギレ”に兄・安倍晋三が同調し「朝日毎日は妨害愉快犯」
10菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
11内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
12高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
13池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
14病床を削減した病院に消費税でご褒美…病床削減推進の改正医療法が成立か
15西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
16菅首相の7月高齢者接種完了宣言の裏で総務省が自治体に「完了すると言え」
17入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄