三浦瑠麗のアマプラCMは削除されたが…amazonもうひとつの気になるCM! 物流センター潜入取材ルポが暴いた実態とは大違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
三浦瑠麗のアマプラCMは削除されたが…amazonもうひとつの気になるCM! 物流センター潜入取材ルポが暴いた実態とは大違いの画像1
『潜入ルポamazon帝国』


 国際政治学者・三浦瑠麗氏のアマゾンプライムビデオのCM出演は、ネットで批判の声が高まりアマプラ解約運動に発展。アマゾンプライムビデオのYouTubeの公式チャンネルから三浦氏のCM動画が削除される事態となった。

 しかし、アマゾンのCM ではもうひとつ気になるものがある。それは例のアマゾンの巨大物流センターで働く人たちの姿を伝える「Amazonではたらくということ」シリーズだ。CMでは、メンテナンスチームのマネージャーをつとめる男性と、入荷担当の補助をやっている77歳の男性が登場。2人が働いている姿を映した映像とインタビュー音声が流れる。

 メンテナンスチームマネージャーは「娘はAmazonがパパの働いてくれる会社だということで誇りに思ってくれている」とほっこりするエピソードを披露、「Amazonでは自分自身の成長とチームメンバーの成長過程を一緒に見られるので、私は非常に楽しく会社生活を送っています」と胸を張り、77 歳の男性は若いスタッフたちとなかよく談笑しながら、「私がこの年齢で現在社会の一員として貢献しているように思います」「Amazonのおかげで毎日が充実しています」とインタビューに答える。

 いずれも楽しそうでアットホームな職場というイメージがするCMだが、しかし、これに「本当か」というツッコミの声があがっているのだ。

 というのも、アマゾンの物流センターの仕事といえば、私語は一切禁じられ、秒単位で管理され、機械のように働かされることで有名だからだ。

 ユニクロにアルバイトとして1年にわたり潜入取材してそのブラック労働をレポートしたジャーナリストの横田増生氏も2度にわたってAmazonの物流センターに潜入。その異様な労働実態をレポートしている。

 本サイトでは、2019年10月、2度目のアマゾン潜入後、『潜入ルポamazon帝国』(小学館)を上梓した横田氏にインタビュー。以前にも増して非人間的になっていたアマゾンの労働現場の生の話を聞いた。

 この記事を再録するので、いま、流されているアマゾンのCM とのギャップをぜひ感じ取ってほしい。
(編集部)

………………………………………………………………………………………

 2年前、大きな反響を呼んだ『ユニクロ潜入一年』(文藝春秋)。同書はジャーナリストの横田増生氏が巨大アパレル企業「ユニクロ」にアルバイトとして1年にわたり潜入し、その過酷な労働状況、ブラックな企業体質をあぶり出した渾身のルポだった。しかも、前著『ユニクロ帝国の光と影』(文藝春秋)を巡って、ユニクロに2億円を超す巨額訴訟を起こされても全く怯むことなく、法廷闘争の末に全面勝訴した後で、潜入取材を敢行している。

まさに体を張ったジャーナリストのお手本のような人物だが、その横田氏が今度は世界的流通企業アマゾンに潜入、『潜入ルポamazon帝国』(小学館)を上梓した。

 実は横田氏は、今から15年前にもアマゾンの物流センターに半年に渡りアルバイトとして入り、その体験をもとに『アマゾン・ドット・コムの光と影』(情報センター出版局 文庫時に『潜入ルポ アマゾン・ドット・コムの光と影』に改題)を出版している。

 前著でも、当時のアマゾンの雇用への姿勢、日本が直面する格差問題、そして旧来の出版流通や再販制度など、多くの問題があぶり出されていたが、再びアマゾンに潜入したというわけだ。この15年間でアマゾンに何が起こり、そして何が変わったのか。そしてアマゾンの実態とは。再びアマゾンに挑んだジャーナリストの横田氏に直撃インタビューした。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

三浦瑠麗のアマプラCMは削除されたが…amazonもうひとつの気になるCM! 物流センター潜入取材ルポが暴いた実態とは大違いのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。amazonアマゾン三浦瑠麗横田増生潜入ルポamazon帝国編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 東京は濃厚接触者も検査できない!それでも西村康稔は「直ちに検査を」
2 スポーツ選手に五輪問題を問うのは誹謗中傷でない!有森裕子、平尾剛の発言
3 「救急搬送困難」続出で菅首相が「重症・重症化リスク以外は入院させない」の棄民方針!
4 福島で甲状腺がんがさらに増加も黙殺
5 安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
6 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
7 病床を削減した病院に消費税でご褒美…病床削減推進の改正医療法が成立か
8 検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
9 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
10 感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
11 葵つかさが「松潤とは終わった」と
12 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
13 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
14 『NEWS23』星浩は集団的自衛権容認派
15 川島なお美が近藤誠の診断を告発
16 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
17 五輪関係者が入国当日、築地を散歩! 
18 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
19 林真理子がなんとキムタク批判!
20 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
1検察審査会「不起訴不当」は当然!桜前夜祭の損失補填に安倍本人関与の根拠
2大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
3 スポーツ選手に五輪問題を問うのは誹謗中傷でない!有森裕子、平尾剛の発言
4「救急搬送困難」続出で菅首相が「重症・重症化リスク以外は入院させない」の棄民方針!
5安倍晋三が「東京五輪」語るも、1年延期の理由は大嘘 歴史改ざん
6五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
7菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
8感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
9五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
10五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
11五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
12感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
13五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
14東京は濃厚接触者も検査できない!それでも西村康稔は「直ちに検査を」
15組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
16感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
17五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄