安倍首相が「休業補償は世界に例がない」「わが国の支援は世界で最も手厚い」と強弁! その嘘を改めて徹底検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
安倍首相が「休業補償は世界に例がない」「わが国の支援は世界で最も手厚い」と強弁! その嘘を改めて徹底検証の画像1
首相官邸HPより


「休業要請と補償はセットで」という国民の声を無視し続けている上、星野源の「うちで踊ろう」を使って自宅で優雅に過ごす動画を投稿し、「何様のつもり」「貴族か!」「ルイ16世か!」と大顰蹙を買ったばかりの安倍首相。SNSには安倍首相に対する怒りだけではなく、補償を求める切実な声も多く寄せられたが、しかし、安倍首相はそうした声に耳を傾けるどころか、驚くようなことを口にしはじめた。

 NHKニュースの報道によると、13日におこなわれた自民党の役員会で、安倍首相はこう述べたという。

「さまざまな支援を用意したが、補正予算案の成立を急ぐことで準備を加速させたい。休業に対して補償を行っている国は世界に例がなく、わが国の支援は世界で最も手厚い」

 休業補償をおこなっている国は世界に例がない……? おいおい、ちょっと待て。イギリスでは業種を問わず、外出禁止によって休業に追い込まれた労働者、自営業者の所得の8割、上限約33万円を当面3カ月補償しているし、フランスは〈商店や零細企業で「一時帰休」となった従業員に対し、給与を手取り分で84%補償〉(東京新聞12日付)しているという。これにかぎらず、欧米ではさまざまな休業補償策が打ち出されていることは多くのメディアが伝えていることだ。しかし、安倍首相は「休業補償している国は世界に例がない」などと言い張っているのである。

 だが、こういうことを主張しているのは、安倍首相だけではない。西村康稔コロナ担当相も、12日に出演したNHK『日曜討論』で「事業者に対する損失補填とか休業補償の枠組みは、諸外国、我々もすべて当たりましたけども、そういう仕組みを取っているところは見当たりません」と発言。翌13日におこなわれた参院決算委員会でも、「諸外国の例を見ても事業者に対する休業補償をやっている例は見当たらない」と答弁している。

 さらに、本日14日放送の『ひるおび!』(TBS)では、“安倍官邸の代弁者”である田崎史郎氏が「休業補償をやっていくと際限がなくなる。それがわかっているから世界各国どこも休業補償っていうのはやっていない」と発言。……ようするに、どうやら安倍官邸は「休業補償はどこの国もやっていない。だから日本もしない」ということを主張していく作戦をとりはじめたようなのだ。

 しかも、姑息なのは、西村コロナ担当相は安倍首相とは微妙に違い、「事業者に対する」休業補償を実施している例は諸外国にも見当たらない、と主張している点だ。

 だが、これもとんだデタラメだ。ドイツでは5人以下の事業所および個人事業主やフリーランスの人たちに約108万円、10人までの事業所で約180万円を一括支給。前述したイギリスの給与補償には個人事業主も含まれ、所得の8割を国が補償している。つまり、「事業者に対する休業補償は諸外国にも例がない」というのは虚偽答弁ではないか。

 言うまでもなく、いまは感染拡大によって国民の命が脅かされるという本当の「国難」が到来している。ほんとうに国民の命を守る気があるなら「やれることはすべてやる」というリーダーシップを発揮するときだが、この国の総理大臣はこの期に及んでも「休業補償している国は世界に例がない」などとデタラメな言い訳を並べ立てているのである。

 いや、このデタラメな言い訳も醜いものだが、もっと酷いのは、「わが国の支援は世界で最も手厚い」という台詞のほうだ。

 この国の支援策は、そのほとんどが融資だの貸付だの猶予であって、「金は貸してやる」「税金の支払いは待ってやる」というもの。いったいこれのどこが手厚いのか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安倍首相が「休業補償は世界に例がない」「わが国の支援は世界で最も手厚い」と強弁! その嘘を改めて徹底検証のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。休業補償安倍晋三新型コロナ緊急事態宣言編集部西村康稔雇用調整助成金の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
2 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
3 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
4 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
5 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 恩知らずはメリー! 飯島マネの功績
8 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
9 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
10 自民党がネトサポに他党叩きを指南
11 未成年飲酒疑惑の手越が日テレW杯番組に
12 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
13 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
14 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
15 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
16 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
17 窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
18 新国立競技場はザハ案のパクリだった!
19 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
20 農家の安倍内閣支持率が18%に激減
1官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
3検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
4松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
5三浦瑠麗の〈#検察庁法改正案に抗議します〉攻撃の間違いを徹底検証
6安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
7検察庁法改正で松尾元検事総長が安倍首相を「中世の亡霊」と批判!
8安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
9検察庁法改正が抗議の声を無視し強行採決へ! 安倍首相は嘘八百会見
10黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
11 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
12検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
13内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
14河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
15田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
16テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
17 百田尚樹と対照的! 橋本愛が「文化・芸術は死んだ心を生き返らせる」
18検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
19木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
20岡村隆史問題で松本人志の逃げ方、古市憲寿のスリカエがひどい
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄