葵つかさが「松本潤とは終わりました」…松潤のキチク行為の数々、被害者である葵叩きを助長した芸能マスコミ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
葵つかさが「松本潤とは終わりました」…松潤のキチク行為の数々、被害者である葵叩きを助長した芸能マスコミの画像1
葵を性奴隷のように扱った松潤

葵つかさが松本潤とは終わったと「週刊文春」記者に告白

 昨年末に報じられ大きな衝撃を与えた、嵐の松本潤がAV女優の葵つかさと4年にもわたって浮気をしていた件。周知の通り、松本は井上真央と長年交際しており、これは葵にも井上にも手酷い裏切りと言わざるを得ない。


「週刊文春」(文藝春秋)2017年3月30日号では、いまだに井上と葵どちらにも煮え切れない態度を取りながら、六本木の風呂付き居酒屋で深夜までCAとの個室合コンに興じていたという、不誠実極まりない報道がなされていたのも記憶に新しい。

 そんななか、当事者である葵が、今日発売の「週刊文春」17年5月4日・11日号で文春記者からの直撃を受け、松本とのその後について口を開いた。

 この二股スキャンダルは昨年12月28日に発売された「週刊文春」2017年1月5日・12日号で明るみになったわけだが、その記事が出た後、葵のもとに松本からメールで連絡が来ていたらしい。しかし、葵はこの関係について心のなかできっぱりと精算しているようで「もう連絡しないようにしてるんで」とシャットアウト。そして、「(松本とは)別れたということですか?」という記者の質問に「まあ、そうですね」と返していた。

 この騒動についてはこれで一応決着を見たというかたちなのだろうが、それにしても今回の騒動を振り返ると、葵に対する松本の行為はもちろん、芸能マスコミやネット世論もあまりに理不尽なものだった。

 そもそもの、松本の二股の仕方もひどい。「週刊文春」2017年1月5日・12日号の記事によれば、2人の出会いは4年前、中村勘三郎の通夜の席だった。「歌舞伎関係者が大勢いる中で、彼がつかさにこっそり携帯電の番号を聞いてきた」(葵の知人女性)のだという。松本は勘三郎の息子・七之助と親友ということで通夜に参列、ジャニーズには珍しくカコミ取材にも神妙な様子で対応していたが、その裏でちゃっかりナンパしていたというのだから不謹慎極まりない。

 しかも井上との付き合いは05年のドラマ『花より男子』(TBS)からなので、始めから二股をかけるつもりで声をかけたのは明白だ。

 とはいえ、こんなのはまだ序の口。松本は葵を「性奴隷」扱いしていたのだ。たとえば、交際が始まった当初、葵は松本と井上の関係を知らなかったが、後にネットの情報などで知り、一度だけ松本に井上の存在を問い質したという。そのとき、松本から返ってきたのはこんな言葉だった。

「それ以上、彼女のことを言ったら殺すよ」

 また、2人はいつも松本が彼女を呼び出すかたちで逢瀬を続けていたというが、昨年3月、煮え切らない彼の態度にだんだんと関係が怪しくなり、葵の方から「タクシー代くらい欲しい」と告げると、松本はこう返したという。

「お金を払うような関係じゃないよね?」

 この言葉を聞いて、葵は逆に「大事にされている」と嬉しく感じたというのだから、この関係がどれだけ泥沼化していたのかを伺い知ることができるが、それはともかくとして、タクシー代すら出し渋るとは国民的アイドルグループのメンバーらしからぬ態度である。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

葵つかさが「松本潤とは終わりました」…松潤のキチク行為の数々、被害者である葵叩きを助長した芸能マスコミのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ松本潤編集部葵つかさ週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
2 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
3 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
4 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
5 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
6 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
7 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
8 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
9 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
12 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
13 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
14 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
15 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
16 田崎とケントに自民党からカネが!
17 安倍政権がコロナ対応よりも言論弾圧に必死!標的は『モーニングショー』
18 ヤマダ電機ブラック批判がタブーに!?
19 麻生太郎が愛人の店に2360万円
20 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4感染者560人! 吉村知事の「感染拡大が抑えられている」に非難殺到
5菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
6吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
7菅義偉首相の言い訳がホラー「専門家が年末年始に感染者が少なくなると」
8特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
9安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
10菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
11 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
12蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
13 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄