櫻井翔の歴代彼女は…暴露本が明かした嵐メンバーの意外な恋愛事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
arashi_01_150416.jpg
モテモテ嵐の5人だが…大野くんの“アレ”は?


 今月17日に発売された、嵐の暴露本『嵐、ブレイク前夜』(主婦と生活社)。嵐の“元側近”とされる人物が嵐の知られざる素顔を明かし、ファンに動揺を与えている。本サイトでも先日、本書で描かれている嵐の不仲ぶりを紹介したが、ファンからは「知りたくなかった……」「本を読んで嵐の本当の姿を確かめたくなった」という声が聞かれた。

 だが、ファンにとってもっとも気になるのが、メンバーの恋愛事情だろう。じつはこの本では、メンバーの恋愛エピソードから女性の嗜好まで、事細かに公開されているのだ。

 たとえば、「嵐でいちばんというくらい女の子に興味がある」といわれるのが、二宮和也。8枚目のシングル「ナイスな心意気」のPV撮影現場ではエキストラの女の子をスタッフを通じてナンパしようとしたり、ティーンのころにアイドルタレントと交際し、メールのタイトルに付けた「♥」マークを返信するたびに増やしたりと、かなりのマメさ。コンサートで披露する自作詞のソロ曲などは「聴く人が聴けばわかってしまう」ほど、そのとき付き合っている彼女への思いを綴っていたらしい。

 ただ、よほどの肉食なのか、「国民的アイドルグループのエースと付き合ったあと、その子に別のメンバーを紹介してとお願い」したこともあるという。当時の国民的アイドルグループといえばモーニング娘。以外には考えられないし、実際、二宮と後藤真希の2ショット写真が流出したこともある。この後藤と思しき元カノは、当然、二宮の依頼を断ったというが、あまりにデリカシーがなさすぎる話ではある。ちなみに二宮が紹介してほしかったというメンバーは「グループのなかでも、『お嬢さま』系」。「本人も親も恋愛に対して堅い考えをしている」というのが、紹介を断られた理由であるらしい。

 一方、本書では「美脚で知られるアイドル女優と仲よくなったとき」のエピソードにも触れられている。これは明らかに長澤まさみのことを指していると思われるが、二宮はこんな愚痴をこぼしていたという。

「なんか、俺の名前をいつも間違えるんだよね、向こうが」

 二宮によると、彼女は「成宮くん、……あ、二宮くん」と言い直していたという。長澤は映画『深呼吸の必要』で成宮寛貴と共演しているが、まさかトップアイドルのニノに対して名前を言い間違えるとは。長澤まさみ、恐るべしである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

嵐、ブレイク前夜

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

櫻井翔の歴代彼女は…暴露本が明かした嵐メンバーの意外な恋愛事情のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ暴露本本田コッペ櫻井翔の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
2 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
3 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
4 五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
5 川島なお美が近藤誠の診断を告発
6 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
7 岩井俊二監督がクールジャパンに苦言
8 百田、上念、有本、WiLL…安倍応援団の小川榮太郎切りが醜悪!
9 佐々木宏問題の本題はMIKIKO先生の排除 でもワイドショーは
10 NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
11 椎名林檎が“日本会議の巣窟”で講演
12 『報ステ』新キャスターの大越健介に安倍の圧力で『NW9』を追われた過去
13 東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
14 青木理『モーニングショー』降板 政権批判コメンテーターを排除か
15 自民党がネトサポに他党叩きを指南
16 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
17 葵つかさが「松潤とは終わった」と
18 大坂なおみが日清ホワイトウォッシュを「気にしてない」は誤報道
19 きゃりーぱみゅぱみゅ、ロンブー淳、フット岩尾らがオリンピックに疑問!
20 南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
1大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2五輪関係者が入国当日、築地を散歩! 
3聖火お披露目式で手話通訳が小池百合子らのテントには入れず雨に濡れ
4 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
5東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
6五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
7 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
8それでも謝罪しない…河野太郎がワクチン問題でついた嘘と”知の崩壊“発言
9五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
10南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
11五輪でIOCラウンジ以外にVIPルーム、広告代理店は物品購入でも15%上乗せ
12五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
13きゃりーぱみゅぱみゅ、ロンブー淳、フット岩尾らがオリンピックに疑問!
14NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
15組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄