櫻井翔の歴代彼女は…暴露本が明かした嵐メンバーの意外な恋愛事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 また、前出の後藤真希もそうだが、プライベートの写真が流出することはよくあること。だが、なぜそうした写真が外部に漏れるのか、その理由についても本書では言及。二宮の場合、「この間、地元に帰ったときに不良の先輩に絡まれて、携帯盗られたんだよね。カノジョとの写真とか入ってるんだ」とスタッフに話したことがあったという。「その写真が売られ、雑誌に記事が出てしまった」と書かれているが、これは2003年に「BUBKA」(コアマガジン)に掲載された、椎名法子との写メ流出の件のことかと思われる。

 二宮と同様に写真が流出し、痛い目に遭ったのは相葉雅紀だ。20代前半のころ、ティーン雑誌のモデルと別れたあとに「秘密のはずの写真が雑誌に流出してしまった」のだ。これは、やはり二宮と同じく「BUBKA」に掲載された、モデルの山野ゆりとの写真のことだと思われるが、たしかにその中身は2人で指輪を見せながら「けっこんしました。」と書いたプリクラだったり、半裸でキスをしている写真だったりと、かなりハードなもの。もしも現在、同じような写真が流出すれば、ファンへの打撃はかなり大きいはずだ。

 うかつにもこのような写真を撮ってしまうことからも窺い知れるが、相葉も二宮同様、「けっこう恋愛体質」。しかも勉強家でもあるようで、あるとき、相葉が事務所の車に置き忘れた本のカバーを外すと、その本はAV男優・加藤鷹が書いた恋愛マニュアル本だったという。しかも「かなり真剣に読んでいた」らしく、「気に入ったページにつめ折までして」あったという。よりにもよって数多ある恋愛マニュアル本のなかから鷹さんの本をチョイスするとは、きっとセックス方面の勉強も兼ねていたのだろう。ちなみに、スタッフが相葉に本を忘れていることを伝えると、「絶対、捨てないで~」と返事が返ってきたという。

 そんな素朴(!?)な相葉と対照的なのが、松本潤。10代のころから金子賢や広末涼子といった芸能人が出入りする西麻布の会員制の店にも通っていたという松本は、「スタイリッシュ志向ということで、キレイなお姉さんが好き。あと、共演者に惚れっぽいという傾向もある」のだとか。「そんな条件に合う大物女優と交際していたとき」には、ジャニーズ事務所の副社長で次期後継者である藤島ジュリー景子からも、「あんた、バレるんじゃないわよ」と釘を刺されていたという。このとき、松本は「大丈夫、家でしか会ってないから」と答えていたというが、昨年、現在交際中の井上真央とフライデーされたときには、普通に焼肉店で密会。いまはタガが緩んでしまったのか、バレてもいいと思っているのか、どちらなのだろうか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

嵐、ブレイク前夜

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

櫻井翔の歴代彼女は…暴露本が明かした嵐メンバーの意外な恋愛事情のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ暴露本本田コッペ櫻井翔の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
2 大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
3 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
4 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
5 ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
6 持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
7 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 安倍が横田早紀江さんを無視している
10 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
11 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
12 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
13 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
14 西原理恵子が高須院長とヘイトデモ応援
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
17 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
18 大村知事に杉田水脈や維新の松井・吉村が「表現の自由制限論」展開
19 日本のコロナ政策への批判チェックに24億円!
20 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
1 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
2安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
3持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
4安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
5松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
6安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
7 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
8吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
9内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
10大村知事リコールに高須克弥、百田尚樹、有本香らが勢揃い…
11安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
12持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
13NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
14検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
15テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
16吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
17ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
18木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
20箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄