トム・クルーズやトラボルタもハマる宗教「サイエントロジー」の恐るべきカルト性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
Scientology_150303.jpg
サイエントロジーの教会の公式ウェブサイトより


 サイエントロジーとは、SF作家L・ロン・ハバードが創始した宗教団体だ。その発端は彼が1950年に発表した『ダイアネティックス』なる一種の心理療法とその書籍。近代精神医学によらず心を解放させようという、宗教よりも自己啓発に近いものだった。しかしハバードとダイアネティクス実践者はすぐに宗教団体としての「サイエントロジー教会」を設立。その他多くの自己啓発・スピリチュアリティ活動と異なり、強固に先鋭化した組織を形成していったのである。

 勧誘に熱心なことでも知られ、特にセレブリティの入会には力を入れている。その中で最も有名なのはトム・クルーズだろう。彼自身もしばしばサイエントロジーの宣伝に携わっている。他にも初期から入会していたジョン・トラボルタ、カースティ・アレイ、エリカ・クリステンセンなどなど……信仰を公言しているハリウッド・スターは数多い。

 欧米を中心に、サイエントロジー教会はまたたくうちに勢力を拡大していった。熱心な勧誘も要因の一つだろうが、従来の宗教団体からみて特殊なポジションにあることも大きく関わっているだろう。彼らの主張では、人間には肉体と心の他、セイタンという要素があり、それをEメーターなる機械によって測る(オーディティング)ことが出来る。日々の修行によってセイタンのレベルを上げ、精神を解放していくのが重要であると説く。修行の度合いによって教会でのOT(オペレーティング・セイタン)という階層が上がっていき、上位のものだけに明かされる秘儀もある。

 教祖が元SF作家ならではの一見「科学的」な装い、精神を解放し本当の自分を発見するという「自己啓発」、近代精神医学を否定したオルタナティブとしての「精神探求」、その根拠として説明されるセイタンなどの「スピリチュアリティ」など、まさに現代人にウケる要素が揃っている。普通こういった活動団体は、かなり外に開かれた「ユルい」ものが多い。しかしサイエントロジーの場合、堅固な組織づくりと密教めいた秘密主義といった「ラディカルな宗教性」も同時に併せ持っているのが特徴的だ。

 このような仕組みが、伝統宗教の力が弱まった欧米社会において、多くの人々の心を捉えたのだろうが……。それが同時に、欧米では「カルト」として批判されることの多い理由であるかもしれない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ハリウッド・スターはなぜこの宗教にはまるのか/ジョン・スウィーニー/栗原泉

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

トム・クルーズやトラボルタもハマる宗教「サイエントロジー」の恐るべきカルト性のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジョン・トラボルタスピリチュアルトム・クルーズ吉田悠軌宗教の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
2 伊藤詩織氏がはすみとしこ氏を提訴!安倍親衛隊議員の責任
3 橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
4 玉川徹が『ドクターX』に出演して岸部一徳に言われた一言
5 政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明
6 文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
7 コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 自民党のネット誹謗中傷対策メンバーの平井卓也が女性蔑視書き込み
10 はすみとしこが詩織さんをイラスト攻撃
11 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
12 吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
13 甘利明、下村博文、高橋洋一、橋下徹も……日本学術会議攻撃のフェイク
14 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
15 頓挫した大阪ワクチンと吉村・松井の闇!日大事件で逮捕の人物も関与か
16 吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
17 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
18 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
19 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
20 小藪千豊が夫婦別姓をドヤ顔で猛批判!
1吉村知事「1日で文通費100万円、記憶ない」は嘘! 違法流用の証拠も
2文通費どころじゃない!維新が政党交付金も返還せず掠め取り
3維新は「パソナ丸投げ」病! 時短協力金業務でデタラメ発覚も新しい仕事
4自民党・維新がコロナを口実に本気で「改憲」に動き始めた!
5自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
6高須院長の署名偽造関与が濃厚に…女性秘書が書類送検、関与示す供述調書
7橋下徹がれいわ・大石あきこ議員に粘着攻撃で「大石パニックおじさん」の異名
8コロナ禍で困窮のさなか介護料を月6.8万円爆上げの鬼畜
9吉村知事が府の施設に「表現の不自由展」使用許可を取り消すよう圧力!
10安倍晋三に中国電力から原発マネーが 
11政治資金報告書で「維新」議員の文通費横流しとデタラメ使途が続々判明

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄