【左巻き書店からのお知らせ】

マララは欧米の手先ではない! 実は革命を目指す社会主義者だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
malala_21_141107.jpg
スピーチするマララ・ユスフザイ。演卓にはレーニンとトロツキー(「Democracy Now!」より)


 マララ・ユスフザイは、女性や児童が教育を受ける権利を訴え、イスラム武装組織タリバンに銃撃され命を危うくする状況におかれてもその主張を貫いていることで、世界中から支持を集め、ノーベル平和賞を史上最年少で受賞した。

 一方、これに対してネット上では、マララは、CIA工作員、イスラエルの支援を受けている、イルミナティのメンバー……などなど、各種の陰謀論が飛び交っている。

 もちろん、これらは世界をイスラムvs西洋といった雑駁な対立構図でしかとらえることができず、明晰な知性と強靭な精神をもった若者の出現を、どうしても誰かに操られているということにしなければ理解できない者たちの妄想にすぎない。

 マララの訴えはそのような単純な図式化を超える膨らみをもったものだ。

 マララの思想的出自は、日本ではまったく伝えられていない別なところにある。それは、歴史上いつも、社会矛盾に直面した若者たちの武器となってきた思想だ。

 2013年にパキスタンで開催されたInternational Marxist Tendency(マルクス主義国際潮流 略称:IMT)の会議で、英国滞在中のマララ・ユスフザイから送られたメッセージが読み上げられた。

 マララはこう断言する。「社会主義が唯一の答えだと確信しており、この戦いを勝利の結末に導くよう全ての同志に呼びかけます。これのみが私たちを偏見と搾取の連鎖から解き放つのです」と。また、「社会主義とマルクス主義に導き、昨年のマルキスト・サマー・スクールで話す機会を与えてくれたIMTに感謝する」とも述べている。さらにこの会議には、マララが銃撃されたときにバスに同乗していた親友も出席していた(IMTのHPより)。

 また、ニューヨークの独立放送局Democracy Now!は、マララのこの発言を紹介するにあたって、レーニンとトロツキーのポスターを掲げた演卓でスピーチするマララの写真を掲載している。

 マララはCIAやイスラエル、ましてやイルミナティのメンバーなどではなく、社会主義のシンパサイザーなのだ。

 こういうとすぐに、社会思想史も国際情勢も学ぼうとしたことのないやつらが、「サヨクだ」「アカだ」と騒ぎ立てる姿が浮かんでくる。やつらには社会主義とはソ連や中国などの強権的な国家体制のことだという程度の認識しかないからだ。マララに影響を与えた社会主義はそういうものとは異なっている。社会主義思想とはもっと多様なものだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

永続革命論 (光文社古典新訳文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

マララは欧米の手先ではない! 実は革命を目指す社会主義者だった!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。左巻き書店社会主義赤井歪革命の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
2 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
3 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
6 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
7 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
8 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
9 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
10 甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
11 すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言
12 AKB運営闇の10年史
13 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
14 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
15 眞子内親王をPTSDにした小室圭さんバッシングの裏にある差別的本質!
16 文春に疑惑報じられた青山繁晴の珍発言
17 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 沖縄知事選で佐喜真応援団が組織的なデマ攻撃
20 幹事長に甘利明、1200万円賄賂事件と黒川検事長による捜査潰しが再燃
1Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
4甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
5ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
6 岸田内閣に少女時代をデマ攻撃した金子総務相はじめネトウヨ極右閣僚が
7岸田内閣の新閣僚はカネまみれ!鈴木財務相、金子農水相、後藤厚労相らも
8岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
9辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
10岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
11田崎史郎ら御用が垂れ流す「安倍さんは人事に不満」説の嘘,
12すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言
13眞子内親王をPTSDにした小室圭さんバッシングの裏にある差別的本質!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄