タイ代理出産事件で大新聞が光通信御曹司の名前を伏せ字にした理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hikaritsuushin_01_140826.jpg
「週刊文春」8月28日号(文藝春秋)

 なんとも奇怪な“事件”が日本を騒がせている。24歳の独身日本人男性がタイで体外受精と代理母を使い、自分の子どもを16人も出産させていた。しかも、この問題はメディアの奇怪な対応も引き出すこととなった。

 このニュースがタイからもたらされたとき、当初、疑われたのは人身売買や臓器売買だった。東南アジアでは幼児が誘拐され売春婦にされたり、臓器を取られたりという犯罪が頻繁に起きていることからの憶測だったが、そういう事実はなかった。そして、かわりにマスコミが色めき立ったのが、この男性の正体だった。男性は大手IT企業の「光通信」創業者・重田康光氏の長男だったのである。

「光通信」は今でこそIT企業の大手だが、90年代後半に携帯電話の販売で大きな注目を浴びたベンチャー企業だった。だが、その強引な手法は次第に大きな批判を浴びていく。それを決定づけたのが「文藝春秋」(2000年4月号)に掲載された記事だった。「光通信」が架空の契約書の捏造を行い、契約内容を偽って販売していたことなど、商法を批判したものだが、記事は創業者の重田社長(当時)が幼少期に飼っていたニシキヘビに生きたウサギを餌に与え「強い者が勝つんだ」と笑ったというような人格批判にも及んでいた。

 いずれにしても、これをきっかけに多くのマスコミが「光通信」商法への批判を強めていった。「実力主義、全員主義」という荒っぽい営業手法、ベンチャー企業への乗っ取りを前提とした出資攻勢などが問題とされた。そのため「光通信」の名前は今で言うブラック企業の代表として批判され、同時に株価の大暴落という事態を招き、さらにマスコミ報道は加熱していった。

 だが奇跡的というか重田の辣腕からなのか、その後はシャープやソフトバンクの営業を請け負うなどして奇跡的復活を果たし、現在にまで存続する大企業となっている。

 そんな過去の経緯もあり、週刊誌は御曹司の代理出産ネタをこんなふうに大きく取り上げた。

「毎年10人子どもを作り、最終的には100人か1000人ももうけたいと語っている」「カンボジアに子どもを育成する秘密の隠れ家を持っていた」
「光時の父親と母親も大量出産を支援している」「莫大な資産の相続税対策」
「多くの子どもを作るのは選挙に出て勝つための人員」「新たなカルト集団を作ろうとではないか」「光時と行動を共にしているパートナーは性転換した元男性」

 特に「週刊文春」「週刊新潮」では、「光通信」の社名と本人の実名をタイトルに使った特集記事を掲載した。

「タイ代理出産 光通信御曹司・重田光時 乳幼児『育成の農場』に初潜入!」(「週刊文春」8月28日号)
「億万長者『光通信創業者』ご長男の人間牧場」(「週刊新潮」8月28日号)

 だが、その一方で、新聞では不可解な事が起きていた。全国紙が載せた「週刊文春」「週刊新潮」の新聞広告を見ると、該当タイトルの固有名詞の部分に奇妙な白マルが並んでおり、伏せ字になっていたのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

代理出産 生殖ビジネスと命の尊厳

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

タイ代理出産事件で大新聞が光通信御曹司の名前を伏せ字にした理由のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。マスコミ圧力田部祥太の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
2 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
3 安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
4 フジ社長とんねるず打ち切りは本気?
5 坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
6 水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
7 東山紀之がキャスター就任で反差別表明
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 あさイチ紹介、高橋一生の本棚に驚愕
10 須藤凜々花の消された暴露トーク
11 卑劣!官邸と産経が望月記者攻撃を煽動
12 水道橋博士が安倍首相批判で大炎上!
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!
15 グッディ!土田マジギレ真の原因
16 沖縄に大量の核兵器が配備されていた
17 水原希子が靖国神社にNO!
18 田崎史郎に自民党が政党交付金から金
19 水原希子に日本のネトウヨがヘイト攻撃
20 元タカラジェンヌが告白した性的虐待
1坂本龍一が受けた政治圧力と誹謗中傷
2東山紀之がキャスター就任で反差別表明
3水原希子がヘイト攻撃に毅然メッセージ
4安倍解散強行の理由は森友捜査ツブシ
5官製映画会社が22億円の公金をドブに
6卑劣!官邸と産経が望月記者攻撃を煽動
7青山繁晴「今週、戦争が始まる」と錯乱
8財務省と森友、口裏合わせの新証拠音源
9歴史教科書圧力問題の背後に日本会議
10トランプが安倍に武器を押し売り
11 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
12 田崎史郎が大義なき解散をトンデモ擁護
13西村京太郎「日本に現代戦は無理」
14安倍の親書を秘書官が勝手に書き換え
15NHK岩田が安倍に反旗は大ウソ!
16ウーマン村本の反戦に上念がトンデモ説教
17原発攻撃対策ないまま柏崎刈羽も再稼働へ
18沖縄に大量の核兵器が配備されていた
19安倍自民党はデマ拡散議員だらけ
20再審却下の飯塚事件に冤罪の新証拠が

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」