『嫌われる勇気』を読んで考えた「自己啓発を捨てる勇気」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
Adler_0701.jpg
『嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え』(ダイヤモンド社)

 心理学者アドラーの思想を解説した『嫌われる勇気──自己啓発の源流「アドラー」の教え』(岸見一郎、古賀史健/ダイヤモンド社)がバカ売れしているという。昨年末の刊行以来すでに20万部を超えるベストセラーになっているそうだ。出版業界の低迷が叫ばれる昨今、そうした中では大ヒットの数字である。こんなに売れているなら乗るしかない、というわけで、さっそく私も読んでみた。

 オーストリア出身の精神科医・心理学者アルフレッド・アドラー。フロイト、ユングと並んで現代心理学の基礎を築いた三大巨匠の一人と目されるにもかかわらず、日本ではこれまで無名といっていい存在だった。まずはこの巨匠の名が広く知られるようになったことを喜びたい。

 では、本の内容はどうか。これが思った以上によく出来ている。売れるのも納得だ。アドラーの思想には、人間心理についての常識を逆なでするようなところがある。象徴的なのは「トラウマ」をいっさい認めない点だ。たとえば、友人が引きこもりになったとする。私たちは普通それには何かしらの原因があると考える。他人から受けたいじめのせいで外に出られなくなったのだ、という具合に。でもアドラーが言うことは逆だ。「不安だから外に出られない」のではなく「外に出たくないから不安をつくりだしている」と言うのである。引きこもりはたしかに辛いかもしれないが、それによって彼は何かしらの利益、たとえば身の安全や親からの注目といった利益も引き出しているのだ。このように「過去の原因」ではなく「いまの目的」を考えるのがアドラー心理学だ(この考えは「目的論」と呼ばれる)。本書はこのような一見非常識的とも思えるアドラーの思想を生き生きと伝えることに成功している。

 ただ、本書が売れている背景を想像してみると、なんともやるせない気持ちになってくるのである。それは、私たちの自己啓発書の消費の仕方が、悲しくなるほどアドラーの教えと乖離しているからだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え

関連記事

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『嫌われる勇気』を読んで考えた「自己啓発を捨てる勇気」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。読書の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 防衛費43兆円の財源はやはり増税!一方「子ども関連予算」倍増を先送り
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 杉田水脈に反省なし!岸田首相が差別政治家を守る理由
4 自民党がネトサポに他党叩きを指南
5 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?
6 香山リカ問題のプロデューサーの正体
7 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
8 防衛費増額財源で法人税を削除した政府有識者会議に読売社長、日経元会長ら
9 ジャニーズ結婚の掟をグッディが暴露
10 山田洋次監督が大林宣彦監督にエール!
11 長澤まさみ『エルピス』脚本家・渡辺あやが抱くマスコミの権力従属への危機感
12 大阪・吉村知事「コメ10キロ配布」に非難殺到! 知事・市長選目的
13 ブラック企業大賞にアリさんがデマを
14 統一教会被害者救済法策定に萩生田が関与で批判殺到
15 高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
16 コロナ第8波で三浦瑠麗、たむらけんじが医療機関を攻撃、非難殺到!
17 志らくが『ワイドナ』でも赤坂自民亭めぐり大嘘
18 安倍元首相と統一教会の直接的な関係が発覚!「桜を見る会」にも関係者
19 オリックスDHC買収で「虎ノ門ニュース」に続き「DHC テレビ」も解体か
20 日本政府がつくったGHQ専用慰安婦
1防衛費増額財源で法人税を削除した政府有識者会議に読売社長、日経元会長ら
2 大阪・吉村知事「コメ10キロ配布」に非難殺到! 知事・市長選目的
3防衛費43兆円の財源はやはり増税!一方「子ども関連予算」倍増を先送り
4杉田水脈に反省なし!岸田首相が差別政治家を守る理由
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄