冨永愛にもあてはまる!? あのナンシー関が長渕剛と国生さゆりを見て言った一言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nagabuchi_01_150305.jpg
「長渕剛 OFFICIAL WEB SITE」より


 最新号の「週刊文春」(文藝春秋)が長渕剛と冨永愛の熱愛をスクープし、話題を呼んでいる。

「文春」の報道によれば、取材班は連日のように長渕の自宅を訪れる冨永の姿をキャッチ。ふたりが一緒にいるところを突撃すると、長渕は自宅に記者を招き入れ、冨永と“男女の仲”であることを完全否定。長渕の妻である志穂美悦子や、冨永の息子も含めた家族ぐるみの付き合いであることを強調している。しかも長渕は、「愛ちゃんと息子をうちのファミリーで家族として迎えることができるかって話したことあるんですよ」とさえ話し、不倫ではなく、子育てに悩む冨永を叱咤する「師弟関係」だと説明する。

 この不倫報道以前から、長渕と冨永の師弟ぶりはメディアを賑わせてきた。冨永は昨年、過去の複雑な家庭環境や壮絶なイジメ体験を告白した『Ai 愛なんて大っ嫌い』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を発売したが、これも“過去と向き合え”という長渕からの助言があって執筆、長渕がプロデュースをして実現したもの。冨永の長渕への信頼はとても厚く、同書のなかでも、冨永は以下のように長渕へ感謝の言葉を綴っている。

「『お前、今のまんまじゃ、ダメだ!! きちんと自分を振り返り、考えなさい!』と、その人、長渕剛さんは強く言ってくださいました」
「音楽家であり、日本の若者のために、ずうっと真摯に歌をつくりつづけてきた長渕剛さんとそのご家族のみなさまには、どれだけ感謝しても、し足りません」

 さらに、この自著伝をもとにした舞台でも長渕は演出を担当。逆に冨永も長渕のツアーに同行し、ケータリングの手配などの裏方仕事を引き受けたという。たしかに、ふたりの関係性を見てみると、不倫関係の艶っぽさというよりも、体育会的な熱血ムードのほうが強く感じられる。実際、長渕は弟子入り志願した冨永を故郷の鹿児島県に連れて行き、格闘技トレーニングを伝授したという話もあるほどだ。

 だが、気になるのは、「文春」の取材で証言している、冨永の知人の言葉だ。

「冨永さんは長渕さんにベッタリで、どこへ行くにも一緒。今の冨永さんは長渕さん以外の人間の言うことは聞きません。もはや“宗教”ですよ」

 言われてみれば、その信奉ぶりは“長渕教”の信者に近い。かといって、だから不倫関係にはない、とは言えない。というよりも、長渕と関係をもつ女性は、長渕に対して信仰にも近い感情を抱き、洗脳状態のようになるのではないか……そのような指摘が、すでにずっと昔になされているからだ。しかも指摘した人物は、故・ナンシー関である。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

冨永愛にもあてはまる!? あのナンシー関が長渕剛と国生さゆりを見て言った一言のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ナンシー関冨永愛国生さゆり大方 草週刊文春長渕剛の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
3 五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
4 百田、上念、有本、WiLL…安倍応援団の小川榮太郎切りが醜悪!
5 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
6 自民党がネトサポに他党叩きを指南
7 川島なお美が近藤誠の診断を告発
8 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
9 『報ステ』新キャスターの大越健介に安倍の圧力で『NW9』を追われた過去
10 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
11 東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
12 NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 岩井俊二監督がクールジャパンに苦言
15 麻生「ヒトラーは正しかった」は本音
16 青木理『モーニングショー』降板 政権批判コメンテーターを排除か
17 椎名林檎が“日本会議の巣窟”で講演
18 それでも謝罪しない…河野太郎がワクチン問題でついた嘘と”知の崩壊“発言
19 櫻井よしこの朝日攻撃の「捏造」が法廷で
20 ピエール瀧逮捕でワイドショーが石野卓球に「謝れ」攻撃の異常
1大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2五輪関係者が入国当日、築地を散歩! 
3聖火お披露目式で手話通訳が小池百合子らのテントには入れず雨に濡れ
4 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
5東京五輪開閉会式に小山田圭吾参加で批判殺到!過去に“障害者いじめ自慢”
6五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
7 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
8それでも謝罪しない…河野太郎がワクチン問題でついた嘘と”知の崩壊“発言
9五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
10南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
11五輪でIOCラウンジ以外にVIPルーム、広告代理店は物品購入でも15%上乗せ
12五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
13きゃりーぱみゅぱみゅ、ロンブー淳、フット岩尾らがオリンピックに疑問!
14NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄