マツコ・デラックスは昔、もっと過激だった! 朝日新聞に「闘う意志がない」と説教も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
matsuko_150301.jpg
ナチュラルエイト公式サイトより


「数字がとれない」と嘆くテレビ業界にあって、いま「救世主」と呼ばれているのが、ご存じ、マツコ・デラックスだ。先日も自身にとってゴールデンタイム初の冠番組『マツコの知らない世界』(TBS系)で、2月17日放送分が最高視聴率となる14.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)に『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)、『アウト×デラックス』(フジテレビ系)とレギュラー番組すべてが好調という不動の人気ぶりを見せつけ、4月からは新たに『マツコとマツコ』が日テレでスタートする。

 人気の秘密は、もちろんその毒舌、鋭いツッコミにある。最近では「脳内マツコ」という、自分の脳内に架空のマツコを準備し、ことあるごとに叱咤激励してもらう人まで急増しているらしい。もはやテレビも視聴者も、マツコなしでは考えられない──そんな愛されぶりだ。

 だが、人気を獲得していくにつれ、マツコ自身の毒っ気は弱まっている。というよりも、ほんの少し前までは、いまよりもっとシャープで、ずっと精彩を放っていた。

 たとえば、2008年に行われた朝日新聞出版の論壇誌「論座」(休刊)でのインタビュー。これは女性誌をテーマにした取材だったが、冒頭から「非生産的なオンナよね」と自らを批評。「アンタ、テレビでものをしゃべってるなんて、人間として最下層よ」「新聞社とか、出版社に勤めている人間だってそうよ。なくても誰も死なないものを作ってお金儲けにしているんだから。アタシらみたいな人間が一番、世の中に必要ないのよ」と持論を展開している。

 そして、マスメディアの現状についての意見を問われると、マツコはメディアには金が集まることを挙げ、そのことが「人から思考を奪う」と指摘。「お金を儲けようとする電通や博報堂が周りを固めて、そこに利権が発生したりするから、まあ、分かりやすい言い方しちゃうと根腐れするのよね」と、マスコミタブーである大手広告代理店の批判を気負うようすもなく語る。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

マツコ・デラックスは昔、もっと過激だった! 朝日新聞に「闘う意志がない」と説教ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。マスコミマツコ・デラックス朝日新聞水井多賀子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高市早苗と赤旗が「政治資金規正法違反」報道でバトル!
2 「カジノ用地疑惑」追及が松井市長から恫喝・嫌がらせ受けるも新事実を敢然と報道
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
5 維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
6 三浦瑠麗が戦前賛美、その御用学者体質
7 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
8 たけしと瀬古が「玉川徹待望論」もテレ朝は玉川を政治にさわらせない方針
9 夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
10 林真理子が寝屋川事件被害者の親を批判
11 五輪3兆円超え戦犯・森喜朗の重大疑惑
12 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
13 安倍がFacebookで報ステ党首討論攻撃
14 岸田政権の“防衛増額”に元自衛隊幹部が「砂糖の山にたかるアリ」と批判
15 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
16 「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
17 タッキー引退の裏にジャニーVSジュリーの派閥抗争
18 吉高が“私の裸を見て”と迫った男
19 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1「カジノ用地疑惑」追及が松井市長から恫喝・嫌がらせ受けるも新事実を敢然と報道
2細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
3高市早苗と赤旗が「政治資金規正法違反」報道でバトル!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄