冨永愛にもあてはまる!? あのナンシー関が長渕剛と国生さゆりを見て言った一言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nagabuchi_01_150305.jpg
「長渕剛 OFFICIAL WEB SITE」より


 最新号の「週刊文春」(文藝春秋)が長渕剛と冨永愛の熱愛をスクープし、話題を呼んでいる。

「文春」の報道によれば、取材班は連日のように長渕の自宅を訪れる冨永の姿をキャッチ。ふたりが一緒にいるところを突撃すると、長渕は自宅に記者を招き入れ、冨永と“男女の仲”であることを完全否定。長渕の妻である志穂美悦子や、冨永の息子も含めた家族ぐるみの付き合いであることを強調している。しかも長渕は、「愛ちゃんと息子をうちのファミリーで家族として迎えることができるかって話したことあるんですよ」とさえ話し、不倫ではなく、子育てに悩む冨永を叱咤する「師弟関係」だと説明する。

 この不倫報道以前から、長渕と冨永の師弟ぶりはメディアを賑わせてきた。冨永は昨年、過去の複雑な家庭環境や壮絶なイジメ体験を告白した『Ai 愛なんて大っ嫌い』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を発売したが、これも“過去と向き合え”という長渕からの助言があって執筆、長渕がプロデュースをして実現したもの。冨永の長渕への信頼はとても厚く、同書のなかでも、冨永は以下のように長渕へ感謝の言葉を綴っている。

「『お前、今のまんまじゃ、ダメだ!! きちんと自分を振り返り、考えなさい!』と、その人、長渕剛さんは強く言ってくださいました」
「音楽家であり、日本の若者のために、ずうっと真摯に歌をつくりつづけてきた長渕剛さんとそのご家族のみなさまには、どれだけ感謝しても、し足りません」

 さらに、この自著伝をもとにした舞台でも長渕は演出を担当。逆に冨永も長渕のツアーに同行し、ケータリングの手配などの裏方仕事を引き受けたという。たしかに、ふたりの関係性を見てみると、不倫関係の艶っぽさというよりも、体育会的な熱血ムードのほうが強く感じられる。実際、長渕は弟子入り志願した冨永を故郷の鹿児島県に連れて行き、格闘技トレーニングを伝授したという話もあるほどだ。

 だが、気になるのは、「文春」の取材で証言している、冨永の知人の言葉だ。

「冨永さんは長渕さんにベッタリで、どこへ行くにも一緒。今の冨永さんは長渕さん以外の人間の言うことは聞きません。もはや“宗教”ですよ」

 言われてみれば、その信奉ぶりは“長渕教”の信者に近い。かといって、だから不倫関係にはない、とは言えない。というよりも、長渕と関係をもつ女性は、長渕に対して信仰にも近い感情を抱き、洗脳状態のようになるのではないか……そのような指摘が、すでにずっと昔になされているからだ。しかも指摘した人物は、故・ナンシー関である。

 ナンシーが長渕に言及しているのは、「噂の真相」1993年12月号に掲載された連載「顔面至上主義」でのこと。じつはこの記事、メインテーマは国生さゆりだった。ご存じの人も多いと思うが、国生は91年に放送された長渕主演のドラマ『しゃぼん玉』(フジテレビ系)で共演後、長渕との不倫が取り沙汰されるように。そんな最中に長渕は主演ドラマ『RUN』(TBS系/93年)で、国生を愛人役として抜擢。ナンシーの原稿は、このドラマにおける国生を批評したものだ。

 まずナンシーは、この『RUN』というドラマを“長渕によるテレビ説法”であると評し、〈もう長渕のことはさておくとしても、気になるのは共演女優の国生さゆりである〉と本題を切り出す。そして、〈国生さゆりは長渕剛にカブれている〉と述べるのだ。

〈このカブれ方は、たとえば「森川由加里、竜雷太に熱烈ラブコール」とか「少年隊ヒガシ森光子のためなら火の中水の中」といったものとは違う。例がわかりにくい。なんかもっと思想的なかんじだ。思想と呼べるものがそこにあるかないかというのもあるが、「オルグ」という言葉がなじむような気もする〉

 また、ナンシーは〈(国生は)無根拠にエキセントリックな金切声を上げてばかりいる。いや、今回の国生さゆりは金切声からもう一段上のテンションを表す「声」を出すのだ〉と、彼女の「声」の変化に着目し、原稿をこう締めくくる。

〈長渕は、国生さゆりを巫女に抜擢したのかも。ご神託を告げるために、国生は新しい声を産んだ。その声、他に使い道はないのに〉

 オルグ、巫女……。ナンシーが国生に使ったこれらのものものしい言葉を冨永に当てはめてみても、違和感はない。長渕にハマった女性は、長渕の思想(ナンシーの言うとおり、それが何かはよくわからないが)に強く共感し、教えを請い、弟子化し、さらに絆を深めていく。もちろん、“師弟関係だから男女の仲ではない”という言い訳は、この場合、理由として通用しない。現に国生は95年に長渕が大麻所持で逮捕された際、会見で不倫関係にあったことを認め、志穂美も含めて協議を行い、関係を清算したと発表している。

 まるで未来をも予言したかのようなこの批評、さすがナンシーと唸らずにいられないが、すっかり長渕色に染まってしまった冨永は、今後どうなっていくのだろうか……。
(大方 草)

最終更新:2017.12.19 10:03

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

冨永愛にもあてはまる!? あのナンシー関が長渕剛と国生さゆりを見て言った一言のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ナンシー関冨永愛国生さゆり大方 草週刊文春長渕剛の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 上田晋也『サタデージャーナル』終了の不可解
2 交番襲撃“父親が関テレ常務”より「元自衛官」
3 『いだてん』が関東大震災「朝鮮人虐殺」を示唆!
4 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
5 安倍イラン訪問でNHK岩田明子記者がまた安倍フェイクPR
6 秋篠宮家の料理番がブラック告発
7 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
8 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
9 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
10 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
11 香港市民はデモの力示したが、日本は…
12 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
13 拍手・起立を井筒監督と松尾貴史が批判
14 久米宏が電通タブーに踏み込む激烈な五輪批判
15 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
16 葵つかさが「松潤とは終わった」と
17 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
18 自民党の圧力に「朝生」が屈服!
19 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3 金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4 産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5 安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6 菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7 金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8 F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9 金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10 防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11 長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12 講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13 映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14 渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16 田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17 川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19 松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20 農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄