小倉優香の「辞めさせて」発言の本当の理由は番組のセクハラ体質か? お下劣罰ゲームを2週拒否し、リスナーからも攻撃されていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
小倉優香の「辞めさせて」発言の本当の理由は番組のセクハラ体質か? お下劣罰ゲームを2週拒否し、リスナーからも攻撃されていた の画像1
『アッパレやってまーす!』公式HPより


 グラビアアイドルで女優の小倉優香が生放送の番組内で降板宣言したことについて、非難が集中している。

 小倉は7月29日夜に放送のラジオ『アッパレやってまーす!水曜日』(MBSラジオ)の終了間際、「ちょっと時間あるかな? あと1分? 手短に話します」と切り出し、「朝早く起きて夜早く寝るという生活をしていて、ラジオがつらくなったので辞めたいと事務所に言ったんですけど、3、4カ月話してくれないのでここで言います。辞めさせてください」と、番組降板を申し出たのだが、ネット、テレビ、スポーツ紙が一斉にこれを取り上げ、「無責任」「何様なのか」と小倉批判を大合唱。きのう8月2日の『ワイドナショー』(フジテレビ)では、東野幸治が「ありえへん」「みんな朝早くから夜遅くまで仕事してる」と小倉を集中攻撃し、指原莉乃に「指原さんだったら、こういうことします?」とふると、指原は「彼女もきっと、もう芸能界の仕事をいらないっていう覚悟で言ってると思いませんか? じゃないとこんなこと言えないと思います」と引退勧告まがいの発言まで口にしていた。

 しかし、番組で宣言するのは珍しいとはいえ、タレントが事務所や局の意に反して番組をやめると言いだすのはよくある話。最近も上沼恵美子が『怪傑えみちゃんねる』(関西テレビ)で、キングコング梶原雄太に対して番組収録中にパワハラ的罵倒を繰り広げたあげく、それを批判されると、逆ギレして番組を終了させたと報じられたばかりだ。しかし、上沼に対してはどのワイドショーもスポーツ紙も「無責任」「身勝手」などといった批判は一言も言っていない。

 ほかにも、売れっこになった途端、マイナーな番組やラジオを放り出したタレントはけっこういたが、やはりほとんど批判などされていない。

 一方、小倉は事務所が聞き入れてくれなかったため、自ら番組中、辞めたいと口にしただけで、いまのところ何の迷惑もかけていないのに、メディアから集中砲火を浴びせられているのだ。

 これはようするに、小倉が若い女性で、グラビアアイドル出身だからだろう。「駆け出しの若い女が生意気言うな」「グラビアアイドルはにっこり笑うだけで主張するな」という芸能界特有のセクハラ・パワハラ体質がもろに出たものでしかない。

 また、メディアは小倉が番組降板の理由を「朝早く起きて夜早く寝るという生活をしていて、ラジオがつらくなった」と説明したことを「何様だ」と非難しているが、実は小倉が突然、辞めたいと言い出したのは別の理由があったとの見方もある。

 それは、『アッパレやってまーす!水曜日』のセクハラとそれに耐えろと要求するリスナーの圧力だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

小倉優香の「辞めさせて」発言の本当の理由は番組のセクハラ体質か? お下劣罰ゲームを2週拒否し、リスナーからも攻撃されていた のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アッパレやってまーす!グラビアアイドルセクハラワイドナショー小倉優香林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 駐豪大使が「旭日旗が見られて喜ばしい」とツイート、豪でも批判が殺到!
2 共産党議員の不可解書類送検の裏に安倍の元秘書官の埼玉県警本部長就任
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
5 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?
6 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
7 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
8 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
9 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
10 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
11 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
12 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
13 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
14 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
15 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
16 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
17 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
18 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
19 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
20 自民党がネトサポに他党叩きを指南
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
3八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
4八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
5八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7 共産党議員の不可解書類送検の裏に安倍の元秘書官の埼玉県警本部長就任
8河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
9高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
10 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
11倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
12高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
13 防衛省が予算増PRのためインフルエンサー100人に接触計画、一体誰が?
14駐豪大使が「旭日旗が見られて喜ばしい」とツイート、豪でも批判が殺到!
15DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄