小倉優香の「辞めさせて」発言の本当の理由は番組のセクハラ体質か? お下劣罰ゲームを2週拒否し、リスナーからも攻撃されていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
小倉優香の「辞めさせて」発言の本当の理由は番組のセクハラ体質か? お下劣罰ゲームを2週拒否し、リスナーからも攻撃されていた の画像1
『アッパレやってまーす!』公式HPより


 グラビアアイドルで女優の小倉優香が生放送の番組内で降板宣言したことについて、非難が集中している。

 小倉は7月29日夜に放送のラジオ『アッパレやってまーす!水曜日』(MBSラジオ)の終了間際、「ちょっと時間あるかな? あと1分? 手短に話します」と切り出し、「朝早く起きて夜早く寝るという生活をしていて、ラジオがつらくなったので辞めたいと事務所に言ったんですけど、3、4カ月話してくれないのでここで言います。辞めさせてください」と、番組降板を申し出たのだが、ネット、テレビ、スポーツ紙が一斉にこれを取り上げ、「無責任」「何様なのか」と小倉批判を大合唱。きのう8月2日の『ワイドナショー』(フジテレビ)では、東野幸治が「ありえへん」「みんな朝早くから夜遅くまで仕事してる」と小倉を集中攻撃し、指原莉乃に「指原さんだったら、こういうことします?」とふると、指原は「彼女もきっと、もう芸能界の仕事をいらないっていう覚悟で言ってると思いませんか? じゃないとこんなこと言えないと思います」と引退勧告まがいの発言まで口にしていた。

 しかし、番組で宣言するのは珍しいとはいえ、タレントが事務所や局の意に反して番組をやめると言いだすのはよくある話。最近も上沼恵美子が『怪傑えみちゃんねる』(関西テレビ)で、キングコング梶原雄太に対して番組収録中にパワハラ的罵倒を繰り広げたあげく、それを批判されると、逆ギレして番組を終了させたと報じられたばかりだ。しかし、上沼に対してはどのワイドショーもスポーツ紙も「無責任」「身勝手」などといった批判は一言も言っていない。

 ほかにも、売れっこになった途端、マイナーな番組やラジオを放り出したタレントはけっこういたが、やはりほとんど批判などされていない。

 一方、小倉は事務所が聞き入れてくれなかったため、自ら番組中、辞めたいと口にしただけで、いまのところ何の迷惑もかけていないのに、メディアから集中砲火を浴びせられているのだ。

 これはようするに、小倉が若い女性で、グラビアアイドル出身だからだろう。「駆け出しの若い女が生意気言うな」「グラビアアイドルはにっこり笑うだけで主張するな」という芸能界特有のセクハラ・パワハラ体質がもろに出たものでしかない。

 また、メディアは小倉が番組降板の理由を「朝早く起きて夜早く寝るという生活をしていて、ラジオがつらくなった」と説明したことを「何様だ」と非難しているが、実は小倉が突然、辞めたいと言い出したのは別の理由があったとの見方もある。

 それは、『アッパレやってまーす!水曜日』のセクハラとそれに耐えろと要求するリスナーの圧力だ。

下品な罰ゲームを拒否した小倉優香にリスナーが「駄々をこねるな」「グラビアアイドルが拒否するな」

 同番組は、レギュラー出演者のケンドーコバヤシやアンガールズ田中卓志のしもネタトークが多いうえ、レギュラー出演者の柏木由紀と小倉が対決し、負けたほうがアンガールズ田中提案の罰ゲームをやるというコーナーがあった。ところが、降板申し出直前、小倉が下品な罰ゲームを2週にわたって拒否し、リスナーから攻撃されるという事件が起きていた。

 小倉が拒否した罰ゲームは、ふーみんというお笑い芸人の「奥歯をガタガタ言わせ節」というネタを完コピするというものだが、この「奥歯をガタガタ言わせ節」というのは、両端を肛もんと口に見立てた筒状の小道具に手を突っ込んで、「ケツの穴から指突っ込んで、奥歯をガタガタ言わせ節」と漫談調に歌うというネタ。ようするに、若い女性に卑猥な言葉や下品な言葉を口にさせて楽しもうという深夜ラジオでいまも続いているセクハラ丸出しの罰ゲームである。

 しかし、小倉はその下品な内容に耐えられなかったのか、7月15日、7月22日の放送と2週連続でこの罰ゲームを拒否。しかも、リスナーからは拒否した小倉に対してこんな理不尽な非難の声が上がっていた。

〈小倉優香 二週に渡って罰ゲーム ゴネてる。ひっぱりすぎて引く。筧美和子ちゃんなんて小梅太夫ノリノリでやってたなぁw 柏木由紀さんとかもちゃんとやると思う。〉
〈罰ゲームを2週にわたってごねり続けるのはさすがに不愉快でラジオ切ってしまった〉
〈2週に渡って罰ゲームをごねるのはさすがに引くわ
小倉優香が #アッパレ水 を降板するまであと○○日にリアルでなりそうw〉
〈小倉優香さん来週来なかったりして…〉
〈頑なに罰ゲームを断るのは、ちょっとイライラしたなぁ…
下手でもうろ覚えでも潔く受け入れたほうが絶対良かった。
ゴッドタンの女性陣を見習ってほしいな。〉
〈小倉さんね・・・今のご時世 無理やりやらせるとパワハラになっちゃう可能性があるからあれだけど リスナーもスタッフも演者も 姿勢は見てるからね その答えは小倉さん自身で見つけてね って言いたい〉
〈罰ゲームにもかかわらず、「やだ、やだ」ばかりで駄々をこねて生放送を逃げ切った小倉は正直もういらん
電話出演の時も、やる気を感じられ無かったし。。
ラジオだからって舐めすぎ。聴いてる方は不快だわ。〉
〈罰ゲームを拒否するグラビアアイドル、これ完全になめとるね!〉

小倉は「しもネタが嫌」とは言えず「朝早く起きたい」を理由にしただけではないのか

 こうした圧力に耐えられなかったのか、3週目、7月29日になって小倉はとうとうこの罰ゲームをやり、その日の番組の最後に小倉は突然、くだんの「辞めさせてください」発言を口にしたのだ。

 つまり、小倉が降板を申し出た本音は「しもネタ、下品なことをやらされるのが嫌だったから」だったのではないか。しかし、本当のことを口にすると番組に迷惑がかかると考え、「朝早く起きる生活をしたいから」ということを理由にした──。

 もちろんこれは推測に過ぎないし、小倉の降板には他の理由があった可能性もある。しかし、グラビアアイドルをはじめ女性タレントの多くがいまも、テレビやラジオの深夜番組でセクハラ的な演出を強制され、それに文句を言うこともできず耐えているのは事実だ。メディアも視聴者もいい加減、こういう時代遅れのしもネタ頼みから、脱却すべきではないのか。

最終更新:2020.08.03 08:14

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

小倉優香の「辞めさせて」発言の本当の理由は番組のセクハラ体質か? お下劣罰ゲームを2週拒否し、リスナーからも攻撃されていた のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アッパレやってまーす!グラビアアイドルセクハラワイドナショー小倉優香林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
2 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
3 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
4 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
5 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
6 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
7 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
10 コロナ感染が再拡大するなか安倍首相が有名人とステーキ会食!
11 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
12 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
13 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
14 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
15 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
16 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
17 すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言
18 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
1 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
4 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
5 甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
6 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
7 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
8 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
9 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
10 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
11 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
12 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
13 すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄