ユースケ・サンタマリアが語る“うつ体験”「体がダルくなって、飯が食えなくなって…」不調を脱することができた理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ユースケ・サンタマリアが語るうつ体験「体がダルくなって、飯が食えなくなって…」不調を脱することができた理由とは?の画像1
NHK土曜時代ドラマ『悦ちゃん』 番組サイトより


 7月にスタートしたドラマ『悦ちゃん』(NHK)で現在主演を務めているユースケ・サンタマリア。そんな彼がウェブサイト「文春オンライン」7月15日付のインタビューで、精神面での疲労から来る体調不良で悩んでいた過去について振り返っている。

「僕は、正確には鬱ではなかったんです。鬱って本当に大変で、まず仕事なんてできませんからね。家から出られないし、顔付きだって変わってしまう。僕が鬱だなんて言ったら、本当に鬱になった人、それを克服した人に申し訳ないですよ。とはいえ、ストレスが原因で、30代の8年間は本当に体調がよくなかったのも事実。鬱未満なんだけどひどく調子が悪くて、仕事が大変という人も少なからずいる」

 2004年、彼は体調不良を理由に少しの期間だけ仕事を休んでいるが、その際、身体は一目見ただけでわかるほどガリガリに痩せこけていた。しかし、その休業の理由については明かされなかったため、一時期重病説までささやかれたこともある。

 ユースケは、吉田豪『サブカル・スーパースター鬱伝』(徳間書店)のなかでストレスが原因のこの体調不良について詳らかに語っているが、そもそもの体調を崩したきっかけをこのように語っている。

「考えたら、単純に仕事がすごいつまんなかったっていうのがあって。その前が、謎のよくわからないデビューの仕方をして。バンドで全然売れなかったんだけど、なんもわかんないうちからドラマとか映画とか出るようになったりして、どんどん忙しくなってきて仕事もおもしろかったんですよ。その頃って結構いい作品が多くて。30歳ぐらいまではすごくよかったんですね。それと比べてたわけではないんだけど、この話おもしろくねえな、みたいなのが5本ぐらい続いたんですよ。そしたら体がダルくなってきて、飯が食えなくなってきて。すごい下痢で。八カ月、硬い便が出なかったんですよ。だからそのとき、すごく大きい仕事いっぱい断ってます」

 こういった仕事の躓きに加え、「芸能界」という特殊な場所にいる彼は、「ここは自分の居場所ではない」という思いが拭えず、据わりの悪い場所でなんとかがんばり続けなくてはならないというのも心に大きな負担を強いた。

「お芝居したり、タレント業みたいなことも楽しかったんですよ。いまも楽しんでるけど、どこか芸能人にはなれないなっていう。要は一般人がなぜか芸能界にいるっていう感覚かな。完全なこの世界の住人にはちょっとなれないなっていうのはいまだにすごい思うし。(中略)自分にはトゥーマッチな現場で、でも平気な感じでいなきゃいけないし」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ユースケ・サンタマリアが語る“うつ体験”「体がダルくなって、飯が食えなくなって…」不調を脱することができた理由とは?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ユースケ・サンタマリア内田樹吉田豪大槻ケンヂ新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
2 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
3 貧乏人攻撃の田端信太郎とZOZOTOWN
4 吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
5 指原莉乃がウーマン村本を「政治語るな」批判
6 DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
7 菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
8 安倍首相の新型コロナ利用、改憲メッセージにネットで非難殺到!
9 改ざん問題で自民党議員が恥知らず質問連発!
10 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
11 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
12 甘利明、下村博文、高橋洋一、橋下徹も……日本学術会議攻撃のフェイク
13 池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
14 葵つかさが「松潤とは終わった」と
15 玉川徹が『バイキング』の小室圭さんバッシングの嘘を批判!
16 青木理『モーニングショー』降板 政権批判コメンテーターを排除か
17 吉村知事のマスク義務化提言に「宣言解除要請したくせに」と非難 玉川徹も…
18 「かまいたち山内」にネトウヨ疑惑…排外主義や嫌韓ツイートにも「いいね」
19 NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
20 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
1吉村知事は自己正当化モンスター!「重症センター」縮小をつっこまれ
2池江璃花子復活劇を五輪強行派が利用! 門田隆将や安倍前首相も便乗ツイート
3吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
4「桜前夜祭」問題で辞職した安倍事務所の配川秘書が密かに復職か!
5NHKが聖火リレー中継から五輪反対の声をカット!北京五輪のような情報統制
6組織委は文春への圧力より電通との癒着説明を! MIKIKO氏排除も電通ナンバー2が張本人
7萩生田文科相「子どもが変異株に感染しやすいという知見ない」とデマまがい
8菅首相が緊急事態宣言を出さないのは五輪開催のため ワクチンも五輪選手優先
9厚労省23人会食で更迭処分なら、菅首相と二階幹事長のステーキ宴会は
10DHC吉田会長がNHKに「社員のほとんどがコリアン系」とヘイトデマ
11汚染処理水・海洋放出の蛮行に加え安倍が顧問の「原発新増設」推進議連
12菅首相が「まん防」で宣言解除の“責任ごまかし”図るも、変異株拡大で手遅れ
13「かまいたち山内」にネトウヨ疑惑…排外主義や嫌韓ツイートにも「いいね」

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄