『嫌われる勇気』を読んで考えた「自己啓発を捨てる勇気」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
Adler_0701.jpg
『嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え』(ダイヤモンド社)

 心理学者アドラーの思想を解説した『嫌われる勇気──自己啓発の源流「アドラー」の教え』(岸見一郎、古賀史健/ダイヤモンド社)がバカ売れしているという。昨年末の刊行以来すでに20万部を超えるベストセラーになっているそうだ。出版業界の低迷が叫ばれる昨今、そうした中では大ヒットの数字である。こんなに売れているなら乗るしかない、というわけで、さっそく私も読んでみた。

 オーストリア出身の精神科医・心理学者アルフレッド・アドラー。フロイト、ユングと並んで現代心理学の基礎を築いた三大巨匠の一人と目されるにもかかわらず、日本ではこれまで無名といっていい存在だった。まずはこの巨匠の名が広く知られるようになったことを喜びたい。

 では、本の内容はどうか。これが思った以上によく出来ている。売れるのも納得だ。アドラーの思想には、人間心理についての常識を逆なでするようなところがある。象徴的なのは「トラウマ」をいっさい認めない点だ。たとえば、友人が引きこもりになったとする。私たちは普通それには何かしらの原因があると考える。他人から受けたいじめのせいで外に出られなくなったのだ、という具合に。でもアドラーが言うことは逆だ。「不安だから外に出られない」のではなく「外に出たくないから不安をつくりだしている」と言うのである。引きこもりはたしかに辛いかもしれないが、それによって彼は何かしらの利益、たとえば身の安全や親からの注目といった利益も引き出しているのだ。このように「過去の原因」ではなく「いまの目的」を考えるのがアドラー心理学だ(この考えは「目的論」と呼ばれる)。本書はこのような一見非常識的とも思えるアドラーの思想を生き生きと伝えることに成功している。

 ただ、本書が売れている背景を想像してみると、なんともやるせない気持ちになってくるのである。それは、私たちの自己啓発書の消費の仕方が、悲しくなるほどアドラーの教えと乖離しているからだ。

 著者たちもインタビューで述べているとおり、ソーシャル・メディアの普及によって私たちはFacebookの「いいね!」やらLINEの「既読」やらに一喜一憂する毎日を送っており、そうした生活で感じる疲労や疑念が本書の売れ行きを後押ししているようだ。ただでさえ日本人のコミュニケーションには過剰な同調圧力がともなうというのに、ソーシャル・メディアがそれをさらに増大させているのだ。このような息苦しい状況があるからこそ、本書はウケたのだといえる。

 たしかにそうした状況下では、本書のメッセージ──Facebookの「いいね!」なんか気にするな、過去のしがらみのことなど忘れよう、そして自分のことは「いまの目的」に照らして自分で決めよう、だから「嫌われる勇気」を持て!──は心地よく響くだろう。でも、これは全然アドラー的ではない消費の仕方だ。それで元気が出るのは、社会の生きづらさという「過去の原因」に対するリアクションでしかないのだから。実際、私たちの多くにとって自己啓発書を読むという経験は、お笑いのリアクション芸と同じで、その場(読んでいる間)だけしか効かない一服の清涼剤や強壮剤のようなものだ。だから同じような自己啓発書を何冊も買い込む羽目になる。誰もが読むだけで満足して何もしないからこそ、こうやっていつまでも自己啓発書ビジネスが成立するのである。

 アドラーの教えは本来、心地よいどころの代物ではない。著者も「劇薬」と評しているとおり、自分自身の「いまの目的」だけに従って生きるよう促すアドラーの教えは、相当に苛酷な要求を課すものだ。だからこそ、本文にもあるとおり、アドラー心理学をマスターするにはこれまでの人生の半分の時間が必要だといわれるのである。いま30歳なら15年はかかるというわけだ。私たちにそんな気があるだろうか? もちろんないだろう(アドラー心理学や自己啓発のプロになるのでなければ)。

 となると、同じだけの長い時間を自分自身の「いまの目的」のために趣味や特技(ビジネスであれプライベートであれ)に費やすというのが、真にアドラー的な解決のはずだ。そうなれば自己啓発書を読んでいる暇などなくなる。

 瀧波ユカリの人気コミック『臨死!! 江古田ちゃん』(講談社)に、こんな場面がある。独身フリーターの江古田ちゃんは、つい魔が差してセックスしてしまった男の部屋で、自己啓発書がギッシリと詰め込まれた書棚を見る。そこで彼女は「またつまらぬ男と寝てしまった」と我に返るのだが、女でない私にも、その残念な感じは理解できる気がするのである。アドラーが私たちに問うているのは、「嫌われる勇気」であるとともに、「自己啓発を捨てる勇気」なのかもしれない。

 そうなった暁には、出版業界の低迷はいよいよ最終局面を迎えることになるかもしれないけれども……。
(二葉亭クレヨン)

最終更新:2014.07.16 07:06

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え

関連記事

    新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

    『嫌われる勇気』を読んで考えた「自己啓発を捨てる勇気」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。読書の記事ならリテラへ。

    人気記事ランキング

    総合
    ツイート数
    1 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
    2 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
    3 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
    4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
    5 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
    6 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
    7 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
    8 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
    9 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
    10 BBCが山口事件の被害者・詩織さんを特集
    11 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
    12 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
    13 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
    14 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
    15 支持率急落も菅首相はGoTo続行、分科会の尾身会長の中止提案も無視
    16 “無双”文春のタブーを林真理子が暴露
    17 山口敬之逮捕を握り潰した“官邸の忠犬”中村格が警察庁ナンバー2に!
    18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
    19 「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
    20 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
    1 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
    2 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
    3 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
    4 菅首相辞任も…元凶を作った安倍晋三が今度は岸田、河野、高市を操る存在に
    5 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
    6 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
    7 河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
    8 堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
    9 「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
    10 河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
    11 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
    12 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
    13 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
    14 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

    カテゴリ別ランキング

    マガジン9

    人気連載

    アベを倒したい!

    アベを倒したい!

    室井佑月

    ブラ弁は見た!

    ブラ弁は見た!

    ブラック企業被害対策弁護団

    ニッポン抑圧と腐敗の現場

    ニッポン抑圧と腐敗の現場

    横田 一

    メディア定点観測

    メディア定点観測

    編集部

    ネット右翼の15年

    ネット右翼の15年

    野間易通

    左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

    左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

    赤井 歪

    政治からテレビを守れ!

    政治からテレビを守れ!

    水島宏明

    「売れてる本」の取扱説明書

    「売れてる本」の取扱説明書

    武田砂鉄