>  >  > DAIGOの父は許永中の片腕だった

DAIGOの父親はあのイトマン事件・許永中の片腕だった! 許に家を買ってもらい企業を恐怖支配

【この記事のキーワード】,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DAIGO_160112.jpg
「DAIGOオフィシャルブログ Powered by Ameba」より


 北川景子と結婚を機にDAIGOのイメージが一気にアップしている。そのさわやかな結婚会見に日本中から祝福の声が上がり、さまざまなイベントに引っ張りだこ。この正月三が日のCM出演本数はなんとぶっちぎりの1位だったという。

 この竹下登首相の孫の人気には、政界も注目しているようで、今週の「週刊ポスト」(小学館)は、安倍晋三首相がDAIGOのことをいたく気に入り、次の参院選で出馬させられないか、アプローチをこころみていると報じている。

 先日の記事でもお伝えしたとおり、DAIGOにはもともと、大叔父・竹下亘衆院議員の地盤を引き継いで政界に進出するのではないかという噂が囁かれていた。今夏の参院選はさすがにないと思うが、将来、そういう流れになっていく可能性は非常に高い。

 しかし、DAIGOには政界進出だけは思いとどまってもらいたい。というのも、政治家になったとたん、DAIGOは竹下家の負の歴史と無関係でいられなくなるからだ。

 それは、やはり本サイトで指摘したような、祖父・竹下登が疑惑や不正にまみれた金権政治家だったというだけではない。実は、父親にもとてつもなくダーティな疑惑があるのだ。

 DAIGOの実父である内藤武宣氏は戦後最大の経済事件といわれたイトマン事件に関連し大きな役割を果たした一人だった。

 1991年に発覚したイトマン事件は、大阪の商社「イトマン」を舞台に不透明で巨額な絵画取引や不動産融資が行われ、3000億円以上の金が闇に消えた巨大不正経理事件だ。この事件で6人が逮捕起訴されたが、中でも大きくクローズアップされたのが裏社会と太いパイプをもったフィクサー・許永中の存在だった。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

許永中 日本の闇を背負い続けた男 (講談社+α文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 小保方さんが寂聴と対談!若山教授批判
2 竹田恒泰のヘイト、父親・恒和の嘘八百!
3 舛添辞任&橋下の都知事出馬説に信憑性
4 能年玲奈は独立できるか?飼い殺しも
5 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
6 明石家さんまが東京五輪開催を批判!
7 小保方氏の反論手記は真実なのか!
8 上原亜衣は? AV女優の引退後
9 アイドル刺傷事件で警察の対応に責任
10 能年、広末が出演拒否の過激映画
11 さんまもハマったAV女優紗倉まなの闇
12 大森靖子「小6のときレイプされて」
13 キムタク最大のタブーとは?
14 沖縄の女性殺害で読売が「米軍」を封印
15 JOC竹田会長が女性死なせる交通事故
16 『笑点』卒業の桂歌丸が戦争に危機感
17 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
18 創価学会で反安倍、反執行部クーデター
19 熊本在住の漫画家が川内原発に怒り!
20 しのぶとさんまが戦争政策を真っ向批判
PR
PR
1明石家さんまが東京五輪開催を批判!
2東京五輪招致裏金に電通が関与と英紙
3沖縄の女性殺害で読売が「米軍」を封印
4高市早苗が政治資金不正で刑事告発!
5『笑点』卒業の桂歌丸が戦争に危機感
6ユニクロ柳井、ドンキ安田も税逃れ!
7東京五輪の賄賂疑惑と電通側のキーマン
8創価学会で反安倍、反執行部クーデター
9大企業と富裕層に優しい安倍政権の税制
10安倍首相がまた「私は立法府の長」発言
11高樹沙耶の大麻解禁公約は間違ってない
12木村太郎のパナマ文書企業擁護がヒドい
13沖縄事件で暴言!報ステ後藤謙次の正体
14山本太郎「日本会議に負けるな」
15次期外務省トップに舛添以上の金銭疑惑
16小保方さんが寂聴と対談!若山教授批判
17舛添問題で石原良純が挙動不審に!
18安倍の母が過保護発言、昭恵夫人に嫌味
19日本が加害者の戦争映画は作れない?
20舛添辞任&橋下の都知事出馬説に信憑性
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」