相武紗季の結婚相手に浮上した「暴力団と関係」情報の真偽は? 父親の暴力団組長射殺事件を週刊誌も報道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
aibusaki_160510.jpg
ボックスコーポレーション公式HP在籍者プロフィールより

 噂はどうも、ただの噂ではなかったらしい。5月3日、36歳の一般人男性との結婚を発表した相武紗季。ところが、お相手男性・K氏の“素性”をめぐって、このゴールデンウイーク、ネットではなんとも物騒な情報が飛び交っていた。

 K氏は現在、化粧品販売やPRを手掛ける会社経営者だが、父親は暴力団組長、本人も反社会的勢力との付き合いがあるというのだ。

 端緒となったのは「日刊サイゾー」(5月6日配信)のスクープ。記事によれば「K氏は少し前までヤミ金で一儲けしていた人物」で、「反社会的勢力との付き合いもあるし、そもそも父親は九州を拠点にする暴力団のトップだった人物で、抗争のさなかに不慮の死を遂げている」という。

 この記事が大きな反響を呼び、ネットではK氏の実名や真偽不明の噂が飛び交う事態になったが、一方では「本当に暴力団と関係あるなら、さすがに事務所も止めるだろうからそれはないだろう」という見方も広がっていた。

 しかし、昨日発売の「FLASH」(光文社)5月24日号が「相武紗季 結婚相手のなんとも『特異な』経歴」という記事で、やはり「父親については『暴力団の幹部だったが、自分が若いころに殺された』と話していたよ」という知人のコメントを掲載。この情報の一部が事実であることを裏付けた。

 たしかに、本サイトの調べでも、K氏の父親はかつて福岡県大牟田に本拠地を置く指定暴力団系暴力団の二代目総長だった人物である可能性が濃厚だ。そして、1994年、49歳のときに抗争の内紛から自宅で頭や胸を撃たれ射殺されている。また、K氏には兄弟がいるが、弟は強盗傷害や恐喝での逮捕歴もあるとの情報も流れている。

 もちろん父親が暴力団だろうが、兄弟が事件を起こしていようが、本人や相武には関係ないことだ。それだけなら、むしろ、偏見を乗り越えて結婚を決意した相武のことを褒めるべきだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

相武紗季の結婚相手に浮上した「暴力団と関係」情報の真偽は? 父親の暴力団組長射殺事件を週刊誌も報道のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。時田章広暴力団の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
12 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
19 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画