>  >  > 佐世保女子高生殺害事件とボカロ『GUMI』

佐世保女子高生殺害事件とボカロ『GUMI』 なぜ被害者も加害者も…

【この記事のキーワード】, ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
gumi_01_140808.jpg
『megpoid公式ファンブック GUMIの軌跡』(ワニブックス)

 長崎県佐世保市で起きた女子高生殺害事件。15歳の少女が同級生の少女を殺害し、頭部や手首を切断するなどかなりショッキングな事件だったため、世間に大きな衝撃を与えた。被害者の少女は加害者少女にとって仲のいい友だちの1人だったらしく、2人の間にトラブルはなかったという。そして、「週刊文春」(文藝春秋)8月7日号によると、2人にはある共通の趣味があった。それが、ボカロことボーカロイドだ。この記事のなかで被害者の後輩が「(被害者と加害者の少女ふたりは)『GUMI』というキャラがお気に入りだったようです。関連するグッズや本も持っていました」と語っている。このGUMIとは、一体どんなものだったのだろう?

 ボカロと聞くと、真っ先に初音ミクが思い浮かぶかもしれないが、ミクと並び人気も高いのが、株式会社インターネットから2009年にリリースされたMegpoid(通称GUMI)だ。GUMIには、それまで発売されていたクリプトン・フューチャー・メディア株式会社の初音ミクや鏡音リン・レンなどとは違い、“中の人”の声を忠実に再現している。すなわち、ボーカロイドでありながら、あえて人間らしくなるように調整されている製品なのだ。その“中の人”を担当したのが、『マクロスF』のヒロインであるランカ・リーや、『ハピネスチャージプリキュア!』でキュアラブリーを演じている声優の中島愛である。

 株式会社インターネットからは、先行してGACKTの声をベースにした「がくっぽいど(神威がくぽ)」が発売されていたため、当時はがくぽに妹が登場するとユーザーのあいだでは盛り上がった。しかし、発表されたキャラにはミクほどの強いイメージがなく、特徴と言えば緑の髪とゴーグルぐらい。それが、中島の演じたランカ・リーと似た容姿だったことも含め、「中途半端だ」という批判も多かったらしい。そのため発売当初はGUMIを使うボカロPも少なく、なかなかヒット作にも恵まれなかった。しかし、10年にDECO*27がアップした「モザイクロール」をきっかけに、GUMIの楽曲は爆発的に増えていったようだ。

 そして、今年で5周年を迎えたGUMI。GUMIを用いて作詞・作曲などを手掛けたボカロPやイラスト、動画で携わった絵師がGUMIの魅力を語った『megpoid公式ファンブック GUMIの軌跡』(ワニブックス)も発売された。ほぼGUMIしか使ったことがないというボカロPのYMは、GUMIの魅力を「ある意味VOCALOIDらしくない自然な人の声のように聴こえることと、ちょっと影があるというか哀愁があるような印象を持っていました」と語っている。また別のボカロPであるkoyori(電ポルP)も、「暗いというか切ないというか。マイナーな曲調とか。感情……エモーショナルみたいなものを訴えかけるような曲だとかなりGUMIが映える」と述べている。GUMIは、ボカロでありながらかなり感情的に歌わせることができるため、作り手の思う感情や歌い方をトレースすることもでき、聴く人の心にも入っていきやすいのだ。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

Megpoid公式ファンブック 【初回版】 ~GUMIの軌跡~

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍首相のサミット発言に「ル・モンド」が
2 貧困層ワリキリ女性が自民党支持、なぜ?
3 オバマ広島訪問と安倍の被爆者冒涜
4 AKB卒業の高城亜樹とナベプロの嘘
5 モー娘。鈴木卒業とアイドル体重問題
6 上原亜衣は? AV女優の引退後
7 安倍がサミットで伊勢神宮訪問ゴリ押し
8 性差別なくす秘策は「男の肛門開発」!?
9 石原伸晃が舛添批判…でも父親はもっと
10 宇野常寛がNHKの自主規制を暴露
11 米兵にレイプされた女性が日米を告発
12 大森靖子「小6のときレイプされて」
13 さんまもハマったAV女優紗倉まなの闇
14 テラスハウスの出演者がセクハラ告白
15 竹田恒泰のヘイト、父親・恒和の嘘八百!
16 AV監督とAV女優夫婦のマル秘生活
17 次期外務省トップに舛添以上の金銭疑惑
18 沖縄県元知事が官房機密費受取り発言
19 明石家さんまが東京五輪開催を批判!
20 能年、広末が出演拒否の過激映画
PR
PR
1明石家さんまが東京五輪開催を批判!
2沖縄の女性殺害で読売が「米軍」を封印
3高市早苗が政治資金不正で刑事告発!
4『笑点』卒業の桂歌丸が戦争に危機感
5安倍首相のサミット発言に「ル・モンド」が
6東京五輪の賄賂疑惑と電通側のキーマン
7創価学会で反安倍、反執行部クーデター
8大企業と富裕層に優しい安倍政権の税制
9安倍首相がまた「私は立法府の長」発言
10沖縄事件で暴言!報ステ後藤謙次の正体
11小保方さんが寂聴と対談!若山教授批判
12山本太郎「日本会議に負けるな」
13石原伸晃が舛添批判…でも父親はもっと
14次期外務省トップに舛添以上の金銭疑惑
15竹田恒泰のヘイト、父親・恒和の嘘八百!
16舛添問題で石原良純が挙動不審に!
17宇野常寛がNHKの自主規制を暴露
18舛添辞任&橋下の都知事出馬説に信憑性
19安倍がサミットで伊勢神宮訪問ゴリ押し
20熊本在住の漫画家が川内原発に怒り!
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」