>  >  > 佐世保女子高生殺害事件とボカロ『GUMI』

佐世保女子高生殺害事件とボカロ『GUMI』 なぜ被害者も加害者も…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
gumi_01_140808.jpg
『megpoid公式ファンブック GUMIの軌跡』(ワニブックス)

 長崎県佐世保市で起きた女子高生殺害事件。15歳の少女が同級生の少女を殺害し、頭部や手首を切断するなどかなりショッキングな事件だったため、世間に大きな衝撃を与えた。被害者の少女は加害者少女にとって仲のいい友だちの1人だったらしく、2人の間にトラブルはなかったという。そして、「週刊文春」(文藝春秋)8月7日号によると、2人にはある共通の趣味があった。それが、ボカロことボーカロイドだ。この記事のなかで被害者の後輩が「(被害者と加害者の少女ふたりは)『GUMI』というキャラがお気に入りだったようです。関連するグッズや本も持っていました」と語っている。このGUMIとは、一体どんなものだったのだろう?

 ボカロと聞くと、真っ先に初音ミクが思い浮かぶかもしれないが、ミクと並び人気も高いのが、株式会社インターネットから2009年にリリースされたMegpoid(通称GUMI)だ。GUMIには、それまで発売されていたクリプトン・フューチャー・メディア株式会社の初音ミクや鏡音リン・レンなどとは違い、“中の人”の声を忠実に再現している。すなわち、ボーカロイドでありながら、あえて人間らしくなるように調整されている製品なのだ。その“中の人”を担当したのが、『マクロスF』のヒロインであるランカ・リーや、『ハピネスチャージプリキュア!』でキュアラブリーを演じている声優の中島愛である。

 株式会社インターネットからは、先行してGACKTの声をベースにした「がくっぽいど(神威がくぽ)」が発売されていたため、当時はがくぽに妹が登場するとユーザーのあいだでは盛り上がった。しかし、発表されたキャラにはミクほどの強いイメージがなく、特徴と言えば緑の髪とゴーグルぐらい。それが、中島の演じたランカ・リーと似た容姿だったことも含め、「中途半端だ」という批判も多かったらしい。そのため発売当初はGUMIを使うボカロPも少なく、なかなかヒット作にも恵まれなかった。しかし、10年にDECO*27がアップした「モザイクロール」をきっかけに、GUMIの楽曲は爆発的に増えていったようだ。

 そして、今年で5周年を迎えたGUMI。GUMIを用いて作詞・作曲などを手掛けたボカロPやイラスト、動画で携わった絵師がGUMIの魅力を語った『megpoid公式ファンブック GUMIの軌跡』(ワニブックス)も発売された。ほぼGUMIしか使ったことがないというボカロPのYMは、GUMIの魅力を「ある意味VOCALOIDらしくない自然な人の声のように聴こえることと、ちょっと影があるというか哀愁があるような印象を持っていました」と語っている。また別のボカロPであるkoyori(電ポルP)も、「暗いというか切ないというか。マイナーな曲調とか。感情……エモーショナルみたいなものを訴えかけるような曲だとかなりGUMIが映える」と述べている。GUMIは、ボカロでありながらかなり感情的に歌わせることができるため、作り手の思う感情や歌い方をトレースすることもでき、聴く人の心にも入っていきやすいのだ。

この記事に関する本・雑誌

Megpoid公式ファンブック 【初回版】 ~GUMIの軌跡~

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍が天皇“お気持ち表明”に報復人事
2 高江でヘリパッド反対派排除に巨額税金
3 医療亡国論の曽野綾子が夫の認知症で…
4 安保法も…官邸の犬と化した内閣法制局
5 安倍の所信表明「起立して拍手」の裏
6 文春が東京五輪を!電通元専務に金
7 キムタク最大のタブーとは?
8 慎太郎「障害者殺戮犯の気持ち分かる」
9 芸能界のドンが初めてインタビューに
10 林真理子がなんとキムタク批判!
11 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
12 稲田朋美も富山市議と同じ不正を
13 川島なお美が近藤誠の診断を告発
14 炎上!長谷川豊ら「医療亡国論」の詐術
15 『とと姉ちゃん』を「暮しの手帖」が批判
16 SMAP解散は香取慎吾のせいじゃない
17 SMAPを殺したのはキムタク
18 湊かなえに続き筒井康隆も押切もえ揶揄
19 ジャニーズでSMAPとキスマイいじめ!
20 現役自衛官が“海外派兵”強制を暴露
PR
PR
1盛り土で慎太郎の責任にテレビが沈黙
2慎太郎「障害者殺戮犯の気持ち分かる」
3辺野古判決の裏に裁判所の露骨人事!
4『とと姉ちゃん』を「暮しの手帖」が批判
5医療亡国論の曽野綾子が夫の認知症で…
6TBS山内アナが二重国籍のヘイト攻撃
7安倍が米の男女平等イベントで失笑発言
8稲田朋美、南スーダン視察中止の無責任
9安倍の所信表明「起立して拍手」の裏
10稲田朋美が夫の軍事産業株保有で逆ギレ
11炎上!長谷川豊ら「医療亡国論」の詐術
12 “万引き老人”たちの壮絶な貧困
13福島原発“凍土壁”崩壊の戦犯は安倍政権
14安保法も…官邸の犬と化した内閣法制局
15現役自衛官が“海外派兵”強制を暴露
16新潮が天皇の生前退位を“暴走”と攻撃
17安倍が天皇“お気持ち表明”に報復人事
18「暮しの手帖」に「政治的すぎ」と批判
19もんじゅ廃炉で原発ムラに新たな利権が
20奴隷労働を強いられるベトナム人留学生
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」