>  >  > セカオワSaoriの壮絶いじめ体験

ランドセルに死ね…セカオワSaoriがいじめ体験を告白。Fukaseが救ってくれた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sekainoowari_01_150326.jpg
DVD『TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI』(東宝)

 昨年末の『NHK紅白歌合戦』に出演し、今年1月に発売したニューアルバム『Tree』がオリコン1位を獲得するなど、人気拡大中のバンド・SEKAI NO OWARI(以下、セカオワ)。キャッチ—なメロディと独自の世界観を表現したライブ演出、そして聴く人の内面に入り込む歌詞が若い世代を中心に支持されている。

 特にその動向が注目されるのが、ボーカルのFukase。きゃりーぱみゅぱみゅとの交際や精神科病院の閉鎖病棟に入院した過去をオープンにしたり、生と死をテーマにした詩を手掛けたり、彼の作詞ノートに「魍魎(もうりょう)、虚時間」と厭世観が感じられる漢字がビッシリと書かれていたりと、「中二病」の要素が話題になることも多い。

 しかし、Fukase以上に繊細な性格なのが、ピアノを担当するSaoriだ。彼らのインタビュー集『SEKAI NO OWARI 世界の終わり』(ロッキング・オン)に収められている単独インタビューからは、自分を持て余しているSaoriの孤独や戸惑いが伝わってくる。

 Saoriがいじめられっ子で、中学に入ってからはヤンキーになったというのはファンの間でもよく知られている話。ランドセルに「死ね」と書かれたり、友人になろうとプレゼントを送ったのに突き返されたり、靴に画びょうをいれられたり、トラウマになるような被害に遭っているのだが、本人が「気が強かった」というように、弱いところを見せずに学校へ通い続けた。その内面では、「とにかく誰かが悪いと思っちゃう。自分にこんな悪い点があるから、そこを改善してみようっていう冷静な自分なんか微塵もいない」状況だったという。いじめられている現実を前にしたら、誰もが自分以外に理由を見出そうとしてしまうのではないだろうか。しかし、彼女はいまなお自分自身の性格や被害妄想に悩まされ、それがいじめの原因だったのではないかと苦悩しているのだ。

「(今は)リア充じゃんってみんなは思うかもしれないけど。かなり自分を冷静に見ていて、それが被害妄想だってわかってるにもかかわらず、暴走してわけわからなくなるみたいのが、もう4歳ぐらいからずっとあって。そことの距離感をずっと探してる感じ。でも小さい時はそれがわからないから、とにかくワガママ。だから友だちもできない。なんで泣いているのか、なんで怒っているのか周りもわからない。でも自分の爆発する感情を抑える術が全くわからないから」

 さらにヤンキーになったのも、「友だちが欲しかった」にもかかわらず、「正攻法でいってもダメだと思って」と語る姿に、彼女の不器用さが垣間見れる。

この記事に関する本・雑誌

SEKAI NO OWARI―世界の終わり

  • amazonの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍応援団「東京五輪で人権制限を」
2 安倍政権の沖縄いじめがヒドい!
3 小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
4 小池百合子は“女性の味方”じゃない!
5 能年玲奈に前事務所が「本名、使うな」
6 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
7 瀬戸内寂聴がさらに激烈安倍批判
8 鳥越俊太郎の女性問題を内調が調査開始
9 大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
10 小倉智昭が師匠・大橋巨泉に裏切り行為
11 浅田舞が真央との不仲は母のせいと告白
12 SHELLYがネトウヨに堂々反撃
13 小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
14 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
15 自公が推す増田寛也と原発ムラ利権
16 天皇の「生前退位」は安倍改憲への抵抗
17 芥川賞村田沙耶香の問題作『殺人出産』
18 林真理子が“夫のネトウヨ化”に嘆き節
19 大橋巨泉が遺言で安倍晋三を痛烈批判!
20 復帰の能年玲奈に事務所が妨害工作
PR
PR
1天皇の「生前退位」は安倍改憲への抵抗
2石田純一が「一切の政治発言禁止」処分
3生前の永六輔が自民改憲草案を痛烈批判
4安倍が膳場や池上にもらした改憲の本音
5それでも石田純一の勇気を讃えよ!
6参院選“改憲隠し”はテレビも同罪!
7米空軍機が沖縄で照明弾発射の暴挙も
8日本会議会長が「軍隊つくる」、安倍も
9鳥越俊太郎の女性問題を内調が調査開始
10安倍の御用TVが早速「改憲は必要」
11 林真理子が“夫のネトウヨ化”に嘆き節
12「与党2/3で改憲」発言の教師が謝罪
13小池百合子は“女性の味方”じゃない!
14小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
15安倍政権の沖縄いじめがヒドい!
16自公が推す増田寛也と原発ムラ利権
17大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
18自民が新聞・テレビに違法広告ゴリ押し
19選挙特番がボツにした日本会議のテープ
20小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」