吉高由里子が“私の裸を見て”と迫った男…壮絶な過去を告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hanako_140714.png
NHK連続テレビ小説『花子とアン』NHKオンライン


 スタートから高い視聴率を維持し続けているNHKの連続テレビ小説『花子とアン』。物語は関東大震災に突入し、いよいよ佳境となる太平洋戦争も近づいてきた。ここまでは「蓮子役の仲間由紀恵の存在感のほうが大きい」などと言われてきたが、今後は主人公・花子を演じる吉高由里子の活躍が期待されるところ。だが、第一話で披露された吉高の老けメイクに対して「似合っていない」「声が若すぎる」といった反響もあり、「終盤は本当に大丈夫なのか?」と視聴者からは今後を不安視する声があがっている。

 しかし、そうした視聴者の不安もどこ吹く風。先日17日に吉高がVTR出演した『スタジオパークからこんにちは』(NHK)では、「(撮影現場では)自分がいちばん、まともだなと思います」と堂々回答。“不思議ちゃん”として有名な吉高なだけあり、これには視聴者のみならずインタビュアーも思わず苦笑いを浮かべてしまったのか、即座に吉高は「何で笑ってるんですか?」とツッコむ場面も。だが、じつは吉高の強みはこうしたマイペースすぎる“度胸”にあるのだ。

 それを裏付けるエピソードがある。現在発売中の「文藝春秋」8月号に掲載されているインタビューで、吉高本人が大胆すぎる過去を告白。それは“世界のニナガワ”こと蜷川幸雄の前で、頼まれてもいないのに自ら裸を見せたというのだ。

 その“事件”が起こったのは、2008年に公開された『蛇にピアス』の衣装合わせのときのこと。この映画のメガホンを取ったのが蜷川で、吉高にとっては記念すべき初主演映画。すでに『紀子の食卓』(06年)で存在感を発揮していたとはいえ、このころの吉高はまだ、ただの新人女優でしかない。にもかかわらず、演劇界の巨匠・蜷川に対して、「ほとんど裸の映画なのに、裸を見ないで撮れるんですか?」と言い放ったのだ。

 俳優からは「鬼」と恐れられる蜷川も、吉高のこの言葉にはさぞや狼狽したのだろう。「じゃ見せて」と返事したというが、吉高いわく「更衣室に行ってバッと見せたら、蜷川さんは手で目を覆いながら「あ、大丈夫、大丈夫、撮れる、撮れる」って」。「裸を見せた私より蜷川さんのほうが恥ずかしがっていました(笑)」と振り返っているが、蜷川は会見でも吉高のことを「撮影現場では傷つくことも言った、しかしそれには少しも動じない」と高く評価している。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

人間ドキュメント 蜷川幸雄伝説

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

吉高由里子が“私の裸を見て”と迫った男…壮絶な過去を告白のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NHK吉高由里子朝ドラの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
11 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
12 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
13 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
17 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
18 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
19 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
20 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画