美輪さまの愛も盛り上がる! 『花子とアン』秘蔵っ子ふたりが出演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
miwaakihiro_01_140718.jpg
NHK連続テレビ小説「花子とアン」公式サイト「語り 美輪明宏さんインタビュー」より


 本日7月18日放映の『花子とアン』でなんとも意味深なシーンが流れた。
 
 仲間由紀恵演じる蓮子(仲間由紀恵)が駆け落ち相手・宮本龍一とおちあうシーン。待ち合わせ場所のカフェに急ぐ蓮子。不安に駆られながら蓮子を待つ龍一。ふたりの様子を交互に映し出しながら、ドラマの最後の約3分の間、ひと言のセリフもなく、美輪の歌う「愛の讃歌」が響きわたる。そしてようやく出会ったふたりはひしと抱き合って—―。

 このシーンがなぜ意味深かというと、その駆け落ち相手、宮本龍一を演じた新人俳優・中島歩が、バックで迫力ある歌声を響かせた美輪明宏、美輪さまの秘蔵っ子といわれている存在だからだ。中島は、昨年、美輪のライフワークともいえる舞台「黒蜥蜴」のオーディションで美輪の相手役、黒蜥蜴の年下の愛人・雨宮潤一役に選ばれ、俳優デビューをはたしたのだが、このときの美輪の入れこみようは相当なもので、中島のことを「あの子は私の若い頃に似ている」とベタ褒めしていたという。

 一方の中島も、「手取り足取りで(美輪さんから)『本当に手がかかるわね』って言われて」「美輪さんはやっぱり魅力的。演出のときもすごく丁寧」と美輪との濃密の稽古の様子を語っており、さらには「美輪さんに認められるための芝居」をしたいと、美輪に完全に心酔している。

 その中島が、今回、美輪がナレーションをつとめる『花子とアン』で仲間由紀恵の相手役という非常に重要な役に抜擢されたのである。絶賛された2012年の紅白歌合戦出演以降、美輪のNHKへの影響力は強まっており、このキャスティングの裏には美輪さまの推薦があったのではないかといわれている。

 しかも、『花子とアン』には、美輪さまと“深い関係”の俳優がもう一人出演している。この俳優は、蓮子が主催するサロンに出入りする新聞記者・黒沢を演じている木村彰吾だ。
 
 木村は01年の舞台『毛皮のマリー』のオーディションで見いだされて以降、美輪の主演舞台では毎回のように恋人役を務めてきた。その親密ぶりはたびたびマスコミの話題にもなっており、07年には美輪がレギュラー出演していた『オーラの泉』に、まだ無名だった木村がゲストとして登場。江原が「美輪と木村は前世で夫婦だった」と口にするほど“公認”の仲だった。「女性セブン」(小学館)7月10日号によれば、二人が共演した北野武監督の映画『TAKESHIS'』への出演も、「美輪が北野監督に推薦状を書いて実現した」ものという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

天声美語

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

美輪さまの愛も盛り上がる! 『花子とアン』秘蔵っ子ふたりが出演のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NHK朝ドラ美輪明宏の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
2 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
3 共謀罪で小林多喜二の悲劇が再び現実に
4 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
5 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
6 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
9 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
10 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
11 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
12 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
13 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
14 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
15 新証言!昭恵夫人が籠池夫妻に情報漏洩
16 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
17 神社本庁の田中総長が辞意、原因は不動産不正取引疑惑
18 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
19 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
20 「死ぬまでSEX」で朝日とポストが
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
5高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
8高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
9 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
10河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
12安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
13河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄