美輪さまの愛も盛り上がる! 『花子とアン』秘蔵っ子ふたりが出演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 また、美輪のサポートはプライベートにも及び、かつては美輪が乗っていた1000万円以上するワインレッドのジャガーを木村が乗り回していた時期もあったという。

 実は木村の存在は10年前に休刊したスキャンダル雑誌「噂の真相」が03年にいち早くスクープしていた。美輪さまが木村にエレクトーンを買い与える“お買い物デート”の様子をグラビアページで報じているのだ。この記事で写真を見た演劇担当記者が木村のことをこんなふうに解説している。

「現在、美輪明宏の舞台『黒蜥蜴』で準主役を務めている俳優の木村彰吾ですね。美輪さんといえば、目をつけた俳優に回数を重ねるごとにいい役を与えるから、今誰が『お気に入り』かすぐ分かるんです。木村の場合もその典型的パターン。もともと彼は、確か美輪さん主役の舞台くらいにしか出演していないような全くの無名だったはずですよ」

 この話、誰かの話とそっくりではないか……そう、冒頭で中島歩が『黒蜥蜴』で美輪の相手役に抜擢されたと書いたが、その前は木村彰吾がこの役を演じていたのだ。美輪主演の『黒蜥蜴』は05年、08年にも上演されており、ずっと木村がその相手役を演じていたのだが、5年ぶりの上演となった昨年、中島に交代になった。とすると、“お気に入り”のポジションも、木村から中島にとって代わられたのだろうか。

 その可能性はおおいにあるだろう。美しいものを集める女盗賊の物語『黒蜥蜴』は、美輪を見出した三島由紀夫が、江戸川乱歩の小説を美輪のために戯曲化した作品であり、美輪にとってはもっとも思い入れの強い作品。その相手役には、おそらく自分が今、一番“美しい”と思っている男を選んでいるはずだからだ。

 当の中島も『黒蜥蜴』をめぐる自分と美輪の関係についてこんなふうに語っている。

「雨宮は黒蜥蜴に出会って、人生が劇的に変わったと思うんです。だから呪われたように黒蜥蜴についていこうとするし、そのために、“生き人形”を作ったり、彼女の美意識に近づこうとする。その呪われている感じや、黒蜥蜴のことを盲目的に愛している狂気のようなものを表現したいと考えています」
「稽古での美輪さんと僕の関係こそが『黒蜥蜴』だと思うんです」
  
 もっとも、一方の木村も今回の朝ドラにキャスティングされているところを見ると、美輪から完全に見捨てられたというわけではなさそうだ。先の「女性セブン」も「木村の出番が多いのも、スタッフが美輪さんに気をつかっているからなんて声も聞こえてくるほど」と指摘している。

 新旧二人の美しい男を育て上げ、自分がナレーションを務めるドラマに出演させる。普通なら、番組の私物化と邪推されそうだが、人生を “愛”と“芸術”に捧げてきた美輪さまにとってはむしろ、当たり前の事といえるかもしれない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

天声美語

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

美輪さまの愛も盛り上がる! 『花子とアン』秘蔵っ子ふたりが出演のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NHK朝ドラ美輪明宏の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍、甘利、麻生、山口が立憲と共産党へのデマ攻撃!
2 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
3 菅田将暉らの「投票呼びかけ動画」参加のローラに差別丸出しのバッシング
4 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
5 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
6 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
9 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
10 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
11 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
12 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
13 『報ステ』ディレクターの自殺と原発
14 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
15 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
16 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
17 安倍首相の「お父さん違憲なの」はやはりでっちあげ?
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
20 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
1Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
4安倍、甘利、麻生、山口が立憲と共産党へのデマ攻撃!
5ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
6Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
7維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
8岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
9辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
10岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
11安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
12菅田将暉らの「投票呼びかけ動画」参加のローラに差別丸出しのバッシング

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄