セカオワ深瀬はなぜ「いじめられる側にも原因がある」と語るのか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sekainoowari_01_150326.jpg
DVD『TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI』(東宝)

 先日、本サイトに掲載した記事「ランドセルに死ね…セカオワSaoriがいじめ体験を告白。Fukaseが救ってくれた」(リンク)には、大きな反響が寄せられた。人気バンド・SEKAI NO OWARIのインタビュー集『SEKAI NO OWARI 世界の終わり』(ロッキング・オン)で、ピアノ担当のSaoriがいじめられていた過去を振り返り、そんなときにボーカルのFukaseに励まされてきた……そんなセカオワ誕生のバックストーリーをお伝えしたものだ。

 だが、このなかで引っかかったのは、FukaseがSaoriに語ったという言葉だ。

「おまえ、それはいじめられるよ」「いじめられる側にも原因があると思う」

 これは典型的ないじめの加害者がよく言う常套句そのものだが、問題は、Fukase自身もいじめられた経験がある、ということ。ファンのあいだでは、SaoriだけでなくFukaseも中学時代にひどいいじめに遭い、それが元でひきこもり生活を送っていた……といわれているからだ。

 いじめられた経験があるのに、いじめの原因をいじめられる側にもある、と言うFukase。じつはFukaseのこのようなねじれた感情は、セカオワの歌詞にも顕著だ。

 たとえば、2010年に発売されたシングル「天使と悪魔」(アルバム『ENTERTAINMENT』収録)は、《「いじめは正義だから 悪をこらしめているんだぞ」/そんな風に子供に教えたのは 僕らなんだよ》という言葉から始まる。正義という旗を振って悪を滅ぼそうという、そのような言説に対して、答えは2つあるはずだ、どちらが正しくてどちらが悪いなんて解らない、とFukaseは綴る。そして、《戦うべき「悪」は自分の中にいるんだと/「世界」のせいにしちゃダメだと僕はそう思ったんだ》と述べるのだ。

 この「天使と悪魔」を発表した際のインタビューで、Fukaseはこう答えている。

「昔からいろいろな人が争っているのを見るたびに、“なぜ、そんなに「自分が正しい」と主張することに向こうみずになるんだろう”とすごく思っていたんです」
「いじめが社会問題になっている時代の子どもたちに対して思ったことを日記のように書いて、それを曲にした、という感じです」(エンタメ情報サイト「ORICON STYLE」インタビューより)

 自分だけが正義ではない──その言葉には、独りよがりでは“答え”は生まれないという、いじめられていたSaoriに語ったことと同じ論理が展開されている。これこそが、いじめられていたというFukase自身にとっても、経験から導き出されたいじめ問題の“答え”なのかもしれない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

尾木ママの「脱いじめ」論 (PHP文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

セカオワ深瀬はなぜ「いじめられる側にも原因がある」と語るのか!? のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SEKAI NO OWARIいじめ大方 草尾木直樹教育の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
5 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
8 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
10 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
14 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 葵つかさが「松潤とは終わった」と
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評