セカオワ深瀬はなぜ「いじめられる側にも原因がある」と語るのか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sekainoowari_01_150326.jpg
DVD『TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI』(東宝)

 先日、本サイトに掲載した記事「ランドセルに死ね…セカオワSaoriがいじめ体験を告白。Fukaseが救ってくれた」(リンク)には、大きな反響が寄せられた。人気バンド・SEKAI NO OWARIのインタビュー集『SEKAI NO OWARI 世界の終わり』(ロッキング・オン)で、ピアノ担当のSaoriがいじめられていた過去を振り返り、そんなときにボーカルのFukaseに励まされてきた……そんなセカオワ誕生のバックストーリーをお伝えしたものだ。

 だが、このなかで引っかかったのは、FukaseがSaoriに語ったという言葉だ。

「おまえ、それはいじめられるよ」「いじめられる側にも原因があると思う」

 これは典型的ないじめの加害者がよく言う常套句そのものだが、問題は、Fukase自身もいじめられた経験がある、ということ。ファンのあいだでは、SaoriだけでなくFukaseも中学時代にひどいいじめに遭い、それが元でひきこもり生活を送っていた……といわれているからだ。

 いじめられた経験があるのに、いじめの原因をいじめられる側にもある、と言うFukase。じつはFukaseのこのようなねじれた感情は、セカオワの歌詞にも顕著だ。

 たとえば、2010年に発売されたシングル「天使と悪魔」(アルバム『ENTERTAINMENT』収録)は、《「いじめは正義だから 悪をこらしめているんだぞ」/そんな風に子供に教えたのは 僕らなんだよ》という言葉から始まる。正義という旗を振って悪を滅ぼそうという、そのような言説に対して、答えは2つあるはずだ、どちらが正しくてどちらが悪いなんて解らない、とFukaseは綴る。そして、《戦うべき「悪」は自分の中にいるんだと/「世界」のせいにしちゃダメだと僕はそう思ったんだ》と述べるのだ。

 この「天使と悪魔」を発表した際のインタビューで、Fukaseはこう答えている。

「昔からいろいろな人が争っているのを見るたびに、“なぜ、そんなに「自分が正しい」と主張することに向こうみずになるんだろう”とすごく思っていたんです」
「いじめが社会問題になっている時代の子どもたちに対して思ったことを日記のように書いて、それを曲にした、という感じです」(エンタメ情報サイト「ORICON STYLE」インタビューより)

 自分だけが正義ではない──その言葉には、独りよがりでは“答え”は生まれないという、いじめられていたSaoriに語ったことと同じ論理が展開されている。これこそが、いじめられていたというFukase自身にとっても、経験から導き出されたいじめ問題の“答え”なのかもしれない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

尾木ママの「脱いじめ」論 (PHP文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

セカオワ深瀬はなぜ「いじめられる側にも原因がある」と語るのか!? のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SEKAI NO OWARIいじめ大方 草尾木直樹教育の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 公取委がタレント独立阻む契約を違法認定
2 安倍首相「沖縄は我慢して受け入れろ」
3 百田尚樹「朝日読者も日本の敵」発言のヤバさ
4 山口敬之が補助金交付関与の新証言
5 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
6 ほっしゃんの反差別にウーマン村本が
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 安倍首相「芸能人との会食」は改憲目的!?
9 吉永小百合、声をあげることへの覚悟
10 安倍「杉原千畝は誇り」発言は帝国主義賛美
11 小倉智明、坂上忍がセクハラ告発を抑圧
12 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
13 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
14 孤立?ももクロ有安を精神分析
15 欅坂平手負傷で武道館中止にメンバーが
16 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
17 産経の総帥が軍の慰安所関与証言
18 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
19 安倍がネットでヘイト女性と意気投合
20 日本の恥!リオ閉会式で安倍が政治宣伝
1国有地疑惑の日本航空学園“極右教育”
2吉永小百合、声をあげることへの覚悟
3安倍と会食した三橋貴明がDVで逮捕!
4安倍首相「芸能人との会食」は改憲目的!?
5西原理恵子が高須院長とヘイトデモ応援
6安倍「杉原千畝は誇り」発言は帝国主義賛美
7加計学園に国民の血税投入の新疑惑!
8安倍首相「沖縄は我慢して受け入れろ」
9山口敬之が補助金交付関与の新証言
10河野太郎の「安倍の犬」化が止まらない!
11ほっしゃんの反差別にウーマン村本が
12「SAPIO」反日バッシングの異常
13日立原発支援政策は“お友だち優遇”
14『相棒』が安倍官邸の謀略体質を批判
15安倍自民が名護市長選で卑劣な札束攻撃
16異常!安倍が慰安婦問題を理由に五輪欠席
17小倉智明、坂上忍がセクハラ告発を抑圧
18松本人志が黒塗り問題で逃げと責任転嫁
19公取委がタレント独立阻む契約を違法認定
20 浅田真央ブームとネトウヨ増殖の関係

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

ブラック企業被害対策弁護団

連載一覧へ!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」