セカオワ深瀬はなぜ「いじめられる側にも原因がある」と語るのか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 だが、これを“答え”とするのは非常に危険だ。〈どんな事情があっても“いじめるほうが一〇〇%悪い”のです。これは「いじめ」の原理・原則です〉。そう述べるのは、教育評論家の“尾木ママ”こと尾木直樹氏だ。

〈いじめられっ子側の問題を指摘して、いじめを正当化しようとするムードがあります。これは、とんでもない間違いです。虐待は一〇〇%虐待する側が悪いのです。心理的虐待である「いじめ」も虐待する側に一〇〇%の非があります。まずは、そこから出発しなければ、今日のいじめ問題は解決を図れないのです〉(『尾木ママの「脱いじめ」論』PHP研究所)

 この尾木ママが述べるような“100%いじめが悪”という言説自体にFukaseは抵抗を示しているのかもしれないが、これを前提にしなくては、いじめは解決しないのだ。──だが、疑問なのは、なぜFukaseはいじめられた経験があるにも関わらず、“いじめられる側にも非がある”というような、いじめ肯定論に肩を貸すような話をするのか、という点である。じつはここに、いじめのカラクリが隠されている。

 社会学者の森田洋司氏は『いじめとは何か 教室の問題、社会の問題』(中央公論新社)のなかで、いじめの構造を〈いじめとは相手に脆弱性を見出し、それを利用する。あるいは、脆弱性を作り出していく過程である〉と述べている。いじめられる側はいじめる側によってつくられた、いじめを肯定する構造のなかで弱い立場に追い込まれ、孤立する。そのうち、いじめられている本人も「自分にも悪いところがある」と思わせられていく……という。

 いじめられた自分にも悪いところがあった。こうして“信じさせられた”結果が、Fukaseの“いじめられる側にも非がある”論につながっているのではないか。さらに現在、その内省が《「世界」のせいにしちゃダメ》という、“いじめの否定の否定”というこじれた論理になったのではないか……そんなふうにも思うのだ。また、このねじれを「ただの中2病だ」と片づけることは、それもまた、いじめ問題を当事者に押しつけることになるのではないだろうか、と。

 Fukase自身も、前述の「天使と悪魔」の歌詞の最後で《否定を否定するという僕の最大の矛盾は/僕の言葉 全てデタラメだってことになんのかな?》と綴っている。デタラメではない、それもまた当事者の声だ、と筆者は思う。ただ、その思いも踏まえた上で、あるいは乗り越えた上で、“100%いじめが悪”とFukaseは声を大にして言わなくてはいけないのではないか。

 とくに、セカオワはセンシティブなリスナーが多いように見える。ファンのなかには、いじめのターゲットになっている人もいるかもしれない。少なくとも、そういう人たちに対して《戦うべき「悪」は自分の中にいる》と追い詰めることは、決してFukaseの仕事ではないはずだ。
(大方 草)

最終更新:2017.12.23 06:45

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

尾木ママの「脱いじめ」論 (PHP文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

セカオワ深瀬はなぜ「いじめられる側にも原因がある」と語るのか!? のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SEKAI NO OWARIいじめ大方 草尾木直樹教育の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
2 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
3 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
4 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
5 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
8 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
9 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
10 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
11 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
12 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
13 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
14 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
15 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
16 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
17 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
18 堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
19 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
20 青木理に官邸の仕掛けで不倫情報
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
5山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
8「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
9 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
10河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
12自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄