佐世保女子高生殺害事件とボカロ『GUMI』 なぜ被害者も加害者も…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
gumi_01_140808.jpg
『megpoid公式ファンブック GUMIの軌跡』(ワニブックス)

 長崎県佐世保市で起きた女子高生殺害事件。15歳の少女が同級生の少女を殺害し、頭部や手首を切断するなどかなりショッキングな事件だったため、世間に大きな衝撃を与えた。被害者の少女は加害者少女にとって仲のいい友だちの1人だったらしく、2人の間にトラブルはなかったという。そして、「週刊文春」(文藝春秋)8月7日号によると、2人にはある共通の趣味があった。それが、ボカロことボーカロイドだ。この記事のなかで被害者の後輩が「(被害者と加害者の少女ふたりは)『GUMI』というキャラがお気に入りだったようです。関連するグッズや本も持っていました」と語っている。このGUMIとは、一体どんなものだったのだろう?

 ボカロと聞くと、真っ先に初音ミクが思い浮かぶかもしれないが、ミクと並び人気も高いのが、株式会社インターネットから2009年にリリースされたMegpoid(通称GUMI)だ。GUMIには、それまで発売されていたクリプトン・フューチャー・メディア株式会社の初音ミクや鏡音リン・レンなどとは違い、“中の人”の声を忠実に再現している。すなわち、ボーカロイドでありながら、あえて人間らしくなるように調整されている製品なのだ。その“中の人”を担当したのが、『マクロスF』のヒロインであるランカ・リーや、『ハピネスチャージプリキュア!』でキュアラブリーを演じている声優の中島愛である。

 株式会社インターネットからは、先行してGACKTの声をベースにした「がくっぽいど(神威がくぽ)」が発売されていたため、当時はがくぽに妹が登場するとユーザーのあいだでは盛り上がった。しかし、発表されたキャラにはミクほどの強いイメージがなく、特徴と言えば緑の髪とゴーグルぐらい。それが、中島の演じたランカ・リーと似た容姿だったことも含め、「中途半端だ」という批判も多かったらしい。そのため発売当初はGUMIを使うボカロPも少なく、なかなかヒット作にも恵まれなかった。しかし、10年にDECO*27がアップした「モザイクロール」をきっかけに、GUMIの楽曲は爆発的に増えていったようだ。

 そして、今年で5周年を迎えたGUMI。GUMIを用いて作詞・作曲などを手掛けたボカロPやイラスト、動画で携わった絵師がGUMIの魅力を語った『megpoid公式ファンブック GUMIの軌跡』(ワニブックス)も発売された。ほぼGUMIしか使ったことがないというボカロPのYMは、GUMIの魅力を「ある意味VOCALOIDらしくない自然な人の声のように聴こえることと、ちょっと影があるというか哀愁があるような印象を持っていました」と語っている。また別のボカロPであるkoyori(電ポルP)も、「暗いというか切ないというか。マイナーな曲調とか。感情……エモーショナルみたいなものを訴えかけるような曲だとかなりGUMIが映える」と述べている。GUMIは、ボカロでありながらかなり感情的に歌わせることができるため、作り手の思う感情や歌い方をトレースすることもでき、聴く人の心にも入っていきやすいのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

Megpoid公式ファンブック 【初回版】 ~GUMIの軌跡~

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

佐世保女子高生殺害事件とボカロ『GUMI』 なぜ被害者も加害者も…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。GUMIヲタ殺人の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
2 吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
5 国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び
6 NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
7 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
8 自民党がネトサポに他党叩きを指南
9 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
10 御用ジャーナリスト大賞(後編)5位〜1位発表!
11 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
12 河瀬直美監督とNHKが五輪反対派をデタラメ攻撃!
13 DAIGOの父は許永中の片腕だった
14 Netflix版『新聞記者』に米倉涼子、綾野剛、横浜流星など、豪華キャストがずらり
15 NHK「五輪反対デモ参加者が金」“『ニュース女子』並み”捏造を犯した理由!
16 貧乏人攻撃の田端信太郎とZOZOTOWN
17 青木理『モーニングショー』降板 政権批判コメンテーターを排除か
18 御用ジャーナリスト大賞(前編)10位〜6位発表!
19 年末年始も吉村知事を大スター扱いの在阪テレビ!東野&ブラマヨ吉田も…
20 『百田尚樹『殉愛』の真実』の宝島社が『日本国紀』の検証本を出版
1NHK捏造・虚偽放送問題で河瀬直美監督のコメントが無責任すぎる!
2米軍のせいで沖縄1400人超の感染爆発でも岸田首相は「原因の断定難しい」
3NHK「五輪反対デモ参加者が金」“『ニュース女子』並み”捏造を犯した理由!
4東野・ブラマヨ吉田と吉村・橋下・松井の馴れ合い番組に「偏向」調査
5ブラマヨからTBS井上アナまでが叫ぶ「オミクロンたいしたことない」論の詐術
6年末年始も吉村知事を大スター扱いの在阪テレビ!東野&ブラマヨ吉田も…
7国民民主・玉木雄一郎が節操なさすぎ!都民ファ、維新、ネトウヨに媚び媚び
8吉村知事がまたまた後手! 全国ワーストのコロナ死者を出しているのに…

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄