人気漫画家・浦沢直樹の「ラブホW不倫」の相手は文春の女性社員だった!「週刊文春」デスクを務めたことも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
urasawanaoki_161011.jpg
このイベントが2人をつないだ?(ソニーミュージック「ボブ・ディラン公式サイト」より)


 本日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)10月25日号に出版界を仰天させるスクープが掲載された。それが「大人気漫画家 浦沢直樹 週2回の密会愛はまさかのW不倫」だ。

 浦沢といえば『YAWARA!』『MASTERキートン』『20世紀少年』などヒット作を次々と輩出し、“現代の手塚治虫”とも称される超人気漫画家。そんな大物作家にW不倫報道とはびっくりだが、記事には浦沢と女性の2カ月近くに渡る濃密なデートの様子が詳細に描かれている。8月10日にはスープカレー店、8月22日はイタリアンの後、目黒のラブホテル、9月18日にも渋谷のラブホ、その3日後には中華料理、10月5日には午後のカフェでデート。また、記事には別々にラブホに入り、時間差で出てくる2人の姿が収められた写真も掲載されている。

 さらに、出版界が騒然となったのは、相手女性のプロフィールだった。「週刊女性」にはこんなコメントが掲載されている。

「大手出版社に勤務する50代前半のAさん。数年前、雑誌の企画を通じて、浦沢先生と接点ができたそうです。今は編集からは離れていますが、仕事のできる人ですから、漫画家や作家との付き合いは続いているようですね」
「同じ会社に旦那さんがいます。お子さんはいないそうですね」

 しかも、「週女」は、〈Aさんの会社の雑誌でも週刊誌を出版しているので、取材には理解を示してくれた〉として、Aさんのこんなコメントを掲載していた。

「私も人のことを言えない会社にいますから。こうして公人の方と食事にいくとなるとそういう見方をされることもわかります」

 週刊誌を出している人のことを言えない会社とは、いったいどこの会社なのか? 当初は、浦沢がデビュー以来ずっと仕事をしてきた小学館か、それを出し抜く形で2008年から「モーニング」に起用し「BILLY BAT」を連載している講談社か、との憶測が流れていたが、取材してみると、このコメントの理由がよくわかった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 オザケン父と息子の鋭すぎる権力批判
2 「週刊女性」が「共謀罪」を大特集
3 玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
4 エイベックス役員がグラドルに強姦未遂
5 室井「安倍を倒せ」に山本太郎の答えは
6 中川俊直不倫醜聞は自民党の体質に原因
7 今村復興相がまた記者の質問を打ち切り
8 コンビニの弁当、スナックに潜む恐怖
9 森友国有地取引で財務省主導の証拠が
10 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
11 キノコや筍を採るだけで共謀罪
12 秋篠宮家の料理番がブラック告発
13 浅田真央引退会見のNGワード
14 安倍政権が関東大震災・朝鮮人虐殺を
15 「学芸員はがん」発言は安倍政権の本質
16 グッディ!土田マジギレ真の原因
17 ペギー葉山が遺した安倍政権批判の言葉
18 武田鉄矢の原発擁護論のデタラメ
19 死刑確定、木嶋佳苗被告の本心とは?
20 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
PR
PR
1自民が森友追及され逆ギレ強行採決
2玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
3今村復興大臣を激高させた記者が告白
4室井佑月が山本太郎に迫る!(前編)
5ペギー葉山が遺した安倍政権批判の言葉
6安倍が北朝鮮危機煽りつつ桜を見る会
7キノコや筍を採るだけで共謀罪
8オザケン父と息子の鋭すぎる権力批判
9シリア攻撃を支持した安倍の支離滅裂!
10森友国有地取引で財務省主導の証拠が
11加計学園総帥が「首相の後ろ盾ある」
12安倍政権が関東大震災・朝鮮人虐殺を
13「週刊女性」が「共謀罪」を大特集
14「共謀罪」にアジカン後藤らが反対の声
15北朝鮮危機の最中に安倍はフィットネス
16 高畑勲が安倍を止められない苦悩を吐露
17有村治子議員がNHKに言いがかり
18安倍政権が中学校に戦中の殺人教育導入
19三回忌を迎えた愛川欽也を偲ぶ!
20室井「安倍を倒せ」に山本太郎の答えは
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」