人気漫画家・浦沢直樹の「ラブホW不倫」の相手は文春の女性社員だった!「週刊文春」デスクを務めたことも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 そう、この女性、なんと“文春砲”を擁する文藝春秋の社員だったのである。しかも、現在は広告関係のセクションで働いているが、かつては「週刊文春」にも所属していたという。

「写真を見てすぐにわかりました。Aさんは編集者としてもすごく優秀で、『CREA』で長く編集者をつとめていましたし、一時は『週刊文春』で連載班のデスクをしていたこともある。たしか当時は、村山由佳さんの不倫小説『ダブル・ファンタジー』を担当していたんじゃないですかね。旦那さんも月刊『文藝春秋』のナンバー2として知られ、“将来の『週刊文春』編集長”の呼び声も高い人物です」(文春関係者)

 今さら説明するまでもないが、「週刊文春」といえば、今年初めベッキーとゲスの極み乙女。川谷絵音の不倫をすっぱ抜いたのを皮切りに、宮崎謙介衆院議員(当時)の妻出産直前不倫スクープでは宮崎氏を議員から引きずりおろし、中村橋之助と京都芸妓の不倫密会、小倉優子の夫・菊池勲とタレントの馬越幸子、とにかく明るい安村、そして評論家の荻上チキに至るまで、数々の有名人の不倫を暴き続けてきた。まさか、その編集部にいた女性編集者がW不倫をしていたとは……。

 しかも、A さんが浦沢との関係を深めたのも「週刊文春」絡みだったといわれている。「週刊文春」には、「青春ロック」という有名人がロックの思い出を語るSony Musicとのタイアップ連載企画があるのだが、昨年秋に、浦沢がこのコーナーに登場。ボブ・ディランについて語っている。この企画の担当が、広告セクションいるAさんだったらしいのだ。

「面識は数年前からあったようですが、この去年のタイアップ企画がきっかけになって、二人は急速に親しくなったようです。今年1月から始まった浦沢直樹展でも、Sony Musicが共催する形で、『ボブ・ディラン 聴いて歌って描きまくる』というイベントが開催されたんですが、これもAさんがつないだもののようです」(前出・文春関係者)

 まさに「公私混同」と言われてもしかたのないW不倫劇。この報道に文春社内は凍りつき、厳しい箝口令がしかれているという。それも当然だろう。本サイトでも指摘したことがあるが、“文春砲”で注目を集めている文春がいま一番警戒しているのが、社員の不祥事発覚、とくに不倫スキャンダルだったからだ。

「出版社の社員の不倫なんて、これまでなら別に珍しい話でもなかったですし、会社も鷹揚だったんですが、『週刊文春』の不倫報道があれだけ注目を集めると、話が違ってくる。他媒体に『文春社員が不倫』などと暴かれかねないと、すごく警戒感を強めていました。『週刊文春』編集部では、身辺に気をつけるよう全スタッフに注意したくらいです。それが、この大物漫画家とのW不倫という超ド級のスキャンダルでしょう? 幹部は何を書き立てられるか、と戦々恐々のようです」(前出・文春関係者)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

人気漫画家・浦沢直樹の「ラブホW不倫」の相手は文春の女性社員だった!「週刊文春」デスクを務めたことものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。不倫文藝春秋時田章広松浦直樹週刊女性の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
2 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
3 小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
4 大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
5 吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
6 小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
7 東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 官製デマによる『モーニングショー』一斉攻撃はやはり安倍官邸の指示
10 『進撃の巨人』のシキシマはリヴァイ?
11 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
12 小池百合子、小野泰輔の“ヘイト”に津田大介が切り込んだ
13 河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
14 「専門家会議廃止」の裏に緊急事態宣言の解除をめぐる安倍官邸と専門家の対立
15 山本太郎を評価せよ!
16 『テラスハウス』木村花さんへの「やらせ指示」はやはりあった!
17 小池都知事の都知事選! 感染者増加の原因はすべて「夜の街」のせいに
18 安倍首相秘書が案里陣営とともに溝手陣営切り崩しに動いていた!
19 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
20 久米宏がTBSラジオの最終回で何も語らなかったのはなぜか?
1東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
2小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
3 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
4小池百合子が当選後、コロナ対応担う都立病院の合理化計画
5安倍首相秘書が案里陣営とともに溝手陣営切り崩しに動いていた!
6橋下徹の政権批判はポーズ!安倍首相とAbema対談でアシスト
7大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
8「安倍さんからと言われた」河井前法相から現金を受け取った町議が証言!
9「専門家会議廃止」の裏に緊急事態宣言の解除をめぐる安倍官邸と専門家の対立
10 田崎史郎が『モーニングショー』から消えた! 原因は玉川徹?
11東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
12吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
13安倍首相がイージス・アショア停止を悪用して「敵基地攻撃能力」保有へ
14河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
15小池百合子、小野泰輔の“ヘイト”に津田大介が切り込んだ
16『テラスハウス』木村花さんへの「やらせ指示」はやはりあった!
17久米宏がTBSラジオの最終回で何も語らなかったのはなぜか?
18渡部建が妻や相方に謝罪する一方、被害者である相手女性に謝罪せず

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄